産後の体力低下がひどい!産後でもできるおすすめの運動

出産後にひどく体力が低下してしまった経験ありませんか?

私は子供を産んだ後ひどく体力が低下してしまい、なかなか元に戻らずに苦労して

いました。

しかし子育ては体力勝負です。

赤ちゃんが産まれてからは夜も寝る暇などありませんし、子供が少し大きくなって

くれば走る子供を追いかけるだけでもひと苦労です。

できることなら早めに体力を復活させたいですよね。

そこで出産後の弱っている体でもできるおすすめの運動をご紹介します。

なぜ出産後に体力低下してしまうのか

出産すると体が弱ってしまうのはなぜでしょうか。

もちろん出産で大量の血液と体力を失ってしまうのが大きな原因ですが、原因はそれ

以外にもあります。

まず妊娠してしまうと、今まで通りの生活ができなくなります。

妊娠初期はまだ赤ちゃんが安定していないので、あまり運動をしないように安静にし

がちになります。

またつわりなどで寝たきりになってしまう人もいます。

安定期になれば少しは動いても支障はありませんが、今度はだんだん重くなってきた

お腹が邪魔になり、やはり思うように運動ができません。

出産間近になればもはや歩くことすら辛くなります。

このように、妊娠するとだいたいの人が一気に運動不足に陥ります。

人間の筋肉は使わないとすぐになくなっていってしまいます。

妊娠してから10か月もの間たいした運動をしないことで、出産時にはだいぶ筋力や

体力が落ちている状態になります。

その状態で出産するので、体力の回復が思った通りに進まないのです。

 

また出産後一か月もすればだんだん体は正常通りに戻るのですが、産後の寝不足や

疲れ、ストレスによってそれがなかなか順調に進まないことがあります。

体の回復が遅れると動くのも嫌になってきます。

そしてどんどん動かない生活をしているとそこからさらに運動不足になり、体力が落

ちてまた動きたくなくなり…と悪循環に陥るのです。

産後の体を強くするおすすめの運動

では、そんな弱った体を強くするためにはどんな運動をすればいいのでしょうか。

 

・ながら運動をする

 

産後1か月ほどたってお母さんの1か月検診でなんの異常も見られなかったら、

そこから少しずつ運動を始めましょう。

はじめはながら運動から始めることをおすすめします。

ながら運動とは何かをしながらついでに運動をすることです。

例えば赤ちゃんを抱っこしながらスクワットをするとか、料理をしながらつま先立ち

をするとか、その程度のことで大丈夫です。

赤ちゃんが小さいうちはわざわざ運動する時間をとるのも大変でしょうから、日々の

生活の中で少しずつ運動を取り入れましょう。

 

・ウォーキング

 

赤ちゃんの散歩がてら近所をウォーキングするのもおすすめです。

最初はゆっくりとしたペースで短い時間から始めましょう。

慣れてきたら徐々にペースアップしたり距離を少しずつのばしてみましょう。

しかし赤ちゃんを連れてのウォーキングなので、決して無理はしないように気を

つけて行ってください。

 

・バランスボール

 

バランスボールは手軽に有酸素運動ができるので、家にひとつあると便利です。

楽しみながら運動もできますし、赤ちゃんの寝かしつけにも活躍してくれます。

慣れてくるとバランスボールで腹筋や腕立て伏せなどの筋トレもできるので、ひとつ

用意してみるのもいいでしょう。

 

・ヨガ

 

ヨガは体の柔軟体操にもなりますし、呼吸を整えることでストレス発散の効果もあり

ます。

あまり体を動かさないように見えますが、しっかりやると汗ばむくらい体力もつき

ます。

もちろんいきなり難しいポーズをしても効果がないだけでなく体にも無理がかかる

ので、まずはリラックスできるような簡単なポーズから始めましょう。

ヨガは続けていくとだんだん体が柔軟になってくるのがわかるので、だいぶ慣れてき

たと感じたら少しずつ難しいポーズにチャレンジしていってください。

運動をする際の注意点

運動も方法を間違えれば体に悪影響となります

以下の注意点に気を付けてください。

 

・絶対に無理はしない

 

産後の体調は人によってそれぞれです。

無理をしてしまうと体力をつけるどころか逆に体を壊してしまいます。

自分で「何かおかしいな」と思ったらすぐに運動はやめてください。

 

・運動の種類によって頻度をかえる

 

ストレッチや柔軟体操のように、運動というよりは軽い体操の場合は毎日継続して行

うのが効果的です。

筋肉は一度伸ばしてもすぐに元に戻ってしまうので、続けないとあまり意味はありま

せん。

また体操はどの運動をするにしても大事な要素になってくるので、体力づくりの基礎

となるものです。

調子が悪い時は無理することはありませんが、できるだけ毎日続けましょう。

 

逆に筋トレなどの筋肉に負荷のかかる運動は、一回やったら次の日は筋肉を休ませて

あげることが大事です。

筋肉は休んでいる間に回復してさらに強くなります。

逆に休みなくずっと負荷を与え続けると筋肉を傷めることになるので、無理をして

毎日続ける必要はありません。

 

・睡眠と栄養をしっかりとる

 

運動だけしても睡眠と栄養がたりなければ体力はつきません。

このふたつは意識してしっかりととるようにしましょう。

もちろん赤ちゃんのお世話でなかなかまとまった睡眠はとれないかもしれませんが、

赤ちゃんが寝ている間にいっしょにお昼寝をしたり、休日だけでも夜のお世話を旦那

さんに代わってもらったりして、積極的に睡眠時間を作りましょう。

また食事も育児に追われているとおろそかになりがちですが、少しずつでもいいので

必要な栄養をしっかりとるようにしましょう。

 

ただでさえ体力の必要な育児なのに、自分の体が思うように動かないとつらいです

よね。

しかしすぐ疲れてしまうからと動かないでいたままでは体力は落ちるばかりです。

年をとってからも体がきつくなってしまいます。

そうならないためにも、今からできることを少しずつ積み重ね、徐々に体力を取り

戻しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です