雨の日 お出かけ 

雨の日でもアウトドア派の人や、子供はお出かけしたいですよね。
東京には雨の日でもOKな魅力的なお出かけスポットがたくさんあります。
●アドミュージアム東京
カレッタ汐留にあります。
『広告を通して新しい発見に出会う場所』世界に例のない広告ミュージ
アムです。

広告の社会的・文化的の価値への理解を深める場所になります。
展示・イベントをやっているようです。展示は常設展示と企画展示があります。
常設展示にはニッポンの広告史、視聴ブース『4つの気持ち』、コレクションテーブルがあります。
イベントは企画展示イベント『ヒューマンライブラリー』と『クリエイティブ・キッチン・イベント』があります。サイトにて応募する形で定員はあるようです。参加出来たらラッキーかもしれませんね!
アドミュージアム東京ライブラリーでは日本で唯一の広告コミュニケーションに関する専門図書館です。貸し出しはしていないですが、2万7000点の資料をどなたでもご利用いただけます。

●夢の島熱帯植物館
夢の島植物館は、公共機関では東京メトロ有楽町線・JR京葉線・りんかい線『新木場駅』下車徒歩15分前後で着きます。熱帯植物と私たちとの生活の関わりを広く紹介するための施設です。
大温室で様々な熱帯植物と植物が生み出すエキゾチックな風景を楽しみ、映像ホールや情報ギャラリー、イベントホールで植物や熱帯の知識を得られます。
夢の島と言えば、ゴミの島のイメージですよね。ゴミ焼却熱がエネルギー源の熱帯植物園です。普通、東京では見られないような熱帯植物が生えているのでまるで南国にトリップしたような気分になりそうです。とても温かいので肌寒い時期や冬に行ってもよさそうですね。ネックなのは、駅から遠いことです。あまり小さい子供がいる方は車で行った方が良さそうですよ。

●江戸東京博物館
アクセスはJR総武線両国駅西口下車徒歩3分、都営地下鉄大江戸線A3・A4出口徒歩1分路線バスもあります。墨田区内循環バス「すみだ百景すみまる君・すみりんちゃん(南部ルート)」「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」下車、徒歩3分
開館時間:9:30~17:30(土曜日のみ9:30~19:30)
常設展示観覧料
個人
大人 600円
大学生・専門学生 480円
高校生・中学生(都外)・65歳以上 300円
中学生(都内在住・在学)・小学生・未就園児 無料
身体障害者手帳・愛の手帳・療養手帳・精神障害者保険福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方及び付き添いの方は無料です。
観覧券は1階から3階のチケット売り場でお買い求め下さい。
東京都江戸博物館は、江戸東京の歴史と文化を振り返り、未来都市と生活を考える場として1993年に開館しました。高床式の倉をイメージしたユニークな建物で東京を代表する観光スポットとして多くの方にご来館いただいています。
B1~7Fまであります。
だれでもトイレ(オムツ替え)や、授乳室(1F・5F)もある(給湯器はありませんが、1F総合案内所で希望すればもらえるようです)ので乳児連れでも安心ですね。
車椅子、ベビーカーも貸し出ししています。
お年を召した方の観覧が多いせいか、救護室も1F・5Fにもあるようです。
筆談器・点字ガイドもございますので、障害がある方にもとても優しいですね。

●葛飾区郷土と天文の博物館
京成電鉄本線「お花茶屋駅」北口徒歩9分、亀有駅(JR常磐線、地下鉄千代田線直通) 京成タウンバス 新小58系統・「新小岩駅」から「亀有駅」行きにご乗車いただき、「亀有駅」バス停下車、京成タウンバス有57系統・「葛飾区役所」または「タウンバス」車庫行きに乗り換えるか、徒歩25分。
月曜日、第2・4火曜日が休館日です。火曜日~木曜日・日曜日・祝日 午前9時~午後5時 金曜日・土曜日(祝日を除く)午前9時から午後9時
入館料
大人100円 小中学生50円 幼児無料
プラネタリウム観覧料
大人350円 小中学生100円 幼児(席を使う場合)50円
お得な年間パスポートもあるようです。
葛飾区郷土と天文の博物館は、郷土かつしかの自然と人間の歴史や、宇宙を身近なものとして体験する「場」とするために建設されました。
プラネタリウムが魅力の場所ですね。車椅子用のスペース2台分用意があるようです。ろう学校、盲学校用向けのプラネタリウム番組の用意出来るそうです。バリアフリーもしっかりしているようで、誰でもトイレ、ベビーベット、ベビーチェア、オムツ替えシート、授乳室(1F)があります。
価格も安くて魅力的で近くの人はうらやましいな、と思います。

●地下鉄博物館(ちかはく)
電車好きにはたまらない博物館です!東京メトロ東西線葛西駅高架下にあります。
『学ぶ』コーナーでは日本で初めて走った車両があり、乗ることも出来ます。それ以外にも鉄道全体の事を楽しく学べます。
館内には国の重要文化財に指定された車両(1001号車)が展示されています。
『楽しむ』コーナーでは揺れまで体験できる千代田線のシュミレーターをはじめ、銀座線、有楽町線、東西線のシュミレーターが運転できます。
メトロパノラマ、地下鉄Q&Aなど大人も楽しめそうです♪
疲れたら休憩コーナーもあり、菓子パンやジュースや軽食を売っていますが、魅力なのはお弁当持ち込みOKなところですね!休憩コーナーには絵本もあるようです。

●まとめ●
まだまだ東京には雨の日でも楽しめる場所はたくさんありますが、一部をご紹介しました。大型デパート内に室内遊園地がある場所も結構あります(1日遊んでも1人1500円以内で遊べる場所がほとんどです)お出かけの参考になれば幸いです。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です