キッチンの排水溝掃除の方法はこれ!この方法でヌメリ・ニオイを撃退します! 

キッチンの排水溝は、汚れがたまりやすい場所なので、掃除をするのも嫌になります。
ちょっとでも掃除をするのを怠ると、ヌメリがついて嫌なニオイがしたり、水の流れが悪くなったりします。
ヌメリがついてしまうと「排水溝に触りたくない」と思ってしまいますね。
そんな排水溝の汚れを簡単に落とす方法を紹介します。

排水溝のヌメリ・ニオイの原因は?
排水溝のヌメリやニオイの原因は、油汚れや水垢、細菌やカビなどの雑菌です。
調理中や食事のあとの食器を洗う時に、野菜のくずや料理の残りカスが排水溝に溜まることによって、その中で菌などが繁殖し、ヌルヌルした状態になり、そこから悪臭がするのです。
またこのような排水溝の汚れの原因となるものを残したままにすると、排水溝が詰まってしまいます。
一旦排水溝が詰まってしまうと、その掃除は大変になります。
こまめに掃除をして排水溝をつまらないようにしましょう。

排水溝の掃除の頻度は?
排水溝の掃除は、シンクを掃除するときに一緒にすることが一番いいです。
しかし毎日の掃除は難しい時には、週に2~3回はすることをお勧めします。
2、3日するとヌメリが出てきて、それによって悪臭も出てくるので、週に2~3回はしたほうがいいですね
湿度・水分・栄養の3つの要素が揃うことによって、どんどんヌメリやニオイはひどくなっていきます。
排水溝には、いつも少量の水分は溜まっているので、湿度と水分を取り除くことはできません。
排水溝に生ゴミがたまると、それが栄養成分となります。
それならば栄養の元になる、食べ物のカスを頻回に取り除くようにしましょう。

排水溝の掃除の方法は?
毎日から週に2、3回程度なら以下の洗い方できれいにすることができます。
1. ゴム手袋をして排水口の蓋とゴミ受けを外します。
2. ゴミ受けに入っているゴミは捨てます。
3. 蓋とゴミ受けを台所用洗剤を付けてスポンジでこすって洗います。
4. ゴミ受けは細かい網目になっているので、使い古した歯ブラシを使って洗います。

ずっと掃除をしていなかったときには重曹とクエン酸(またはお酢)と使って以下の方法で掃除をしましょう。
1. ゴム手袋をして排水口の蓋とゴミ受けを外します。
2. ゴミ受けに入っているゴミは捨てます。
3. 排水溝の蓋とゴミ受けを重曹を付けたスポンジや歯ブラシでこすり洗いをしましょう。
4. もしこすっても汚れが取れない場合は、重曹をふりかけて、その上からクエン酸(またはお酢)をかけて30分ほど放置します。
クエン酸(またはお酢)の量は重曹の半分ほどにしてください。
それ以上多くなると洗浄力が落ちてしまいます。
5. その後スポンジでこすって汚れを落としましょう。
この時に重曹が残っていると、それが白く固まって汚れの原因になるので、充分に洗い流しましょう。

市販の洗浄剤でも汚れを落とすことはできますが、ほかの洗浄剤と混ぜると危険やガスが発生することがあるので、注意が必要です。
その点、重曹とクエン酸、お酢は人体や環境に優しい成分で出来ているので、安心して使うことができます。

