キッチンの換気扇&フィルターの簡単な掃除方法を紹介!?どんな洗剤が効く? 

キッチンの換気扇やフィルターの掃除はなかなか普段の掃除ではしないのが現状ですよね。
1年のうち年末の大掃除の時だけしか掃除をしないという人も多いのではないでしょうか?
そんな換気扇の汚れは時間が経ってしまい、ギトギトに固まり、簡単には落ちません。
そのため大掃除の時には時間がかかります。
今回はそんな換気扇の掃除が簡単にできる方法を紹介しましょう。

換気扇やフィルターの汚れの原因は?汚れに効果的な
ものは?

キッチンの換気扇やフィルターの汚れの原因は、調理中の油が飛んでギトギトになったものやほこりが混ざって蓄積されたものになります。
そんな汚れは普段キッチンで使っている食器用の洗剤では落とすことができません。
そんな頑固な油汚れには重曹やクエン酸が効果的です。
重曹やクエン酸は100円均一に売っており、安価で購入することができるだけではなく、地球や人体にも影響がないので使いやすいです。

クエン酸のイラスト重曹のイラスト
重曹はアルカリ性で、クエン酸は酸性です。
それぞれ別々に使って汚れを落とすことができますが、重曹にクエン酸を加えることにより発泡します。
その泡を使って汚れを落とすこともできます。
この時に発生するガスは人体には影響はないものです。
重曹とクエン酸を使用するとき、重曹水や重曹ペースト、クエン酸水を作って汚れに吹きかけたり、塗ったりして使用します。

重曹水の作り方
重曹は溶けにくいので、ぬるま湯を使います。
ぬるま湯250mlに大さじ1杯の重曹を入れ、よくかき混ぜて溶かします。
重曹水はぬるま湯だと弱アルカリ性になりますが、沸騰させると強アルカリ性になるので、汚れがとても落ちやすくなります。

重曹ペーストの作り方
適当な容器に重曹を入れて、重曹3に対して水1くらいの割合で水を加えていきます。
それをかき混ぜてペースト状にします。
重曹の細かい粒は残ったままで大丈夫です。

クエン酸水の作り方
250mlの水にクエン酸小さじ1~2杯を溶かします。
重曹水、クエン酸水を100円均一で売っているスプレーボトルに入れて使用します。

換気扇フィルターの掃除方法
1. 換気扇のフィルターを取り外します。
2. フィルターに重曹水をスプレーします。
3. フィルターは小さな網目状になっているので、使い古した歯ブラシでこすっていきましょう。
4. その後、重曹が残らないように、十分にすすぎましょう。
5. スプレーしただけでは汚れが落ちない時には、フィルターに重曹ペーストを塗りましょう。
6. 塗るときには網目までしっかりと塗りこみましょう。
7. 10分ほど放置してから、使い古した歯ブラシを使ってこすりながら、十分にすすぎましょう。
8. すすいだあとは十分に乾かしましょう。
アルミ剥き出しの換気扇フィルターの場合、変色することがあるので重曹は使えません。
使う前に目立たないところで試してから、重曹を使いましょう。

汚れた換気扇のイラスト

キッチンの換気扇の掃除の方法
1. フィルターを取り除いたあと、ファンやプロペラなどのパーツを取り外しましょう。
取り外す時には、取り扱い説明書を読んでから外しましょう。
2. 取り外したパーツに重曹水をスプレーし、こすって洗いましょう。
3. こすっても汚れが落ない場合は、重曹水に漬けましょう。
4. この時、プロペラなどの部品は大きく漬けおきする容器がない場合は、ゴミ袋とダンボールを使って容器を作りましょう。
ダンボールの下面に穴を開けておき、その上からゴミ袋をかぶせましょう。
水を流すときに、下の穴から出たビニール袋を破くと水を流すことができます。
水の入った袋をひっくり返す力作業がなくなります。
ダンボールの中に2重でゴミ袋を入れて、その中に重曹水を入れましょう。
この時の重曹水はぬるま湯より熱湯を使用したほうが汚れは落ちやすいです。
5. 1時間ほど漬けおきしてから、水洗いをしましょう。
6. 漬けおきしている間に、換気扇の中を雑巾と重曹スプレーを使って掃除をしましょう。
7. パーツや換気扇の中の汚れがひどく、重曹スプレーだけでは落ちない時には、重曹ペーストを塗って、時間を置いてから水洗いをするか、きれいに拭き取りましょう。

クエン酸水を使った洗浄方法
重曹で落ちる汚れは酸性です。
上記のように重曹を使った方法で汚れが落なかった場合は、アルカリ性の汚れの可能性があります。
その時にはクエン酸水を使って洗浄してみましょう。
クエン酸水をスプレーするか、クエン酸水に漬けて洗浄しましょう。
クエン酸の代わりに、お酢を使っても洗浄することができます。
ただしお酢を使って洗浄するときには、お酢独特のニオイがあるので、そのニオイが苦手な人はやめたほうがいいでしょう。

市販の洗剤を使った掃除方法
市販の洗剤にはセスキ炭酸ソーダや酵素系漂白剤などを使用して掃除をすることもできます。
方法は重曹を使った方法と同じように、汚れに直接スプレーしたり、漬けおきをしましょう。

換気扇の掃除の頻度は?いつがおススメ?
掃除は年末の大掃除にする人が多いですが、実は汚れが落ちやすく掃除に適切な季節は、気温が高い夏がオススメです。
漬けおき洗いをする方法を紹介しましたが、温かいお湯に漬けることにより、汚れが剥がれやすくなります。
冬場だと気温が低く水温が下がりやすくなりますが、夏場だと気温が高いので、水温が下がりにくく、効果的に汚れを落としやすくなります。

まとめ
換気扇の掃除は大変で、どうしても掃除をするのがおっくうになります。
換気扇の掃除は大変だと思っている人が多いと思いますが、今回紹介した方法では簡単にできますし、重曹やクエン酸は安価で購入できます。
年に1回の掃除では汚れがかなり付いており、掃除も大変になりますが、適度に掃除を行うことにより、毎回簡単に汚れが落とすことができ、短時間で掃除も終わります。
また頑固な汚れになると自分で簡単に汚れが落とせなくなり、プロを頼んで掃除をしてもらうことが必要になります。
そうならないように、適度に掃除をすることは大切です。
今回紹介した方法では、簡単に掃除ができるので、時々換気扇の汚れの程度を確認しながら、適度に掃除をするように心がけましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です