ステンレスの流し台の掃除にはどんなのが効果的!?その方法をお教えします!!

食品を水で洗ったり、洗剤や水を使って食器を洗っている流し台ですが、毎日掃除をしていても、なぜか汚れが溜まっていってしまいますね。
それはあらゆるキッチン周りの汚れをこの一箇所で洗うことになるからです。
流し台は油から食材についている泥から酸からアルカリからなど、多種多様の汚れと接しています。


水を使うところなので、水垢の発生を抑えることはできませんし、そのせいでカビやヘドロの発生もしやすいところになってしまいます。
食べ物を扱う場所なので、家の中でも一番衛生に的にしていなければいけません。
主婦の半数以上は「毎日欠かさずに掃除をする」と言っていますが、それでも洗い残しは出てしまい、その汚れが蓄積して頑固な汚れとなってしまいます。
今回はそんな汚れの落とし方の効果的な方法を紹介しましょう。

流し台の汚れの原因ってなに?

流し台の汚れには水垢、洗剤や石鹸のカスなどが原因になっています。
特に水垢は放っておくと流し台にこびりついてしまい、掃除するのがとても大変になります。
そんな水垢の原因は水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が乾いて流し台についてしまいでできるのです。
また洗剤や石鹸のカスも水垢のように白くなってこびりつきます。
これは洗剤や石鹸が水道水のミネラルと混ざって洗面台に白くこびりつきます。
水垢はアルカリ性ですが石鹸カスは酸性なので、それぞれの汚れを落とす方法は違ってきます。
そしてステンレスはサビに強い性質ですが、異種金属製品、たとえば金だわしやスチール缶を長期間同じ場所に放置すると、電池作用でサビが発生してしまいます。
これを「もらいサビ」といいます。
ステンレスでの錆はこの「もらいサビ」が多いです。

流し台の掃除の頻度ってどのくらい?

流し台の掃除は、食器などの洗い物が出たときに「その都度」やるのが一番いいでしょう。
水回りというのはどうしても、水垢や汚れがつきやすく、菌が繁殖しやすい場所になります。
その汚れや雑菌を残しそのままにしておくと、頑固な汚れとなり、いざ掃除をしようとするととても大変で時間のかかる掃除になってしまいます。
食器洗いのあとに「ついでに」の掃除をすることを心がけたいですね。

流し台をピカピカにする掃除の方法とは?

先述したように水垢と石鹸カスの性質は違っているので、それぞれの汚れを落とす方法も変わってきます。
以下の方法で汚れを落としますが、落とすときにはメラミンスポンジを使うのが効果的です。
メラミンスポンジで有名な商品名には「激落ちくん」があります。
1. 水垢の落とし方
水垢はアルカリ性です。
アルカリ性の汚れを落とすのに適しているものは、酸性の性質のクエン酸やお酢になります。
① クエン酸水や酢水を作ります。
クエン酸水:水100mlに対してクエン酸小さじ1/2杯を溶かします。
酢水:酢と水を1:2の割合で混ぜます。
② 作ったクエン酸水や酢水をスプレーボトルに入れます。
③ 汚れている箇所にスプレーして1~2時間置きます。
汚れのひどいところにはペーパータオルを置いてその上からスプレーしましょう。
パックするようにすることで、汚れに浸透して落としやすくします。
④ その後スポンジでこすり洗いをします。
⑤ 水で流したあと、クロスやタオルで水を拭き取ります。

2. 流し台にクエン酸水をためて洗う方法
① 流し台に栓をして水を溜めます。
② その中にクエン酸を入れて溶かします。
③ そのクエン酸水を使って、底や壁などをこすり洗いをします。
④ この中にスポンジを入れる容器や三角コーナーを漬けて洗うのも効果的です。
⑤ 水で流したあと、クロスやタオルで水を拭き取ります。
しかしこの方法では頑固な汚れは取れませんので、これは日常のお手入れの方法の一つとしてやっていくのがいいでしょう。

