近々七五三を予定しているけど、身内に不幸が…どうしたらいい?

秋になると子供のいる家庭では、子供の一大イベントがありますよね!

そう!七五三です。

七五三のお参りをする年齢の子供がいると
秋になり七五三シーズンが近づくとプランを立てて準備をしますよね。

そんな中、身内に不幸があった場合
子供の七五三のお祝いはどうしよう…と考えますよね。

今回は、七五三を目前にして身内に不幸があった場合の
七五三のお祝いについてお話していきます!

七五三は身内に不幸があった場合は自粛するべき?
その理由とは?

まずはじめに七五三とはなんのためにするのかお話しておきます。
七五三とは7歳、5歳、3歳の子供の成長をお祝いする行事なのです。

七五三のお祝いをする日は11月15日というイメージがありますよね。

実は11月15日にこだわる必要はなく
11月下旬で六曜の縁起のいい日の家族でお祝いするというご家庭が
最近では増えているんですよ♪

七五三シーズンが近づいてくるとママも準備をしなくては!と
七五三の準備を始めると思います。

子供の七五三のために準備をしている最中に身内に不幸があった場合や
七五三を行うはずの年に身内に不幸があったときには
七五三のお祝いをどうするべきか悩むことでしょう。

身内の不幸はいつ何時やってくるかはわかりませんものね。

喪中の間はお祝い事など祭礼行事への参加や神社へのお参り
結婚式または新築などおめでたいことは控えるべきとされています。

七五三も神社に参拝しますし子供の成長を祈ってご祈祷もしてもらいますよね。

神社は死を「穢らわしいもの」または「死を忌む期間」として
忌中の間は鳥居をくぐってはいけないという掟のようなものが存在しています。

一般的には七五三も神社に参拝して子供の成長をお祝いする行事なので
忌中の間は神社に参ることができないため自粛するべきとされています。

しかしこれはあくまでも一般論にすぎません。

亡くなられた人の気持ちになって考えてみてください。

七五三というものは子供の成長を祝う行事です。
亡くなられた人だって子供の健やかなる成長を心から願っていることでしょう。

なので、喪中だから絶対にお参りをしていけないということはありません。

亡くなられた人も、子供の七五三の晴れ姿きっと楽しみにしていたはずです。

ですが、実際に世の中にはいろいろな考え方の人がいるものです。
親戚の中には不幸があったのにお祝いごとをするなんて非常識!
と思う方も中にはいることでしょう。

そのようにまわりの人の気持ちも考えると、喪があけていないうちに
お祝い事をすることは自粛したほうがいいといえるでしょう。

なので、喪中期間に七五三を控えているときは
親族にどうしたらよいか1度相談することをおすすめします。

身内に不幸があった場合でもできることは?

晴れ着を着たりと子供たちにとっても楽しみにしているはずの七五三。

せっかく子供の成長をお祝いする行事なのですから親としては
七五三は行ってあげたいと思いますよね。

周りのことも考えて神社に参拝することは控えることにしても
七五三のお祝いはできることもあります。

例えば…
・晴れ着を着て、家族で記念撮影をする
・ 家族で食事会をする
・ 子供には千歳飴を準備してあげる
このように神社に行かなくたってなどできることはたくさんあります。

七五三があるからと、前々から張り切って子供のために
晴れ着を準備している家庭もきっとあるでしょう。

また亡くなられた方も生前は晴れ着姿を楽しみにしていたはずです。

全てを自粛するのではなく、できることはしてみるものいいでしょう。

また、義理の両親やご自身の両親に確認し喪中ではあるが
七五三をしてもいいと言われる方も中にはおられることと思います。

そのような場合は、参拝する予定の神社に前もって確認してから
大丈夫なようであれば神社に参拝し七五三を行える場合もあります。

その代わり自己判断はせずに
きちんとご両親に相談した上で行うことにするとよいでしょう。

四十九日を過ぎていれば、参拝してよいと言われることも多いです。
目安としては四十九日を過ぎているかどうかということです。

七五三は11月に行うことが多いですが、家庭の都合によっては
11月ではなく10月や12月などに行う家庭もありますよ。

11月にできなかったと諦めず四十九日が過ぎてから、
送らせて七五三をするという方法もありますよ。

まとめ

七五三を予定している場合に身内に不幸があった場合
七五三をどうするべきかママとしては悩みますよね。

ひとつの目安は四十九日をすぎているかということです。

四十九日前の場合は、家族に相談し大丈夫ということであれば
七五三参りに行ってもいいでしょう。

しかし、よくないということになれば無理に11月にしなくても
12月になってなど時期をずらして行う方法もあります。

また、記念撮影や食事会をして七五三をしたことにするという方法もあるので
いい方法を選んで七五三をしてみてくださいね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です