「お雛まき」から「パパ育」までママのストレスを減らす方法

少し前は〝イクメン″なんて言葉が流行りましたが
最近は〝ワンオペ育児″って言葉を耳にする事が増えました!
《ワンオペレーション育児》
なんらかの理由で一人で家事・育児を全てこなさないといけない
状況にあるという事。
そんな現場にいるママが今危ないんです!

ワンオペの長い夜・ママも泣きたい

子育てする中、で辛いことの上位に入る《夜泣き》
なかなか睡眠時間がない中で、一晩中泣く子もいるんですよね
「子供は泣くのが仕事だから〜」なんて言う人もいるけど
実際、夜泣きに悩まされている時にそんな事言われても「はい?」
としか思えないですよね…こっちはそれどころじゃないんです!って
一時的なものとはいえ、毎晩何時間も続けば「泣かないでよ…」
って精神的に追い詰められる事だってあります!!

でも、そこにもしパパや自分以外の他の誰かの助けがあれば。
「ちょっと代わるよ。少し寝て?」って大変を共有する人がいれば
不思議と大変な毎日でも心に余裕が持てるんですよね。
まぁ、子供が泣いててもなかなか起きないのが男親ですが…(笑

ワンオペ育児のママにはそれが無い。
泣き始めから泣き終わりまで全部一人で付き合って、気づいたら
朝になってた…寝不足なのは目に見えてる。
「夜泣きはいつかは終わるから大丈夫!」なんてこと言われても
ずっと泣き続ける我が子を見て「本当に終わるのかな?」って
不安になりません?私はなりました。いつ終わるの?って。
終わらなくてもいいから、せめて少しでも夜泣きが改善される
方法を知りたくて色々探したりもしたけど、どこも大体
「いつか終わるから頑張って」とか「気づいたら終わってる」
そんな事が聞きたいんじゃ無いよーーーー!!!(笑

そんなママに、少しでも参考になるよう
いくつか実践したのも含めてご紹介しちゃいます☆☆
☆赤ちゃんを包む・おくるみ術☆
お気に入りのカーゼタオルや、ママのにおいがするタオルケット
などを使って、赤ちゃんを苦しく無い程度にぐるぐる包み込む!
《お雛まき》なんてネットで検索すると巻き方が見つかります♪

☆体内時計を整える☆
もう一つ有効なのが、赤ちゃんの中にある体内時計を整えること
やり方はものすごく簡単
朝は出来るだけ一定の時間に起こすようにする!
新生児期はできないけど、そこを超えてきたら徐々に始めると
いいと思います!毎朝8時には「朝だよ〜おはよう!」と声を
かけてゆっくり起こしてあげる。日中は、外に出なくても出来る
だけ日光浴をさせてあげることも大切です♪
生後4ヶ月くらいからは、新生児期のように《寝たいだけ寝る》
から卒業してお昼寝は5時前までに切り上げるとなおgood♪♪

☆寝る前準備・睡眠モードにはいろう☆
寝る直前まで明るい部屋で過ごしたりしてないですか??
実は寝る30分くらい前には、ほんのりくらい部屋に移って
出来るだけテレビや携帯の音は聞こえてこない環境にしてから
少しの間ママとの触れ合いタイムをすると、赤ちゃんは安心して
頭や体が睡眠モードに入ってから寝る事が出来るのでおススメ♪

パパも一緒に子育てしよう!パパ育

世でこれだけ〝イクメン″って騒がれているのに
「なんでうちのパパは手伝ってくれないの?!」って思うこと
ありません??私はありました!そもそもイクメンなんている?
くらいに思ってさえ居ましたよ(笑

さっきワンオペに少し触れたけど、イクメンなんてまだほんの一握り
基本はどの家庭もママが主になって子育てが進んでいくけど
なんせ《育児に休みなし!》

たまには一人になりたいし・ちょこっと家事から離れたい日もある。
そんな時にたった1時間でいいから見ててもらえると助かるのに…
休日はゆっくり家でゴロゴロ。「遊んであげて?」と頼んでも
片手に携帯を持ちながら適当に遊び相手をしたり、気づくと
子供が一人遊びしていたり…「ちょっと!!」って言いたくなるのを
グッと堪えて「ほら、呼んでるよ?」って言うと
パパ「だって一人で遊んでるじゃん?」…私「はぁぁぁx??????」
いまいち積極的に育児に参加しようとしてくれない我が家のパパ。
そんなパパに対してのイライラも募るし、喧嘩の元になりますよね

男親がなかなか育児に参加しない理由として上がるのが
☆仕事が忙しくてなかなか手伝えない
☆何をしたらいいのか分からない・どう手伝えばいいのか分からない
☆まだ自分が父親という自覚がない
などがあげられます。どうすればいいのか分からない!って言葉は
たしかに我が家のパパからも聞いた事があります。
じゃあどうすればいいのか?
どうすればもっと積極的に関わってくれるのか?

☆優しくお願いしてみる☆
家事と育児と忙しくしていると、テレビ見てる・携帯弄ってる旦那に
「暇なら△△くらいやってよ!」「もーー少しは手伝ってよ!!」と
ついついキツく言いがち。でも、誰でもなにかを頼まれる時に強く
「◯◯やっといてよ!」なんて言われたら気分が悪いですよね。
そこで、自分が大人になって・パパも育てるくらいの気持ちで。
「ごめんね、△△やって貰えるかな?今ちょっと手が離せなくて。」
「◯◯してもらえると嬉しいな」「△△だと助かるな」
と優しくお願いしてあげると、パパも素早く動いてくれる♪

☆小言は言わない。感謝してあげよう☆
せっかくオムツを替えてくれたのに「ここ違うじゃん!」と言ったり
抱っこの仕方一つでも、ママに比べて慣れていないから仕方ないのに
「そんな抱っこで落とさないでよ!?」「ちゃんとやって!」と
ついつい言いがちな小言は、パパのやる気をみるみるうちに剥ぐ言葉
やってもやらなくても怒られるなら《やらない》を選択するんです。

子育てと一緒ですね。ついつい手や口を出したくなるけど、そこは
グッと堪えて見守る。注意も「次はこうしたらいいかもね。」程度に
優しく伝えてあげるとやる気がなくならずに済むと思います♪♪
そして必ず「ありがとう」を伝えてあげるのが次につなげる秘訣☆
パパはママが喜ぶ事は進んでやろうとしてくれますからね(笑☆

まとめ

今は沢山の家庭環境があるから、一概に言うことは出来ないけど
やはり子育ては夫婦で出来るのが理想です。
ママ一人で全部背負いこむなんてとっても大変。
今は身内が近くにいなくても、育児支援サポートは充実し始めて
いるので、そう言ったものもうまく活用しつつ息が詰まらないよう
程々に頑張りましょう☆☆


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です