みんなはどうしてる?幼稚園の選び方

子供が大きくなってくるとだんだん気になるのが幼稚園です。
近所に幼稚園があまりないという場合はそんなに悩まないかもしれませんが、
家の周りに幼稚園が
たくさんある場合はどこにいれたらいいかわからなくな
りますよね。

そこでこの記事では幼稚園を選ぶ際のポイントをまとめてみました。
ぜひ幼稚園を選ぶ際の参考になさってください。

幼稚園の情報収集はどうすればいいの?

いまの時代、情報を集めるとしたらまずはインターネットですよね。
たいていの幼稚園ならホームページがあるはずなので、だいたいの基本情報はそこで集められます。
住所や登園方法、バスの送迎範囲や月謝の値段、幼稚園の経営理念など一通りのことはわかるでしょう。
しかしはやりホームページ上で書かれていることや写真だけでは実際の幼稚園の様子のすべてはわかりません。
いくつか候補があがったら、やはり実際に自分の目で見てみるのが一番です。

それにはまず幼稚園に見学の申し込みをしましょう。
幼稚園の説明会でも様子はわかりますが、やはり個別でじっくりと見て回ったほうが幼稚園の様子はわかります。
その際にはその園の子供たちや先生の様子も観察しましょう。
先生たちはしっかり園児たちをみているか、必要以上に怒鳴ったり怒ったりしていないかなど、普段の様子を見ることはとても大事です。

また見学や説明会で園長先生の人柄や教育方針を確認しておくことも大事です。
人柄は良くても教育方針が家庭の方針と全然違ったりする場合は不満がたまりやすくなります。
できるだけ共感できる教育方針をもった園長先生のいる幼稚園を選ぶといいでしょう。

幼稚園の様子はその幼稚園の運動会やバザーなどのイベントに顔を出すことでもよくわかります。
部外者が入れないようならば外から眺めるだけでもかまいません。
そういうイベントの時は保護者のマナーがよくわかる重要な機会です。
幼稚園がいいなと思っても、周りの保護者があまりにもマナーが悪いようなところは入ってからトラブルに見舞われがちになります。
そして保護者のマナーの悪さはやはり子供にも影響します。
なんだかガラの悪い人が多いな、というような印象を持った幼稚園はやめておいたほうが無難でしょう。

他にも公園などで近くの幼稚園の評判を聞くと言う方法もあります。
こちらはその幼稚園に子供を通わせているお母さんたちの生の声を聞けるのでだいぶ参考になります。
もちろん色々と主観は入っているはずなので、すべてを真に受けることのないよう客観的に判断しましょう。

幼稚園を選ぶときのポイントは?

では実際幼稚園を選ぶとなったらどういったところに視点をおけばいいのか、ポイントを見ていきましょう。

・幼稚園の月謝の値段

公立と私立で月謝がだいぶ違うのは当然ですが、私立でも幼稚園によってだいぶ差があります。
安ければ安いだけいいという人もいれば、高くても質がいいほうがいいという人もいるでしょう。
もちろん高ければそれだけ質がいいと保証されているわけではありませんが、それだけ人員を確保していたりシステムが整っていたりする幼稚園が多いのも確かです。
私立幼稚園ではたいてい自治体から補助金がでますが、毎月コンスタンスにくれるわけではありません。
幼稚園の月謝が家計を逼迫しないよう、経済状況はよく確認してから決めるようにしましょう。

・幼稚園の雰囲気

幼稚園にはそれぞれ特色があります。
元気いっぱいの子供が多い幼稚園や、比較的落ち着いた雰囲気の幼稚園などなど。
自分の子供がどういったタイプなのかを考慮した上で、子供にあった幼稚園を選んであげましょう。
また幼稚園ごとに保護者の雰囲気もまた違います。
自分と似たタイプのお母さんたちがいる幼稚園のほうが話もあって、後々自分が楽になりますよ。

・お弁当か給食か

幼稚園によってお弁当か給食かわかれるので、自分に都合のいいほうを選びましょう。
また普段は給食でも週に一回だけお弁当とか、月に一回だけお弁当とか、お弁当の日もあるところが多いのできちんと確認しましょう。
同じ給食でも給食センターのものを利用している園もあれば、園の中で給食を作っているところもあります。
食にこだわる場合は、そういったところもしっかり確認するといいでしょう。

・PTAの有無や親が登園する頻度

幼稚園によってPTAが盛んであったり、逆にPTAがないという幼稚園もあります。
他にも親が参加したり手伝いを求められるイベントがたくさんある園や、そんなに親の出番がない園など様々です。
普段それほど忙しくもなく幼稚園に頻繁に行くこともかまわない、という人ならいいのですが、昼間は仕事もしたいし色々と忙しいという人ならできるだけ親の用事が少ない園を選ぶといいでしょう。

PTAもやりたいという人は少ないでしょうから、もし近くにPTAがない幼稚園があるのならそういったところもおすすめです。
PTAがある幼稚園でも、園によってはPTA活動がすごく盛んなところとそうでもないところとあるので、そのあたりはすでに園に通っているお母さんたちや先生たちにきいてみるのもいいでしょう。

・延長保育の時間や料金

最近では幼稚園でも働いているお母さんたちは増えています。
そういう人は何時まで園で子供を預かってくれるかが重要になってくるでしょう。
また延長保育にいくらかかるかも大事なところです。
仕事の稼ぎが延長保育代でとんでいってしまっては意味がありません。
幼稚園によってはかなり割高なところもあれば、無料で預かってくれるというところもあります。
金額はしっかりと確認しましょう。
また早朝保育があるかどうかも同時に確認するといいでしょう。

・課外活動の種類

最近の幼稚園は英会話やダンス、スポーツなど様々な課外活動を行っているところが増えています。
わざわざ幼稚園が終わってから習い事に通わせなくても、幼稚園でそのまま習うことができるので親にとっては便利です。
もし何か習わせたいことがあったり子供が興味を持ちそうな課外活動があれば、それも幼稚園を選ぶ
際の参考にしてみてください。

いかがだったでしょうか。
たかが2~3年とはいえ、我が子が初めて送る集団生活、楽しいものにしてあげたいですよね。
そして親にとっても幼稚園は頻繁に訪れる場所ですから、できるだけ楽しく過ごしたいものです。
親子でいい幼稚園に出会えるように、事前に確認できることはしっかりと確認して悔いのない幼稚園選びをしましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です