産後の子育て!ママが感じる不安の原因とは?どうしたら楽になる?

約10か月の妊娠期間を終え、出産というゴールを迎えたママさんたち。
大仕事が終わって一息・・・と思いきや休む暇なく始まるのが赤ちゃんのお世話!
初めての出産、初めての育児はわからないことだらけなのに、赤ちゃんは待ってくれません!
何をするにも初めてばかりでいろいろと不安に感じることも多いと思います。
もちろん出産後すぐに体調やホルモンバランスが戻るわけではなく、
産後のママさんの身体も本調子じゃないですよね。
赤ちゃんはかわいいけど不安は積もるばかり。
今回は産後にママが感じる不安とその対処法についてご紹介します。

産後はホルモンも不安定!新生児との生活の不安とその
対処法

産後すぐはママの体も心も不安定。
これは女性ホルモンが急激に低下することから起こるといわれています。
いわゆる「マタニティ・ブルーズ」とも呼ばれる症状です。
情緒不安定になったり、涙もろくなったり、気分が落ち込んだり、
疲労感・不安感・緊張などを強く感じたります。
おおよそ2週間ほどで症状は落ち着く傾向にあるといわれています。
不安感を感じるのはホルモンバランスも関係しており、
仕方のない!と思うと少し気分が楽になるかもしれません。

しかしこのマタニティ・ブルーズが悪化すると産後鬱へ移行する可能性もあります。
不安を感じたり、気になることがあれば周囲への意見を求めましょう。
また、産まれたばかりの赤ちゃんはふにゃふにゃでお世話をするにも
とっても気を使ってしまいますよね。
不安を感じる原因として「緊張・責任感」があります。
私ががんばらないと、お世話をしてあげないと、ずっと見てないと、と気負ってしまうことで精神的な緊張や疲れに繋がりそれが不安感の原因になることも。

この赤ちゃんへの漠然とした不安感を楽にするのはやはり周囲の人の協力です。
夫や両親などに話をするだけでもかなり楽になります。
また家族に相談しにくい方などはSNS上で同じ時期に出産した人の記事などを
みるものおすすめです。
リアルタイムで同じ悩みを抱えるママたちの声を聞いたり交流を持つことで
不安感を軽減できるかもしれません。

想像してなかった・・・母乳育児に関する不安とその
対処法

そしてホルモンバランスの乱れ以外にも母乳に関する不安を抱えるママさんは
多いです。

私も実際出産をするまで母乳育児がこんなにきついとは思いませんでした。
そして、出産をしたらすぐに母乳育児ができると思っていました・・・。
出産してすぐは母乳が多く出るわけではなく赤ちゃんに吸ってもらうことで
だんだんと母乳育児が波に乗ってきます。
この吸わせる期間、とってもつらいですよね。
母乳がすぐに出る場合はいいですが、私は産後、病院を退院してしばらくは
この辛い時期が続きました。
授乳ってママと赤ちゃんのゆっくりとした時間・・・のイメージがありましたが
最初は痛い!としか思えませんでした。
馬油を塗り、痛みに耐えて授乳をし、でも結局あまり出ずミルクを上げての繰り返し。
乳首が切れてしまったり荒れてしまったりでピークの時は
あまりの痛さに泣いてしまったこともあります(笑)

本当に出るようになるの?痛みはいつまで続くの?と不安で仕方なかったです。
そして母乳は授乳回数も多く、母乳をあげミルクをあげおむつを替えて
一時間したらまた母乳、なんてことも。ママも疲れてしまいますよね。
このまま母乳が出なかったらどうしよう。でたとしても授乳が痛すぎてやっていけるのかと
不安になっていましたが、この不安を解決してくれたのは助産師さんでした。

私がおすすめするのは「おっぱいマッサージ」に行くこと!
産院で開催されていることもあれば、助産院などにいくのも方法かと思います。
このマッサージを続けることでかなり母乳の出がよくなりました。
そしてもっと嬉しかったのが助産師さんとお話できたことです。
いくつかの助産院にお世話になりましたが、
どこへ行ってもマッサージの間、不安なことや赤ちゃんに関しての悩みなどを
しっかりと聞いてくれます。
そして、わからないことが解決したり、プロの意見を聞くことでかなり不安が少なくなりました。
カウンセリングもかねてマッサージをしてくれる助産師さんも多いです。
ぜひ母乳育児に躓いたときは訪問してみるといいでしょう。

体力の限界・・・睡眠不足からくる不安とその対処法

そして新生児期にとっても辛いのが睡眠不足。
今までの人生でこんなに細切れ睡眠をとることってないと思います。
母乳を上げておむつを替えて寝かしつけて、やっと寝たと思ってベッドに寝かせたら
すぐに起きてしまうことも。もう一度寝かしつけをしていたら次の授乳時間になってたりしますよね。
新生児期はママに昼も夜もないです。
里帰りを終え自宅へ戻ってからは本当にいつか倒れてしまう!と感じていました。
いつになったら寝れるの?いつまでこの生活が続くの?と不安になることもあると思います。

この対処法としてはたまにはママの睡眠不足を解消し、疲れをとることですよね。
とはいえ母乳育児をしているとなかなかまとまった睡眠はとり辛いもの。
でもたまにはママも休んだっていいんです!
両親や夫など頼れる人がいれば、一回の授乳だけ変わってもらいましょう。
起きている間に搾乳してそれを飲ませて貰ってもいいですし、ミルクでもいいと思います。
私は搾乳出来たら母乳を、搾乳する元気すらないときはミルクでお願いしていました。
母乳での授乳が終わったら、次起きたらこれを飲ませてねと頼んで寝かせてもらうのも方法です。

そうすれば多少まとまった睡眠がとれますし、疲れも軽減されます!
また頼る人が近くにいない場合は夜の授乳の一回をミルクに替えるといいそう。
一般的に母乳よりミルクのほうが腹持ちがいいので長めに寝てくれると言われます。
もちろん胸が張って痛くならないのであれば夜の授乳数回はミルクにしてもいいで
しょう。

完全母乳で育てたい!と思う方もいるかもしれませんが、
それでママが倒れてしまっては本末転倒です。
本当に限界だなと思ったら周囲に助けを求めるか、適度に休憩をしましょう!
ママが元気でいることが赤ちゃんにとっては重要です。

まとめ

赤ちゃんはかわいいですが、新生児期はとっても大変ですよね。
不安や疲れをずっと抱えて生活するのは辛いと思います。
しかし、思い返してみると新生児の時期はとっても短いのです。
あっという間に大きくなります。そしておっぱいを吸うかわいい姿も見れなくなります。
そう考えると新生児期の姿をしっかりと目に焼き付けたいですよね。
そのためにも、適度に周囲の力を借り、息抜きをしながら赤ちゃんとの生活を楽しんでいきましょう!


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です