こどもの日って何をお祝いするの?

 

子供の成長を祝う「こどもの日」。

男の子のお祝い行事であり、女の子にはあまり関係がないのでは?と思われがちですが、それは大きな間違いです。

子どもの日の由来やお祝いの方法を知れば、親子でもっとこどもの日を楽しむことができますよ。

 

「こどもの日」と「端午の節句」は違うもの?

子どもの日=端午の節句であると認識されている方も沢山いらっしゃいますが、そもそも両者は全く違うお祝い事です。

端午の節句とは、中国の五節句の一つで、病気や厄災を払う行事です。

元々は「五月忌み」という田植え前に女性だけ家の中にこもり、身を清めるという女性の行事でした。

しかし、鎌倉時代になると

・端午の節句に用いられる「菖蒲」の葉の形が剣と似ている

・「尚武」「勝負」と同音である

などの理由から男の子の成長を祝う行事へと変化しました。

兜を飾るのもこれが由来です。

名称は同じでも中身は全く異なる行事になるなんて、ちょっと不思議ですね。

 

こどもの日の由来

端午の節句は中国発祥の行事ですが、子どもの日は日本で生まれた祝日です。

 

「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに父母に感謝する日」として1948年に制定されました。

男女関係なく子どもの成長を祝うだけでなく、両親への感謝をささげる日でもあるというのは意外と知られていないかもしれません。

お子さんに「こどもの日って何?」と聞かれたら、「家族で『ありがとう』と『おめでとう』をいう日だよ」と教えてあげましょう。

 

こどもの日・端午の節句の祝い方

元は違うといっても、現代においてはこどもの日は端午の節句としてお祝いされています。

ご家庭でもできる範囲でお祝いしてみましょう。

 

室内には武者人形や金太郎・武蔵坊弁慶を模した五月人形を、屋外にはこいのぼりを飾ります。

五月人形は男の子の身代わり人形であり、またこいのぼりも男子の出世を願うものであるため、女の子しかいないご家庭では堂々と飾ることは難しいかもしれません。

しかし女の子の中にはこいのぼりがうらやましい、ほしいと感じる子が少なからず存在します。

実際に四月末からの幼稚園・保育園では室内を子どもの日仕様に飾り付けますが、それに強い関心を示すのは女の子の方が多くみられます。

毎年見慣れている男の子より、身近に飾られることが少ない女の子の方が強い興味を示すようです。

「男の子のお祝いだからダメ」というのではなく、小さな飾りを室内のインテリアとして用いてみたはいかがでしょうか。

この時期には幼稚園や保育園でこいのぼりを製作することがあります。

それをご家庭内に飾ったり、お子さんに作り方を聞くなどしてと一緒に手作りしてみましょう。

お子さんの性別に関係なく、素敵な思い出として心に残るでしょう。

また日本の伝統と文化を勉強する良い機会であるとも言えます。

 

食べ物は笹の葉でもち米や具材を巻き、蒸したちまき、柏の葉で包んだ柏餅などがあります。

ちまきはこの時期の学校給食で出ることもありますが、地域によって作り方や具材が異なります。

学校給食で出るちまきと両親の出身地のちまきで具材などが異なる場合には、手作りに挑戦するのも良いでしょう。

道具や材料がそろえば親子で手作りしてみるのも楽しいですよ。

一緒に料理をすることで親子の絆が深まりますし、思い出にも残ります。

柏餅はスーパーや和菓子屋などで購入することができます。

入手しやすく、おいしい季節のおやつとして手軽に楽しむことができます。

 

その他にも魔除けの効果があると考えられていたヨモギや菖蒲を軒先につるし、邪気を払う習慣がありますが、現在ではほとんど行われていません。

菖蒲の葉は古来より薬草として用いられてきました。

腹痛や打ち身治療に効果があるといわれています。

葉だけでなく、根もまた漢方薬として重宝されました。

子の健康を願い、菖蒲の葉を入れた菖蒲湯につかるという習慣は現代でも残っています。

菖蒲の葉は端午の節句が近づくと、切り花を扱うスーパーやドラッグストアで販売されます。

使用後の葉の処理などが面倒に感じる方は、菖蒲の香りの入浴剤を用いるのも良いかもしれません。

本物ではなくてもその由来などをお子様に教えてあげましょう。

 

最後に

端午の節句は男の子がいないご家庭ではお祝いし辛いと感じるかもしれません。

ですがこどもの日は子どもの幸福と成長を願い、親に感謝をささげる日。

こちらは性別に関係なくお祝いすることができます。

お祝いの飾りではなく、お部屋のインテリアとして小さなこいのぼりや兜などを手作りし、お子さんと一緒に飾りましょう。

「男の子のお祝いの日」が「家族でお祝いをする日」に代わり、男の子も女の子も楽しめる思い出深い祝日になります。

飾りだけでなく、食べ物や菖蒲湯に入るなどして日本の伝統をお子さんに伝えましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です