自宅に幼稚園のお友達が集まると起こる、いろいろなこと

我が家は月に何度か、自宅に幼稚園の友達を招いて遊ぶことがあります。
逆に友達の家で遊ばせてもらうこともよくあって、
子供はどちらの機会もとても楽しんでいる様子です。
友達の家で遊ぶと、初めて見るおもちゃがいろいろあったりして
新鮮な気持ちになりますよね!
いろんなお宅にお邪魔することで私自身もワクワクして、
子育てをしながら楽しいと感じた貴重な時間でした。

子供が年中だった頃までは自宅&友人宅で遊ぶタイミングを
親同士でコントロールしていましたが、
年長になると子供同士で勝手に約束をしてきていました。
子供の友達から「今日○○ちゃんちに行ってもいい?」と急に言われて
困ってしまったことが何度もありました!

そのため、年長になってからは、突然友達が来ても
受け入れられるように頻繁に掃除をしています。
そんな事情が無くても、本当はいつでも家を綺麗に保っておければいいんですけどね。

そこで今回は、幼稚園児が自宅に集まった時に
起きるいろいろな出来事や対応策をまとめてみました!!

【おやつで子供達が大戦争!どうすれば平和?】

こちらの画像は、特別な時に友達からもらったマフィンを撮影したものです。
幼稚園の友達が来る時だと、
こういう華やかなお菓子を用意することは全くないです。
いつも出しているのは、スーパーやコンビニで売っている
お手軽なお菓子ばかりです。
我が家だけでなく、友人宅もいつもそうなので
特に気合いを入れておやつを用意する必要が無くて楽です!

定期的に幼稚園の友達を自宅で遊ばせるなかで、
平和な時間を過ごすための“おやつの出し方”を学びました。
大したことではないのですが、スナック菓子などのおやつは
大皿ではなく子供一人ひとりに小さいお皿で出してあげた方が良いです。
そして、小さいお皿に乗せるお菓子は
すべて数を統一させることがポイントです!
誰かの分だけチョコが多かったり、ポテトチップが多かったりすると、
モメ事の種になるので気を付けましょう。

激しい性格の友達が来る時は、
プラスチック製のコップとお皿を使うようにしています。
幼稚園児のケンカはなかなか激しいので、
ガラス製の食器だと割られてしまうリスクが非常に高いです!
ケガは絶対に防がなければならないし、
食器が割れたら私が悲しいし、
きまずい思い出が出来てしまいますね。

まだ自宅に友達を呼ぶことに慣れていない頃、
よく大皿にお菓子を乗せて出していました。
すると、お菓子が大好きな子供がものすごいスピードで
食べ尽くしてしまったのです!
それをおもちゃに気を取られていた子供たちが気付いて、
「僕はお菓子を食べてないのに、無くなっちゃったー!」と泣きだしてしまいました。
その時はお菓子の量を多めに出していたはずだったので、
まさか1人が食べ尽くしてしまうとは予想外でした!!

【人知れず悩んでいた、パワフルな男の子の友達に
ついて】

自宅に子供の友達を招くなかで、人知れず悩んでいたことがありました。
それは、仲良くしている幼稚園の仲間で
あまり家に招きたくない男の子がいたことです。
それまでに抵抗を感じたことは無かったのですが、
その男の子は年長になって急に危険なほどパワフルになってしまいました。
決して悪い子ではないのですが、とにかく見ていてヒヤヒヤします。
その子のお母さんは穏やかであまり似ていない感じです。

うちで遊んでいた時に、その子のことで困ったことがいろいろとありました。

① おもちゃ箱を投げてフタを壊してしまった。(あとで夫が修理をして問題解決)。
② ドアにうちの子供の手を挟んで大騒ぎ。
③ 閉まってあったスライムを勝手に出して部屋に巻き散らした。

どの時にも大人が何人も同じ部屋にいたので、
私も含めお母さん達の管理不足と言えます。
お母さん同士は会話に集中してしまうことがよくあり、注意しなければいけないことですね。
とはいえ、毎回トラブルが起きる原因がいつも同じ男の子で困りました。
ちなみに、みんなに出したはずのお菓子を食べ尽くしてしまったのも
この男の子でした。

当然というべきか、なるべくその男の子を自宅に招きたくない気持ちになります。
そして、そう思ってしまう自分は許容範囲が狭いと思い罪悪感も生まれました。
結局そのモヤモヤした気持ちは誰にも話さないまま卒園を迎えました。
運良くその男の子とは別の小学校だったので、悩みは自然に解決となりました。

ここで学んだのは、自分の子供が友達の家で
乱暴な動きをしていないか、きちんと見ていなければと感じたことです。
私のように、その悩みを言葉にしないまま
モヤモヤとして気持ちを感じるお母さんがいるはずです。
そうならないように、子供にしつけをしていこうと考えるようになりました。

【まとめ】
自宅に友達を招くタイミングもメンバーも、
いつもその日ごとに子供達の様子次第で流れに従っていました。
うちの子供も含めて、幼稚園児はとても気分にムラがあります。

私が家の掃除をきちんと出来た日に
「今日お友達をうちに呼んでもいいよ」と言っても、
子供が「今日は1人で遊びたい」と言う日は気分が乗らないようです。

ただ、だんだん子供が私の様子も見ながら
決めてくれることが多くなってきた気がします。
これは成長の証といえますね。
「いつでも友達を呼んでいいよ!いつでも家を綺麗にしておくよ!」とはとても言えない、
容量の悪い母親を理解してくれている気がします。
なるべく子供にとって良い思い出を増やしてあげられるように、
出来る限り遊ぶ時間をサポートしていきたいです。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です