3. 石鹸カスの落とし方
上記の方法をした後も白い汚れが付いている場合は、石鹸カスの汚れが付いている可能性が高いです。
石鹸カスは水垢と違い酸性なので、酸性成分の洗剤を使っても落ちません。
この場合はアルカリ性の性質の重曹を使いましょう。
① シンクを軽く水洗いします。
② 重曹をまんべんなくふりかけます。
③ 30分~1時間ほど置きます。
④ スポンジでこすって水で洗い流します。
⑤ 水で流したあと、クロスやタオルで水を拭き取ります。

4. サビの落とし方
シンクのサビには軽度から重度なものがあります。
もらいサビは軽度なものになりますが、赤いサビがついているのでは重度のサビになります。
なるべく赤いサビになる前に掃除をしたほうがいいですね。
サビに効果のある洗剤には、酸性と塩素系、研磨剤の3種類の洗剤があります。
① 軽度のサビの場合
メラミンスポンジでこすります。
もし落なければ、クレンザーとお酢を少しかけて、たわしでこすりましょう。
その後水洗いをします。
水洗いをした後はクロスやタオルで拭きます。
② 重度のサビの場合
酸性洗剤をサビの部分に付けて、その上からキッチンペーパーをのせます。
20分ほど置いてからスポンジでこすります。
長時間放置すると流し台が傷んでしまうので注意しましょう。
その後水洗いをします。
水洗いをした後はクロスやタオルで拭きます。

ステンレスの流し台が錆に強い理由は?

上記でサビの落とし方を紹介しましたが、ステンレスはサビに強い性質を持っています。
ステンレスの流し台をこすり洗いをするとどうしても傷がつきやすくなります。
こするとステンレスが傷つきますが、こすらない落とし方では汚れは落ちません。
またステンレスには普段から使用していることで傷はついていきます。
ステンレスの性質上、傷がついてそのまま放っておいても、酸化皮膜というのが形成されます。
この酸化皮膜が出来ることによって、コーティングされるので、ステンレスは錆びにくくなります。
しかし頑固な汚れがついてしまうと、かなり強くこすらないと汚れが落なくなってしまいます。
さすがに強い力でこすれば、傷もかなりのものがつきますね。
賃貸の場合、あまりに傷がついていると引っ越すときに流し台の交換が必要になるので、できるだけ簡単に汚れが落ちる時に掃除をするのがいいですね。

汚れのつかない流し台を保つ方法とは?

上記の方法で綺麗な流し台になったら、簡単な毎日のお手入れで綺麗な流し台を維持しましょう。
その時についた汚れは、酸性やアルカリ性にかかわらず、簡単にスポンジでこするだけで落とすことができます。
綺麗な流し台を維持するのは、毎日夕食後の片付けで食器などを洗った後、一緒に洗面台の掃除をしましょう。
1. 食器などを洗ったあと、流し台が軽く濡れているとき流し台の掃除を始めます。
2. 食器洗剤を濡れたスポンジに付けて、塗るように流し台全体をこすって落としましょう。
その時、強くこすりすぎると洗面台に傷がつくので注意しましょう。
水栓や細かい部分は使い古した歯ブラシを使ってこすりましょう。
3. 充分に水を流して洗剤を落としましょう。
4. 最後に乾いたクロスやタオルで流し台を拭きましょう。
濡れたままにして置くと流し台が白くくすんでしまい、水垢の原因になるので必ず水気を拭き取りましょう。

どうしても汚れが落ない時には?

どんなに頑張ってこすったり洗剤を使っても汚れが落ちない時には、プロのキッチンクリーニング業者に頼みましょう。
一度プロの手できれいにしたもらった後は、今回紹介した方法で綺麗な流し台を維持していきましょう。

ステンレスの流し台の掃除の方法を紹介しました。
頑固な汚れは一旦ついてしまうと、なかなか落とすのが難しくなります。
毎日のお手入れをすることにより、汚れが付くのを防ぐことができます。
また汚れを洗い流しても、水が付いたまま放っておくと、水垢の原因にもなります。
そのため、洗ったあとは必ず、水をきれいに拭き取りましょう。
毎日のお手入れを欠かさずにすることにより、綺麗でピカピカしたステンレス製の流し台になります。
そんなピカピカの流し台で毎日楽しく料理をしていきたいですね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です