赤ちゃんのハイハイはいつからはじまる?しなくても大丈夫?

ハイハイをするには赤ちゃんが腕や足の動かし方のコツをつかむのが
難しい赤ちゃんもいるので、遊びの中でハイハイの練習をしてみてください。

あまり無理な練習をすると股関節脱臼をしてしまうこともあります。
無理な練習はおすすめできません。

ハイハイを促す方法としては、特に練習法があるわけではありません。
繰り返しズリバイ運動をすることがハイハイ習得の近道です。

赤ちゃんの足の裏に手のひらを当ててあげてください。
そうすることで赤ちゃんは蹴り進めることができ筋力がついてきます。

また、赤ちゃんの目の前にお気に入りのおもちゃを置いてみたり
ママの方に赤ちゃんがやってきたら膝によじ登らせてみるなど
赤ちゃんが動いて筋力をつけれるようにしてあげると効果的です。

筋力がついてくると次第に赤ちゃんは四つん這いの体制が
とれるようになってきますよ。

四つん這いの体制がとれるようになるとハイハイをできるようになってきます。

ですが、ハイハイをしない原因が筋力不足ではないこともあります。

練習をする前に、ハイハイをして自分で動き回ってみたいような
空間であるか一度部屋の中を見直してみてもいいでしょう。

物がたくさん置いてあり赤ちゃんがハイハイできるような環境で
なければ赤ちゃんもハイハイをしたいという気持ちが掻き立てられません。

環境づくりもハイハイをするためには大切なのです。

赤ちゃんがハイハイを始めたら注意したいこと。

赤ちゃんがハイハイをするようになったら目が離せなくなります。
赤ちゃんが安心してハイハイして遊べるような環境をつくりましょう。

○ 床の掃除はしっかり!
赤ちゃんは床をハイハイします。
 床にゴミや埃などがあっては赤ちゃんにとってよくありません。
 掃除をしっかりしましょう。

○ 角にはクッションをつける。
赤ちゃんお移動範囲内にある角には赤ちゃんに危険のないように
クッション材をつけましょう。

○コンセントガード
 コンセントも赤ちゃんが触れないようにカバーをつけるなどの
 対策も必要になってくるでしょう。

○ 階段にはガード
赤ちゃんがハイハイをし始めると階段は落下の危険性があります。
ベビーゲートをしたりし赤ちゃんの落下防止をしましょう。

また、床には転倒しても大丈夫なようにプレイマットを敷くのもおすすめです。
赤ちゃんの膝も守られるますよ。

我が家にはペットがいるので、プレイマットが敷けなかったので
私は赤ちゃんがハイハイを始めたら、赤ちゃんのデリテートなお肌が
痛まないようにと手作りの膝当てをつけてあげました。

作り方はとても簡単です。

…材料…
子供用の靴下
ワッペン
裁縫道具

① 子供用の靴下を足首のラインで切り落とす。
② かかとのところにワッペンを縫う

たったこれだけです!

これで赤ちゃんも膝を痛がらずハイハイできるようになりますよ。
ぜひ作ってみてくださいね。こども 子供 子ども あかちゃん 赤ちゃん ベビー baby 少年 男の子 楽しい エンジョイ 記念写真 記念撮影 0歳 たっち かぼちゃパンツ 冠 かんむり 王冠 クラウン 蝶ネクタイ ハンドメイド はいはい ハイハイ

まとめ

赤ちゃんのハイハイの時期には個人差が大きいです。
周りの子はハイハイをしているけど…とあまり周りの子供と比べず
のんびり赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

ハイハイをし始めると危険も多くなります。

赤ちゃんが安心してハイハイできるような空間づくりも大切ですよ。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です