避難勧告と避難指示の違いを知ってますか?豪雨災害から身を守るには?

先日突如西日本を襲った豪雨災害。
多くの地域に大雨特別警報が発令されました。

避難勧告や避難指示も次々に発表される中
認識の甘さや自分たちの住んでいるところは
大丈夫なはずと避難が遅れてしまったという人も
多くいるのではないでしょうか。

災害を受けて災害への対策への認識の甘さが
できていなかったと反省しました。

実際に避難勧告と避難指示の違いもわからないという人も
多いのではないかとこの災害を受けて感じたので
災害が起きた時に、避難が遅れることのないよう
まとめてみました。

参考にしてみてください。

避難勧告と避難指示の違いは?

さっそくですが、避難情報レベルをそれぞれみていきましょう。

● 避難勧告

避難勧告は災害の発生が予測される地域に対して出されます。
避難勧告は言葉の通り、住民に避難を進め促しているもので
避難するかしないかは住民の判断になります。

避難したほうがいいですよ〜くらいのニュアンスに
感じられますがその通りです。

避難しなくても特に罰則があるなんてことはありませんし
勧告ですので強制力もそれほど強くありません。

ですが、勧告が出されている時点で危ない状況が
せまっているわけですし、いつ何が起こるかもわからないので
避難したほうがいいのは言うまでもありません。

● 避難指示

避難指示になると避難勧告よりもう少し鬼気迫った感じです。

避難勧告が発令された後に、さらに状況が悪化して
さらにひどい被害が予測される場合に避難指示が出されます。

指示ですから勧告より拘束力も強く
ニュアンス的には「速やかに避難してください」といった感じです。

避難指示も避難勧告と同様に避難しなかったからといって
罰則があるわけではありません。

避難勧告と避難指示の他にもうひとつあります。
それは避難準備情報というものがあるのです。

これは避難勧告が出る1段階前で
お年寄り、子供、体の不自由な人など避難に時間がかかる人を
優先的に避難させるために出されるものです。

このような違いがあるので、避難勧告、避難指示、避難準備情報の
意味をしっかり理解しておきいざという時のために備えておきましょう。

避難勧告や避難指示が出たらどうすればいい?

今回の西日本豪雨災害を実際に経験して思ったことは
今まで自分の身に鬼気迫ることが実際に起きたことがなかったので
避難勧告や避難指示が出されても心のどこかでは

「まあ、大丈夫」

という気持ちがありました。

早い段階で避難勧告が出ていたので
万が一何かあったときのために…と
水や非常食は確保しておくことにしました。

我が家には赤ちゃんもいるので、赤ちゃん用の飲み物や離乳食も
多めに買いにでかけたのですが、大雨で川がいつ氾濫しても
おかしくない状態の中買い物に行くのはとても危険です。

やはり、災害というものはいつ自分の身に襲いかかってくるか
わからないものなので日頃から非常持ち出し袋とは別に
非常食もしっかり準備しておかなければいけないと改めて思いました。

避難勧告が発令され間も無く避難指示が出されたのですが
その時点でも避難しなくてはいけないということは知っていても
「まさか、川が氾濫するようなことはないよね」
「子供がまだ小さいからこんな雨の中避難するほうが危険」と
勝手に自分で判断してしまいました。

家の二階で過ごしていれば平気と
避難指示が出されたにもかかわらず避難はしませんでした。

実際には避難指示が出されても、自分たちの避難所が一体どこなのかも
詳しくわかっていない状況でした。

消防団に入っている夫から、
「指示が出ているから早く小学校に避難するように!」と
言われ私の住んでいる地域の避難所が小学校であることを知ったのでした。

結局私の住んでいる地域では多少の被害はあったものの
川が氾濫したりといったとても大きな被害はありませんでした。

ですが、この豪雨災害を実際に経験し同じ県内では
とても大変な被害を受けている地域もあるということを知って
自分の身勝手な判断や認識の甘さを再確認しました。

川が氾濫しても二階にいれば大丈夫と思っていましたが
そんなことはありません。

二階も浸かってしまう可能性も十分にあるのです。

避難指示が出た場合は、本当にいつ何時何が起こるかわからない状態です。

自分の身や家族の身を守るためにも
避難指示が出た場合は自己判断で大丈夫といった判断をせずに
「避難しなくてはいけない」という認識に改めて避難するようにしてください。

大きな被害が起きてからでは遅いのです!

自分の身はしっかり自分で守るための行動をとるようにしましょう。

まとめ

私自身この豪雨災害を経験してはじめて
避難勧告と避難指示の違いや意味について再確認しました。

そのほかにも、自分の住んでいる地域の避難所を知っておくこと
いつ何があってもいいように非常食は用意しておくことなど
災害が起こったときの備えをしっかりしておくことの大切さを
改めて感じました。

みなさんも、災害が起きた時の備えを今一度再確認してみてください。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です