生後5ヶ月の赤ちゃんも夜泣きってするの?その原因と対策は?

新生児の頃には、不規則に寝たり起きたりを繰り返していた赤ちゃん。

その赤ちゃんも3ヶ月を過ぎた頃から昼夜の区別がつき始めます。

 

昼夜関係なく過ごしていた赤ちゃんですがだんだん夜にまとまって

睡眠をとるようになってくるのです。

 

するとお母さんもやっとまとめて睡眠がとれるようになってきます。

まとまって睡眠が取れるようなって、ゆっくり休めるように

なってきたと思っていた矢先突然夜中に赤ちゃんが「ギャー!」と

泣いて起きてきてまた睡眠時間が減ってくるということはありませんか?

夜泣きに悩んでいるお母さんもたくさんいるでしょう。

私も実際に子供が夜泣きをする時期があったので辛い気持ちもよくわかります。

そこで夜泣きをしていた子供も私が試して効果のあった対処法を紹介します。

夜泣きの原因は何?対策は?

夜泣きの対処法を紹介する前に、夜泣きの原因についてお話します。

早い子は、生後4〜5ヶ月頃には夜泣きが始まります。

私の子供も夜泣きを始めたのがちょうど5ヶ月になった頃でした。

 

私もやっとまとまった睡眠がとれるようになった矢先に

急に赤ちゃんが夜中に泣くということを経験しました。

 

これが夜泣きというものか…

ついに始まったんだなと思ったのを今でも覚えています。

赤ちゃんが夜泣きするとママも心配でぐっすり眠ることができませんよね。

どうにかして安心させてあげたいと思うのですが原因がわからず

何をしてもお手上げということもあるでしょう。

 

私も夜泣きが始まり何をしても泣き止まない子供が心配で

どうしようと悩んでいたときに市が行っている育児相談会に行き

保健師さんに夜泣きについて相談したことがあります。

 

5ヶ月くらいになると赤ちゃんも記憶ができはじめるのです。

また夢を見はじめるようになるのもこの頃です。

 

今日あった出来事を赤ちゃんは頭の中で処理するのですが

毎日が初めてのことの連続の赤ちゃんは日中に慣れないことや

刺激的なことがあるとそのことを思い出して

寝ながら泣くことがあるということなのです。

 

保健師さんに夜泣きをした日にいつもと違うことはなかったか聞かれました。

思い返してみると頻繁に会わない人にたくさん抱っこされたことなど

思い当たる節がたくさん出てきたのです。

 

原因がわかれば泣いている理由もわかりますよね。

「今日はたくさん人に会ったから疲れたよね。」

「日中の出来事を夢で思い出したのかな?」と

自然と赤ちゃんの気持ちに寄り添ってあげられるようになります。

 

原因がわかると不思議と自分の心にゆとりができてきたのがわかりました。

するとあれだけ大変だと思っていた夜泣きも大変だと思わなくなったのです。

 

もうひとつ重要なのは日中の生活リズムを整えることです。

日中のリズムを整えてあげるだけでも夜泣きがましになるのです。

 

この頃には昼夜の区別もできるようになってきます。

朝はカーテンを開けて朝日をしっかり浴びるようにしてあげます。

「おはよう、朝だよ」と朝がきたことを教えてあげてください。

 

夜は寝る準備ができたら寝室は暗く静かにするようにします。

「おやすみ、寝ようね」と夜は寝ることを教えてあげることで

赤ちゃんも生活のリズムが整ってくるのです。

 

毎日同じくらいの時間には起きるようにすること。

毎日同じくらいの時間位は寝るようにすること。

これを繰り返すことで自然にリズムができ夜泣きの対策になりますよ。

 

私も毎日バラバラだった睡眠時間をまずは整えました。

そして日中は外に出て外気浴やお散歩をしてしっかり遊んだり

お昼寝の時間も同じ時間帯にしたり生活のリズムをまずは整えたのです。

 

このように実践してみたところ、毎日のように夜泣きをしていた子供は

生活リズムが整うと嘘のよう夜泣きをしなくなってきました。

夜泣きしている赤ちゃんが泣き止まないときは?

みなさん子供が夜泣きをしたらどうしていますか?

すぐに抱っこしたり、授乳をしたりしていませんか?

 

夜泣きの対策として放置してみるというのもひとつの手です。

赤ちゃんは泣いたらあやしてもらえると思うので

あやすことが夜泣きが続く原因という場合があります。

 

泣いていてもすぐにあやすのではなく様子を見ていると

自然に泣き止むことがあります。

 

しかしいくら待っても泣き止まない時は、他に原因があるのでしょう。

私も赤ちゃんが夜泣きを始めたらすぐにあやしていました。

ですが、赤ちゃんが夜泣きをしたらすぐにあやさないほうがいいと聞いてから

少しの間様子を見るようにしていました。

 

いくら待っても泣き止まないことがあり様子がおかしいなと思っていたら

熱が出ていたということがあったのです。

 

そのことがあってからはまずは赤ちゃんが泣いたら側に寄り添って

体に不調がないかを確認するようになりました。

 

このようにいくら待っても泣き止まないときは体調が悪いということも

考えられますので体に不調がないかを確認してあげてください。

 

熱があったり、鼻が詰まっていたりといった原因で

夜泣きをしていることもあります。

 

放置するのもひとつの手ではありますが

病気の可能性もあるので臨機応変に対応してあげてくださいね。

まとめ

以上のことを実践してみたところ、夜泣きは軽くなって

1歳になる頃には夜泣きはすっかりなくなりました。

 

夜にグズグズいう時は、体調が悪い可能性が高いので

赤ちゃんの様子はしっかり確認してあげてくださいね。

夜泣きはいつかはなくなります。

あまり神経質にならず、ドンと構えておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です