子供が事故・怪我をしてしまった時の対処法

子供は動きが活発になってくると心配になるのは思わぬ事故や怪我ですよね。
まず、事故がないように環境を整えることが大切です。
万が一事故や怪我をしてしまった時に何となくでも対処法を知っておくと安心です。

★誤飲・誤嚥(ごえん)
誤嚥→子供は飲み込む力が弱いので食べ物でも喉に詰まらせてしまうことがあります。
窒息時は背中を叩いて吐かせましょう。固形物を吐かせる時は、頭を下向きにして数回強く叩きます。その時の体勢は片膝を立てて、太ももの上に子供の頭を下向きにうつ伏せにして肩甲骨の間の背中から上の方向へ平手で強く叩きます。異物が出たか口の中を数回調べて、もし出ていないようだったら異物が出るまで続けて下さい。

あと、注意するべきなのは呼吸がある場合…無理に吐かせない!!
誤飲した物によっては吐かせることで再度食道を傷つけてしまう、気道を塞いでしまう恐れがあるからです。
誤飲するのは固形物とは限りません。こわいのは、液体の方だと思います。
なんでも口に入れてしまう子は要注意です。
ここでは、吐かせてOKなもの、NGな物をご紹介します。

吐かせてOK
・防虫剤
・酒類
・シャンプー
・化粧品
・医薬品
水(または牛乳)を飲ませて出来れば吐かせた方が良いです。
何も飲ませないで吐き出させた方が良いものもあります。
たばこ、たばこの吸い殻入りの水、ホウ酸団子は何も飲ませないで出来れば吐かせるようにします。

吐かせてはNG
水(または牛乳)を飲ませ吐かせない
・漂白剤
・台所用洗剤
・トイレ用洗剤
・乾燥剤(シリカゲル)

何も飲ませない、吐かせない
・乾燥剤(石灰入り)
・マニキュア
・除光剤
・灯油

対処法がわからない場合は、中毒110番や医療機関に問い合わせてみて下さい。

すぐに救急車を呼んで助けたいところですが、落ち着いて状況を判断しましょう。

受診の目安
※救急車を要請した方が良い場合
●呼吸が全くない、声が全く出ない
●上記の何も飲ませない、吐かせないに該当した物、たばこ、吸い殻入りの水、ホウ酸団子を飲み込んだ場合。
●意識がない
●苦しそう
●顔色が悪い
●けいれんを起こしている
●血を吐いた

※診療時間外でもすぐ受診
●吐かせても出てこない
●化粧品、医薬品、マニキュア、除光剤、ボタン電池、先のとがったもの、複数個の磁石などを飲み込んだ

※診療時間内に受診
●飲み込んだものが心配ないもので量が少ない場合

間違ったケアは命に関わります!対処は慎重に行いましょう。

★転倒・転落した時
子供は危険を察知する能力が不十分で、体のわりに頭が大きく、転んだ時に手が出なかったりするので、転びやすいです。
我が家の娘二人も自宅の階段から転げ落ちた事があり、二女は唇を切って流血騒ぎに…。幸い頭を打っていなかったからよかったものの、階段は注意しなくちゃいけないな、と思いました。

頭を打ってしまった時の注意
以下の症状があったらすぐに脳神経外科のある病院を受診する必要があります。
●元気がなくぼんやりしていてすぐに眠ってしまう(意識障害)
●吐き気や嘔吐、気分が悪く食事をとろうとしない
●たんこぶでは説明できない頭痛を訴える
●会話がおかしい(会話の内容が混乱している、忘れる)
●けいれん・ひきつけがある
●片方の手足の動きが明らかに悪い、しびれを訴える
●はじめは軽度だったが次第に悪化している場合

※経過観察のポイント
まず、理解しておきたいのは頭を打った(受傷した)し出血があった場合、出血の始まりはあくまで受傷時点という事です。
受傷後1~3時間は特に注意する必要があります。
6時間、12時間、さらに24時間経っても元気なら安心して良いという事です。
その際、乳幼児は症状がわかりにくいですが、以下の点を参照してください。
●機嫌が良い
●ミルクの飲みや摂取量に変化がない
●元気に遊んでいる
●周囲に対する子供らしい注意や関心がある
上記の状況が続いていれば、問題ないと考えて良いです。
逆に、頭を打ってしまった時の注意の症状が途中から出てきた場合は、速やかに救急車で手術が可能な脳神経外科を受診するべきということです。

★出血した場合
砂が多い場所で遊んで転んでしまった時は一度流水で洗い流し、異物を取り除きます。
もし、なかなか出血が治まらない場合は、清潔なタオルやガーゼで傷口を5分以上強く圧迫します。
出来れば傷口は心臓より高い位置にして、数分間で止血できない場合や、傷口が深い時は受診しましょう。

鼻血の場合→鼻血が出た場合は、抱っこして前かがみの姿勢で止血します。
出血している小鼻の少し上を押さえて止血します。嫌がる様子がなければ、鼻の穴にティッシュをつめても良いです。
※あおむけの体勢は出た血を飲むことになってしまうのでNGです!
★やけどした場合
やけどの基本は流水で冷やすことです。保冷剤や氷水を直接あてると冷えすぎて正常な皮膚が凍傷を起こす恐れがあります。
あと、知っておいた方がいいのは、服の上からやけどをした場合は絶対に脱がせてはいけません!なぜなら皮膚がはがれる事があるからです。


★まとめ★
子供は予想外の行動をするものです。
思わぬ事故・怪我はママもパニックになりがちですが(大事な我が子なんだから当然)、とにかく一度落ち着いて的確な判断を出来るように普段からこういった情報を知っておくといいですよ。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です