秋冬はニットワンピで決まり!正しいお手入れ方法や洗濯方法をチェック!

秋冬のファッションに欠かせないアイテムのひとつがニットです。
ニットは寒さ対策としても役立ちますし、見ている方も暖かく感じる人気素材でしょう。
その中でも人気が高いのがニットワンピです。
しかし、ニットワンピはしっかりお手入れをしていないと、せっかくのおしゃれ着なのに毛玉が目立つ・・・ということにもなりかねません。
今回はニット素材のおしゃれ着のお手入れ方法や洗濯方法を紹介します。
ぜひこれからの季節には着ても見ても暖かいニットワンピでおしゃれを楽しみましょう!

ニット素材のおしゃれ着!おすすめのお手入れ方法は?

まずはニット素材のおしゃれ着のお手入れ方法を見ていきましょう。
ニットの洋服は特にお手入れが重要になります。
きちんと手入れをすることで毛玉や色落ちを防げるので、長く着ることができます。

最初に気をつけておきたいことは、ニットの洋服の使用頻度です。
ニットにできる毛玉を防ぐために、1日着たニットは数日休ませるようにしましょう。
毛玉ができる原因は摩擦と言われています。
服を着用している時や洗濯をした時などに服が擦れることによって毛玉ができるのです。
特にニットワンピは他の布や物と擦れる面積も大きくなるので注意しましょう。
連続でニット素材の洋服を使っているとすぐに毛玉ができてしまいます。
毛玉ができ、それを取ってを繰り返すと繊維が消耗され着られなくなります。
そのため、同じニットを使い続けるのではなく、数点のニット服をローテーションして着用するのがおすすめです。

そして、毛玉を防ぐためにできるもう1つの方法がブラッシングです。
摩擦によって繊維が絡まり、毛玉となるので、着用後にブラッシングをして絡まりを防ぎましょう。
毛糸用のブラシが販売されているので、お手入れ用に購入してもいいかもしれません。
ブラッシングをする時には編地の目に沿ってやさしく行いましょう。
こうすることで毛糸の繊維の絡まりもほぐれますし、毛並みが揃います。
そして、服についた塵やホコリも落としてくれます。
毛玉になってしまった場合には手遅れなので、できるだけこまめに手入れをして事前に毛玉を防ぎましょう。

しかし、手入れをしていてもどうしてもできてしまうのが毛玉です。
毛玉ができた時には正しく除去しましょう。
毛玉を取る方法は毛玉取り機を使うか、手でカットするかのどちらかです。
毛玉取り機は広範囲の毛玉を取ってくれますが、パワーが強力なので他の繊維も絡め取る可能性があり、服へのダメージが大きくなります。
小さい毛玉や少しの場合には手でカットする方がいいかもしれません。
手でカットする場合には周囲の糸や繊維を切らないように気をつけて行いましょう。
小さなハサミなどを使うと作業しやすいです。
毛玉が埋まってしまっていたり、周囲の繊維も切ってしまいそうな時にはガムテープなどで毛玉を浮かせてからカットするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です