子供の朝ごはんは?何を食べるのがいいの?

 

子供がいると毎日の食事には気をつかいませんか?
自分だけなら食事も手抜きをしていいかなと思う時もありますが
子供がいる場合そうはいきませんよね。

3食、栄養のバランスのとれた食事を作ろうと思いますよね。

食事の中でも1番大切にしたいのは朝ごはんではないでしょうか?

朝ごはんをしっかり食べることで、体にはいいことがたくさんあります。

子供の1日の活力のためにも朝ごはんは作りたいけど
どんな朝ごはんは何を食べるのがいいのか…

忙しい朝でも栄養のバランスを考えた朝ごはんづくりをするために
この記事では子供の朝ごはんにのポイントを紹介します。朝食セットのイラスト「パン・スクランブルエッグ・ウインナー・サラダ・スープ・コーヒー」

朝ごはんをしっかり食べたほうがいい理由!どんなものを食べるべき?

朝ごはんはなぜ大切なのでしょうか?
みなさんその理由はご存知ですか?

朝ごはんは空腹を満たすだけに食べるわけではないのです!

脳のエネルギー源となるブドウ糖は体内にストックしておけないのです。
夕食を食べたあとから次の朝まで何も食べない時間は長いですよね。
したがって朝は脳の働きをよくする栄養素が不足した状態になっています。

朝ごはんを食べしっかりエネルギーをチャージしておくことで
集中力が高まるのです。
他にもイライラしなくなるとも言われています。

朝ごはんに必ずとってほしい栄養素は「ブドウ糖」です。
先ほどもお話しましたが、このブドウ糖が脳のエネルギーになるのです!

ブドウ糖を摂取するためには何を食べればいいのか気になりますよね。
それは、炭水化物を摂取することでブドウ糖を摂取することができます!

炭水化物とは、ご飯やパンのことなので
朝ごはんには必ずご飯やパンなどの炭水化物をとるようにしてください。

炭水化物をとることで、脳にブドウ糖が補給されて
脳の働きも活発になってくるのです。

朝ごはんを食べることのメリットはそれだけではありません!

主食をしっかり食べておくことで
他にもこんないいことがあるので紹介しておきます。

●怪我をしにくくなる

朝ごはんを食べると脳にしっかりとエネルギーが行き渡ります。
すると人の話をしっかり聞くことができるようになります。
また、集中力や注意力が高まるのです。

そのため活動に集中して取り組めるので怪我をしにくくなります。

● 風邪をひきにくくなる

朝食をとることで、体の代謝が上がるのです。
体温が上がると免疫力もアップします。

集団生活でもウイルスに負けない体づくりができるのです!

ですが、炭水化物ばかりを摂取すればいいというわけではありませんよ。
他の栄養素もバランスよくとれるようにすることで
効果はグッと上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です