水回りの掃除でやっかいな水垢!簡単に落とせる方法はある!?

「台所や洗面台などの掃除を長い間していなくて、水垢がこびりついちゃった」
「ちゃんと掃除をしているのに、水垢ができてしまった」
なんてことがあると思います。

水回りに付く汚れには水垢、手垢、カビ、黒ずみ、アカシミ、黄ばみ、ヌメリなどの汚れがあります。
その水垢の手入れを怠り、放置してしまうことにより、掃除をしても簡単には取れない汚れになってしまいます。
また水滴が付いた洗面台を拭かずに放置することによって、水に含まれたカルシウムなどが洗面台に残ってしまうのも水垢の原因になります。

すなわち台所や洗面台などの水回りをどれだけきれいに洗っても、水滴を拭き取らずにほっておくと水垢になってしまうのです。
一旦水垢が出てきてしまったら、洗剤などを使って洗っても綺麗に掃除することはできません。
今回はそんな水垢をきれいに落とす方法を紹介したいと思います。

台所や洗面台などの水回りの水垢の原因ってなに?

水回りにできる水垢は、水道水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの成分によってできています。
水分が蒸発すると、ミネラルなどの成分が乾燥して残ってしまい、固まってしまったものが水垢になります。

水分が蒸発し水垢が付くというのを繰り返すと、汚れは頑固になっていきます。
頑固な汚れになると、こするだけなどでは簡単に取れなくなってしまいます。

しっかりと洗剤で掃除をして、水垢を洗い流したと思っていても、掃除のあと水分が残っていると、それが乾燥して水垢になってしまいます。

また浴室や洗面台などは、水垢に石鹸カスや手垢が結合することも多いため、そうなるとさらに落としづらい汚れとなってしまいます。

水垢の原因となるミネラルはアルカリ性の性質をもっています。
このアルカリ性というのが、水垢を落とす上でとても大切になってきます。

水垢の掃除方法

水垢の掃除方法には2つの方法があります。
その方法とは
1. 物理的に削り落とす
2. クエン酸や重曹など水垢によく効くものを使って落とす

水垢は汚れというより、ミネラルの成分が固まってしまい石化し堆積したもの、という表現のほうが合っています。
そのため範囲のせまい水垢は、道具を使ってそげ落とすという方法が簡単です。

しかし長時間放置した水垢は、範囲も広くなっており、水垢の層も厚くなっているので、物理的にそげ落とすというのは、困難な作業になってしまいます。

そんな水垢に対しては、水垢はアルカリ性という性質があるので、酸性のクエン酸やお酢などを使って、汚れを柔らかくしてから掃除をするという方法が効率的です。

他には重曹とクエン酸を混ぜて使用するという方法もあります。
重曹はアルカリ性ですが、重曹とクエン酸を混ぜる事によって、水垢を落しやすくすることができます。

磨いて水垢を落してみましょう

磨くのに必要な道具とは以下のものになります。
1. スポンジ
2. 重曹
3. スチールウール
4. メラミンスポンジ
5. 使用しないプラスチックカード

掃除をする時にはおなじみになっている重曹は、研磨効果があり、スポンジにちょっと付けてこするだけで、水垢が取れます。

スチールウールとは、細かく柔らかい鉄の繊維でできているたわしのことです。
鍋の汚れや焦げ付きを掃除する道具としてはおなじみですね。

最近人気のあるメラミンスポンジは、特別な樹脂でできているスポンジのことです。
ラミンスポンジは洗剤を使用せずに、水で濡らしただけで、消しゴムで消すように、汚れを落とすことができます。
普通のスポンジではなかなか落ない汚れにも効果があります。
「激落ちくん」という商品名で発売されているのが有名です。

掃除にプラスチックカードなんて使うの?と思った人もいると思いますが、カードの側面は鋭利で汚れをそげ落とすのに適した形になっています。
期限切れのクレジットカードなどのプラスチックカードを使用するようにしましょう。

これらを使った磨き方は以下のようになります。
1. スポンジに重曹を付けて水垢の部分をこすりましょう。
重曹には研磨作用があるので、できて間もない水垢ならこの方法で簡単に落とせます。
2. スチールウールやメラミンスポンジを使ってこすり落としましょう。
1の方法で取れなかった場合、洗剤を使わなくても高い研磨作用があるので、水垢をガリガリと削り取ることができます。
3. プラスチックカードで削り落としましょう。
それでも落とすことができない汚れには、プラスチックカードの側面を使って削り落とすと効果的です。
4.最後に水を拭き取りましょう。

ただし、上記の方法は掃除をする箇所によっては傷が付いてしまうことがあります。
傷のつきにくい金属製の蛇口に使ったり、隅の方で少し試しに使って傷がつかないことを確かめてから使用することをお勧めします。

