子供が機嫌悪い時の対応

赤ちゃん期~幼稚園入園前くらいはよく機嫌が悪くなったり、ぐずって多くのママを困らせますよね。機嫌が悪くて泣いているのはわかるけど、あまりに泣き続けられると心配にもなりますよね。そんな時イライラしてしまう気持ちはわかりますが、怒鳴ってしまっては逆効果です。赤ちゃんは泣くのが仕事なんだ、と自分に言い聞かせると少し落ち着きますよ。何故泣いているのか考えてみましょう。

★なぜ泣いているのか?
赤ちゃんの時は、何かしらの不快感があるから泣きます。お腹が空いて泣くか、オムツが気持ち悪いから泣くか、眠い、暑過ぎる、寒過ぎるなど生理的要因が多いので至ってシンプルです。体調が悪くて泣いている場合もあるので注意です。精神的不安で泣くこともあります。0~4ヶ月の赤ちゃんはママの胎内とは異なる外界に慣れずに泣いて不安を訴える事もあるようです。この場合は優しく抱っこしてユラユラしてあげたり、おくるみをしてあげると落ち着きます。

1歳を過ぎると自分の要望が通らなかったり、気分が乗らない事を強要されたり、したくない事をさせられそうになると途端に機嫌が悪くなり、泣いて拒否します。
一度泣きスイッチが入るとなかなか泣き止めない子供もいます。かんしゃくを起こしている場合も同様で、なかなか泣き止みません。そういう場合はある程度対応したら放っておいて落ち着くのを待つしかないです。

★どうしたら泣き止む?
不安な気持ちをしっかり受け止めて、気分転換させます。泣き止ませの鉄板3つの方法があります。
1.不思議な音で泣き止ませ
例1.レジ袋のカサカサ音
例2.低温のドライヤーの音
例3.テレビのノイズ音(ザーッという音)
ほかに心音、お茶をすする音、掃除機の音、水が流れる音も赤ちゃんが好きな音です。
2.風の力で泣き止ませ
例1.うちわでパタパタ仰ぐ
例2.おなかに息を吹きかける
例3.顔にフーッと風を吹きかける
風のふわっとした感触が好きな子が多いので、鉄板のようです。ドライヤーは音+風の最強の泣き止ませ道具ですね!しかし、赤ちゃんに風が当たらないように行いましょうね。

3.空間移動で泣き止ませ
泣いてしまったら同じ場所であやすより、場所を変えた方が気分も変わりやすいですよね。環境が泣き止まない原因になっている場合もあります。
室内であれば大きい鏡がある場所に行って泣き顔を見せれば、鏡に映っている自分の顔を見たらゴキゲンになるかもしれませんし、鏡などが無かったらママが歌を歌いながら別の部屋に移動するのも良さそうです。お天気が良かったらベランダや玄関先などに連れて行って外気に触れさせるとゴキゲンになったりします。

4.気持ちを受け止める
1歳を過ぎれば自分の意思もはっきりしてくるので、気持ちを代弁して『○○したかったんだね』と言ってあげることで落ち着くこともあります。

5.他の事に興味をうつす
自分の要求が通らなくて泣いている時は、外にいれば、犬や猫を見せて興味をうつします。歌を歌ったり、好きな遊びに誘うなどしても良いですね。興味がありそうな絵本を読んでも良さそうです。月齢が低い場合は鏡が効果的です。

6.スキンシップをする
抱っこやおんぶはどの月齢の子供でも好きなので、落ち着くことが多いです。子供を抱きしめるとママの気分も落ち着くのでおすすめの方法です。月齢が低い場合でも出来ますよ!

7.こちょこちょする
スキンシップや遊びの延長で取り入れられる方法です。耳の中をこちょこちょすると、触れられたことのくすぐったいのか、条件反射で泣き止む場合もあるようです。
そのままふれあい遊びをしてあげても良さそうですね!

8.泣き止む動画を試してみる
赤ちゃんが驚くほどピタッと泣き止む動画というものが存在します!
泣いている子がゴキゲンになるかもしれない!?動画をご紹介します。
・ふかふかかふかのうた
昔のロッテのお菓子のCMですが、子供が喜ぶ鉄板動画の一つです!研究して作ってあるので科学的根拠もあるようです。
・タケモトピアノのCM曲
最近知りましたが、この曲を聴くと赤ちゃんがピタッと泣き止むそうです。
赤ちゃんが好む要素が多々あるようです。リズムがコロコロ変わるのも良いみたいですよ♪トリビアの泉でも紹介されました。
・テレビのホワイトノイズ音+心臓の音
テレビの砂嵐は胎内と似た音なので、赤ちゃんが落ち着く音です。いつの間にか寝てしまうこともあるようですので、寝かしつけの音楽としても効果的です。

★まとめ★
子供に泣かれてしまうと心配になったり、途方に暮れてしまったりしてしまいますよね。自分を責めてしまう方もいらっしゃることと思います。ですが、泣く=感情が出せている、成長している証拠です!ギャン泣きになる前に泣き止ませてあげたいですね。
まずは、優しく抱きしめて、『愛している』、『見守っている』と温もりを感じながら心を落ち着けましょう。そうすることでお互い気分が落ち着きます。子供が興味を持ちそうな事を関わりで見つけ出すのも効果的ですよ!安心感を与える事が大切です。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です