新生児に必要な母乳の量はどれくらい? 

初めての育児は不安なことでいっぱいですよね。

私も昨年初めての出産を経験し、ママになりました。

悩みはたくさんありましたが、赤ちゃんが新生児のときに

1番悩んでいたのは母乳についてでした。

 

母乳はミルクのように目に見えて飲んだ量がわかりませんよね。

 

赤ちゃんがどれだけ飲んだか?足りているのか?飲み過ぎ?など

母乳だけで悩みはいくらでも出てきます。

この記事では新生児期の授乳についての悩みに

私の体験をもとにお答えしていきます!

新生児の飲む母乳の量は?授乳の回数や間隔を教えて!

新生児期とは生まれてからの28日間のことを言います。

赤ちゃんが初めて口にするのがママの母乳です。

生まれてすぐの赤ちゃんはまだ胃が小さいのでたくさん飲めません。

少しの量を何度も飲むことで必要な量の母乳を飲みます。

 

赤ちゃんが飲む1回あたりの母乳の量の目安ですが

10ml×生後日数+10とされています。

例えば生後5日目の赤ちゃんが1回の授乳で必要な母乳量は

10ml×5+10=60ml程度ということです。

 

生まれてから1週間の間で70〜80ml飲めるようになり

生後1ヶ月頃には100〜120mlを1回の授乳で飲めていれば大丈夫です。

あくまでも目安なので1回の授乳で120mlも母乳が出ない場合は

頻回授乳をすることで補うようにすればいいわけです。

 

私も赤ちゃんが生まれてからなかなか母乳が出なかったので

1時間に1回のペースで頻回授乳をしていました。

1日の授乳回数ですが、新生児期はだいたい1日に8回程度の

授乳をするようになります。

間隔は短く1〜3時間おきに授乳をするようになります。

 

個人差のあることなので、自分の母乳の出具合に合わせた

タイミングで授乳するようにするといいでしょう。

 

新生児が母乳を飲みすぎor飲まなさすぎ!で困っている。解決法は?

赤ちゃんが母乳を飲みすぎて困っているママも多いのではないでしょうか?

母乳がよく出る場合、赤ちゃんが母乳を飲みながらむせている姿を見ると

飲み過ぎなのかな?と心配になるでしょう。

例えば…

母乳を飲んだ後ゲップをしても必ず吐き戻す

  • 1日に50g以上体重が増えている
  • お腹が空いていないのに泣く
  • 赤ちゃんが苦しそうに唸っている

 

このような様子が赤ちゃんに見られる場合は

母乳を飲みすぎてしまっている可能性があります。

 

3ヶ月頃までは満腹中枢が発達していません。

赤ちゃんはあげればあげるだけ母乳を飲んでしまいます。

 

母乳はミルクと違い、目に見えて飲んだ量がわかるわけではないので

つい飲みすぎてしまい赤ちゃんが苦しい思いをしてしまうこともあるわけです。

 

母乳の飲み過ぎを防ぐ方法として簡単な方法は

1回ごとまたは1日に1回はスケールで体重を計って

哺乳量をチェックして見る方法です。

 

スケールはレンタルすればわりとリーズナブルに借りることができます。

哺乳量をチェックすることで赤ちゃんの飲んだ母乳の量がわかるので

母乳の飲み過ぎを防ぐことができます。

 

また、泣いているからとすぐに授乳していませんか?

赤ちゃんが泣いているからといってお腹が空いているとは限りません。

すぐに授乳するのではなく、様子をみて本当に授乳が必要なようなら

授乳するようにしましょう。

 

白湯を飲ませてみる方法も効果的ですよ。

 

逆に赤ちゃんが母乳を飲まないで困っているママもいるのではないでしょうか?

 

赤ちゃんによっては、母乳を吸うことが苦手な赤ちゃんもいるのです。

またママの乳首の形によって母乳が飲みにくいということもあります。

 

私も子供が母乳を吸うのが苦手で、なかなか母乳の量も増えず困っていました。

母乳を吸う力も弱く、すぐに疲れて眠っていました。

 

そこで私が試したのは、哺乳瓶のゴム乳首を自分のおっぱいに当てて

赤ちゃんに母乳を飲ますという方法でした。

 

ゴム乳首をつけるだけで赤ちゃんの吸い付きがよくなりました。

直に飲ますよりも母乳を飲んでくれるようになりましたよ。

 

また、蒸しタオルでおっぱいマッサージをする方法も試してみました。

私の場合乳腺がなかなか開通しなかったことも母乳の量が増えない

原因のひとつでもありました。

 

乳腺が開通していない場合はおっぱいマッサージが効果的です。

蒸しタオルでマッサージすることでおっぱいが温まり血行がよくなり

母乳の出もよくなります。

 

 

母乳が出ないという理由で赤ちゃんが母乳を飲むのを嫌がっている

可能性もありますので母乳が出やすくなるようにマッサージを

してみる方法もひとつの手ですよ。

 

母乳を飲まなくて悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね。

まとめ

母乳ひとつでもたくさんの悩みが出てきますよね。

私も母乳で悩んだ人のひとりなので、辛い気持ちはよくわかります。

 

母乳が出ないこと、出すぎてしまうことで

赤ちゃんにかわいそうな思いをさせていると思うと辛いですよね。

 

悩みを乗り越えて、赤ちゃんのお世話を頑張りましょうね。

育児日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です