また水が残っていると、水垢ができてしまうので、削り取り水で流した後は、必ず水をきれいに拭き取ることを忘れないようにしましょう。
水を拭き取る時にはマイクロファイバークロスを使用すると、さっと拭くだけで水分を取り除くことができます。

クエン酸や重曹など水垢によく効くものを使って落としてみましょう。

ひどい水垢に対しては、お風呂用洗剤や台所用洗剤をスポンジに付けて、洗浄した方も多いのではないでしょうか?
それらの洗剤は水垢を落とす効果はほとんどありません。
水垢はアルカリ性の性質があるので、中性洗剤や油汚れに効くアルカリ性の洗剤には反応しないためです。
重曹を使った落とし方を紹介しましたが、重曹はアルカリ性なので、水垢に対して効果があるのは研磨効果だけです。

つまり、水垢に効果的なのはアルカリ性と反対の性質を持つ酸性のクエン酸やお酢などです。

クエン酸やお酢を使った掃除の仕方の手順は以下のようになります。
1. ボールにクエン酸やお酢を入れ、そこにティッシュペーパーをひたします。
2. それのティッシュペーパーを水垢の目立つ所へ置きます。
3. 1時間ほど放置します。
4. その後ティッシュペーパーを取り除き、スポンジなどを使ってこすって落とし
ます。

5. 最後に水を拭いて終わりです。

4で汚れが落ない場合は、3の時間を増やすといいでしょう。
4で使用するものはメラミンスポンジやダイヤモンドパッド、歯ブラシなどがあります。

またスプレーボトルに水200mlに対してクエン酸小さじ1杯を混ぜてクエン酸スプレーを作って、それを水垢にスプレーして10分ほど放置してからこすり、水垢を落とすこともできます。

クエン酸と重曹を使用した掃除の仕方の手順は以下のようになります。
1.重曹を落としたい水垢のところにふりかけます。
2.その上からクエン酸のスプレーを振りまきます。
3.少し時間を置くと泡が発生します。
4.泡の力で汚れがゆるんだ頃に、スポンジを使用しこすって、水垢を落とします。
5.水で流したあと、洗面台を拭いて終わりです。

クエン酸と重曹を混ぜ合わせることによって、ペースト状のものを作ることもでき、そのペースト状にしたものを水垢のところに塗って使用することもできます。

ほかにはおばあちゃんの知恵で、レモンと粗塩を使用します。レモンの切れ端に粗塩を付けて洗面台をこすることによって水垢が取れます。もしレモンがなければ、布にお酢を付けて代用できます。

水回りの水垢を落とすだけじゃ意味なし!手軽にできる
予防法!

これまで紹介した方法で水垢を落としてしまっても、掃除せずに放置していると、また頑固な水垢ができてしまいます。
そうならないように以下の水垢防止策を身につけて、継続していくようにしましょう。

1. 台所や洗面台などの水回りのものの使用後は毎回汚れや水分を拭き取りましょう。
台所や洗面台などは毎日使うものなので、使用したあとは毎回簡単に水洗いをし、吸水性の良いタオルで水滴を拭き取りましょう。
拭き取り用のタオルを近くに置いておくと、すぐに使用できます。
拭き取りの手間は1分ほどなので、習慣付けるようにするといいでしょう。
また使用したタオルは衛生的な面も考え、すぐに乾くように広げて干しましょう。

2. 数日置きにメラミンスポンジを使いましょう。
「毎日の水洗いや拭くのはめんどくさい」「家族がたくさんいるから、毎回使ったあとに拭くのは大変」と思う人もいると思います。
そんな時には、2~3日置きにメラミンスポンジを使用し掃除をするといいでしょう。
その時にも掃除をしたあとは必ず、水滴を綺麗なタイルで拭き取るようにしましょう。

まとめ

水垢を落とす方法には2つの方法があります。
まだできたばかりの水垢は、簡単にこすって落とすことができます。
落とす方法もスポンジなどを使ってこするだけと簡単です。
しかし、長期間放置した水垢は、簡単にはこすって落とせません。
そんな時には酸性のクエン酸やお酢を使って、落としましょう。

また重曹も効果的です。
クエン酸や重曹は、今では簡単に手に入ります。
そんな水垢に効果的なものを使って、水垢を落していきましょう。

水垢の簡単な落とし方、酸などを使った効果的な方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今まで歯が立たなかった水垢の掃除にもきっと役に立つと思います。
水回りの水垢などの汚れは、油断をするとすぐにできてしまいます。
一旦できた汚れを落とすのは時間がかり大変です。
毎日や2~3日ごとのお手入れを欠かさないことで、水垢がつくことは予防できます。
また普段から清潔に保っていたら、大掃除の時に苦労しなくて済みます。
毎日コツコツと洗っていることが、きれいな環境を作ることになります。
そんなコツコツを忘れずに、きれいな台所や洗面台を保っていきましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です