排水溝のトラップや排水パイプも掃除をしましょう。

見えている排水溝の部分だけでなく、その奥にあるトラップの部分や排水パイプも掃除をしましょう。
排水トラップとは排水溝の下にある部品のことで、排水トラップの部分に水が溜まることで、下水からの悪臭や害虫が侵入してくることを防ぐことができます。
見えているところだけを掃除しても、トラップや排水パイプにゴミが溜まっていると、パイプが詰まる原因になります。
ここではその掃除の仕方を紹介します。
1. わんトラップの場合
わんトラップとは、シンクでよく見られるタイプで、お椀を伏せたような形がついているトラップのことです。
このトラップは左側に回すと外すことができるので、外して引き抜きます。
取った後、パイプ内にパイプクリーナーを流します。
その後、表示されている時間放置してから、水を流してすすぎます。
取り外したトラップは排水溝を洗う重曹やクエン酸などの洗剤で一緒に洗いましょう。
トラップを取り外した時、トラップとしての機能がなくなるので、下水管のニオイが上がってきて「臭い」と感じる場合があります。
2. ボトルトラップの場合
ボトルトラップとは、シンクの排水溝の部分を回すと、引く抜ける筒状のものがあるタイプのことです。
ボトルトラップを外して、その中にパイプクリーナーを流します。
その後、表示されている時間放置してから、水を流してすすぎます。
取り外したトラップは排水溝を洗う重曹やクエン酸などの洗剤で一緒に洗いましょう。
3. Sトラップの場合
Sトラップとはシンクの排水溝に穴があいていて、その文字通りシンクの下のパイプがS字に曲がっているものです。
この場合もパイプクリーナーを流し、表示されている時間放置してから水を流します。

水溝のパイプが詰まってしまった時にはどうする?

排水溝のパイプが詰まってしまった時には、パイプ内のゴミを取り除きましょう。
ボトルトラップやS字トラップの場合、シンクの下にトラップ本体があります。
そのトラップの下に洗面器やバケツを置いて、トラップ本体のキャップを開けてゴミを取り除きましょう。
この時にトラップとしての機能がなくなるので、下水管のニオイが上がってきて「臭い」と感じる場合があります。
このゴミを取り除く作業はパイプクリーナーを使った直後は避けましょう。
ゴミを取り除いたあとはキャップをして、水を流します。
水を溜めるときにはキャップがしっかりと閉まっており、水漏れがしないことを確認しましょう。

他にはタオルを使ったつまりを取る方法もあります。
1. 排水溝の蓋、ゴミ受け、排水トラップを外します。
2. 排水管にいらないタオルを詰めて栓をします。
この時しっかり栓ができていて、水が流れていなことを確認しましょう。
3. シンクに40度前後のお湯を、シンクの8分目くらいまで張ります。
4. お湯がたまったら、栓をしているタオルを一気に引き抜きます。
5. お湯が一気に流れ込むので、詰まっているものを押し流すことができます。

排水溝に油を流すのはやめましょう。

調理に使った油を排水溝にそのまま流す人がいますが、それはパイプを詰まらせる原因になるので、やめましょう。
流された油の一部がパイプの壁に付き、その付いた油が徐々に微生物によって分解されます。
そしてその一部が脂肪酸というものに変化します。
脂肪酸は水に溶けにくいので、排水溝に溜まっていき、それが詰まりの原因になります。
この脂肪酸は、パイプクリーナーなどでの洗剤を使っても溶かすことができず、洗浄することが困難です。
また油の塊はオイルボールというものにもなります。
このオイルボールは、街中に張り巡らされている下水道にも塊になって蓄積していきます。
そのオイルボールが大雨が降ったあとに川や海に流されて、環境汚染につながっていきます。
使った油は牛乳パックなどに新聞紙を詰め込んでそこに流し込むか、市販の油凝固剤を使って固めて、燃えるゴミとして処分しましょう。
また自治体によっては、廃油の回収をしているところもあるので、住んでいる自治体に確認してみるのもいいでしょう。

排水溝の掃除は汚いイメージがあり、誰しもやりたくないと思っていると思います。
汚れの原因は排水溝に溜まったゴミにあります。
毎回排水溝のゴミ受けを出してゴミを取り出すのが面倒なら、ゴミ受けに付ける袋を利用するといいでしょう。
しかしゴミを取り除いただけでは汚れは落ないので、週に2、3回はきちんと掃除をしましょう。
今回紹介した方法を定期的に行っていくと、そんなにヌメリの多い汚れになることはありません。
また毎回掃除をするのが大変という人は市販で売られている洗浄剤(たとえば排水溝の激落ちくんなど)をゴミ受けの中に入れておくと汚れをつきにくくします。
汚れのつく前に定期的に掃除をして、綺麗な排水溝を保って、気分良くキッチンを使っていきたいですね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です