出来てますか!? 仕事と子育ての両立

働く女性にとって、妊娠・出産は人生の大きな転機になることがあります。

現代社会において女性は活躍の場を増やし、会社内での重要なポストについている方も沢山いらっしゃいます。 

そのような方々にとっての大きな悩みが育児と仕事の両立です。

「子どもは欲しい、でも仕事の手は抜きたくない」

「今までのキャリアを棒に振りたくない」

「職場に迷惑をかけたくない」

などの考えをお持ちの方も多いでしょう。

ですが、このような理想とは真逆の現実が待っている可能性も考えなくてはなりません。 

仕事と育児の両立ってできないの? 

はっきり言ってしまうと、子育てと仕事を完全に両立させることはほぼ不可能です。

妊娠中であれ産後であれ女性の体には大きな負担がかかります。

急に体調を崩すことがあるかもしれません。

さらに、子どもを保育園へ預け、仕事をしていたとしても、急な体調不良や発熱などで子供を迎えに行くかもしれません。

突然早退や遅刻、欠勤をする可能性のある方を社内の重要なポストに置いたり、仕事を任せることは難しいでしょう。

いくら本人が大丈夫だといっても不確定要素があることには変わりありません。

フルタイム勤務で働いて体調を崩してしまった場合、会社も責任を問われるかもしれません。

会社側としてもできればリスクは避けたいところですが、時短勤務を強いることはできません。

同じ職場で働く方々にしても、予定にはない仕事が増え、残業が発生してしまいます。

「急に早退したり休んだりするくらいならフルタイムで働かないで」

とは、本人を前にしては決して言えませんが、特に女性が多い職場ではこのような陰口の対象になってしまうケースも多くみられます。 

もちろん非常時には夫や親せきがすぐに動ける、という方や、シッターなどを雇っている方の場合は別です。

ですがそういったことを徹底することが可能な家庭は少ないため、やはり妊娠前のように働くことは難しいといわざるを得ません。 

こういった理想と現実のギャップに悩み、追い詰められてしまう女性も多くいらっしゃいます。

理想はあくまでも理想、と割り切ってしまったほうが良いかもしれません。 

子どもと触れ合う時間が取れない。子どもへの愛情不足に注意!

子どもには不自由させたくないから、仕事はやめない。

このように考える女性も沢山います。

確かにお金に困ることはないかもしれませんが、子どもは寂しい思いをしてしまうかもしれません。 

保育園ならお友達も沢山いるし、先生もいるから寂しくないよね。

などと思うかもしれませんが、やはり子どもにとって親は大切なものです。

自分だけを見てくれる「お母さん」が恋しくなってしまうこともあります。

寂しさが限界を迎えてしまった子どもは、様々な行動によって親の気を引こうとします。

たとえばわがままを言って保育園の先生や親を困らせることもあります。

さらに、保育園のお友達に手をあげることもあります。

かみつきやひっかきなどの行動は、特に注意を引こうとする気持ちの表れであるといわれています。

上手に対処をしないと暴力的な行動が悪化し、けがを負わせてしまう事態になりかねません。

園で手に負えないと判断された場合には、退園を迫られることもあるでしょう。

そうなる前に対策を取らなければなりません。 

子どもを叱るコツは?こうしたらどうですか。

子どもへの愛情表現は、かわいがることだけではありません。

普段寂しい思いをさせているから、とわがままを聞いてばかりいると、

保育園で先生やお友達に多大な迷惑をかけてしまいます。

成長してからもその性質が変わらず、社会になじむことができない

可能性があります。

 

かといって、厳しく叱る、怒鳴ってばかりいる子どもも問題行動を起こしやすくなってしまいます。

人の顔色をうかがい、いつもびくびくしている子になってしまうことがあります。

当然大きなストレスを抱えることになり、精神的に不安定な状態になってしまうことも。

ストレスが限界に達すると今まで抑え込んでいた不満などが噴出し、周囲に暴力を振るう、『キレる子』になってしまう危険性があります。

子どもが成長してからの爆発は、大人にも止めることができません。

 

そうならないように子どもを叱る際には、ルールを決めることが必要です。

たとえば両親が同時に子どもを叱ることがないようにするなどです。

父親が叱っている時には母親が、母親が叱っている時には父親が必ず子どもを慰める役に付きます。

どちらかが「逃げ場」になることで子どもが一方的に責められるという構図を作らないようにすることができます。

どんな状況であっても話を聞いてくれたり、支えてくれる人がいればストレスを溜めこみすぎることもありません。

 

叱る際の言葉にも注意が必要です。

外で子どもを叱る時にやりがちなのが「あの人が怒るからやめなさい」という言い方です。

このような叱り方を続けると、「あの人は怒るけど、お父さん・お母さんは怒らないんだ」と考えるようになってしまうからです。

そのうち「何をしても自分の親は叱らない」と認識し、行動がエスカレートしてしまいます。 

まとめ

一度身についた性質を矯正することは非常に困難です。

大人になってから悩み、カウンセリングに通うようになる方も沢山いらっしゃいます。

子育てと仕事の両立は難しく、ストレスがたまることもあるでしょう。

ですがそのイライラを子どもにぶつけてしまうことは絶対に避けましょう。

忙しい時間の合間を縫って子どもと向き合う時間を設けましょう。

子どもの話をちゃんと聞く、「大好きだよ」と声をかける、抱きしめるなど。

愛情を伝える方法はいくつもあります。

それがきちんと伝われば、子どもはまっすぐに育ってくれますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です