洗濯機のカビが取りきれない!対処法は?

洗濯をしていると、臭い残りが気になることはありませんか?
洗い上がりは洗剤や柔軟剤のいい香りがするのに
乾いてみるとなんだか生臭いような変な香りがしているというような
経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

その臭い残りの原因は、洗濯槽についたカビが原因だったのです。

洗濯物のにおり残りが気になっている人に洗濯槽の黒カビの原因や
対処法について紹介します。

洗濯機のカビが取りきれないときの対処法は?

ドラム式洗濯機のイラスト

私は子供も小さいこともあり洗濯槽の槽洗浄は週に1回のペースでしています。
ですが、いくら槽洗浄をしてもまたすぐににおいが気になってくるのです。
洗濯槽を洗浄しても黒カビは取りきることができ困っていました。
いつも洗濯の「槽洗浄コース」で洗浄していたのですが
洗浄する前と変わらない気がしてもう買い替えに時期?と悩んでいました。

まだ5年も経っていない洗濯機だったので
買い替えにして早いような気がしていました。

洗濯機も高価なものなのでそんなに頻繁には買い替えはできませんよね。

買い替えをする前にどうにか黒カビを撃退できないかと
調べていろいろ試してみることにしました。

今回は私が試した中でも洗濯槽の黒カビに1番効果的だった方法を紹介します。

用意するのは酸素系の洗剤だけです。
これひとつで、洗濯槽のカビをとても綺麗にしてくれるのです。

酸素系の洗剤は発泡力が強いのが特長です。
発泡力が強いため汚れを剥がしてくれるのです。

酸素系の洗剤自体ににおいもないので洗濯物に
におい移りがしないかと心配する必要もありません。

それではここからは槽洗浄のやり方を紹介しますね。

① 洗濯槽を空っぽにする
まずは洗濯槽の中を空っぽにしましょう。
洗濯物が残っていたら、色落ちの原因になります。

② お湯を高水位まで入れる
お湯の温度は40〜50℃が適温です。
酸素系の洗剤はこの温度が1番効力を発揮してくれます。
水では効力が半減してしまうので要注意です。

③ 酸素系洗剤を入れる
目安としてはお湯10リットルに対して100グラムです。

④ 洗濯機を回す
「洗う」コースで洗濯機を5分回しましょう。
この段階で黒カビが浮いてくるのでネットですくいます。

⑤ そのまま一晩放置
浮いてきたゴミをネットである程度すくったら
お湯は捨てずにそのまま放置してください。
洗濯槽の奥に潜んでいたカビがだんだん浮いてきます。

⑥「洗い」コースで回す。ゴミをすくう。
 1回目にすくったゴミ以上のゴミが浮いています。
 ネットで「綺麗」にすくい取ってください。
 ゴミの取り残しが多いと排水の際に詰まって故障の原因になります。

⑦すすぎ洗い
 「すすぎ」コースで仕上げにすすいで排水します。

⑧仕上げに1回洗濯機を回す
 その後1度綺麗な水で1回洗濯機を回す取り残しはないでしょう。

私も洗濯機のカビが気になりこの方法を試してみたのですが。
驚くほどにゴミが出てきました。
見た目ではわからないところに潜んでいたカビやゴミが出てきます。

こんな洗濯機で洗濯をしていたのかと恐ろしくなるほどでした。

私が試した中ではこの方法が時間はかかりますが1番効果的でした。
洗濯機のカビに悩んでいる人には1度で試してもらいたい方法です。
ぜひ試してみてください。

洗濯機の黒カビの原因ってなに?

洗濯槽の見えない部分にまで発生してしまうカビ。
どうしてカビが発生するのか原因が気になりませんか?

洗剤を使って毎回綺麗にしているのだから洗濯機にカビが
発生する仕組みってわからないですよね。

実は洗濯機を回せば回すほど、カビは発生してしまっているのです。

洗濯物の汚れを落とすのに、洗剤を使いますがその洗剤の溶け残りや
衣類についた皮膚のタンパク質汚れがカビのエサになっていたのです。

栄養分さえあればカビはどこにでも発生することができるのです。
このようにしてカビは洗濯機の中にどんどん繁殖していってしまうわけですね。

洗濯槽の掃除はどのくらいの頻度ですべき?

洗濯物を綺麗にするために洗濯しているのに
カビだらけの洗濯槽で洗濯をしてしまったのでは
洗濯している意味がなくなってしまうような機はしませんか?
せっかく洗濯するのなら洗濯物は綺麗になるほうがいいに決まっていますよね。

そのためには定期的に洗濯槽のお手入れをしましょう。

まずは週に1度は洗濯槽を乾燥させましょう。
洗濯機についている「槽乾燥」の機能を使うといいでしょう。

カビは湿度の多い場所を好みます。
洗濯槽を乾燥させるだけでもカビは繁殖しにくくなります。

そして月に1度は洗濯槽の洗浄をしましょう。

先ほどお話しした方法は時間も労力もかかります。
そこまでしなくても日々のお手入れは塩素系の漂白剤を洗濯槽に入れて
「槽洗浄コース」をまわすだけで効果がありますよ。

そして半年に1回、年に1回などのペースで先ほどお話しした
そう洗浄をすると洗濯機は綺麗な状態を保てます。

日頃のお手入れひとつで、洗濯物のにおい残りも気にならなくなります。

洗濯物をたたんでいる人のイラスト

面倒くさがらず、日頃から洗濯槽のお手入れを心がけましょう。

 

まとめ

せっかく綺麗にするために洗濯をするのですから
綺麗な洗濯機で洗濯したいものですよね。

におい残りや汚れが落ちない原因は洗濯槽のカビにあります。

日頃から洗濯槽も綺麗な状態に保つことが
におい残りをさせない方法なので槽洗浄をしっかりしましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です