赤ちゃんにも絵本の読み聞かせをするといいって本当?

子供のためにしてあげたいことはたくさんありますが
絵本の読み聞かせはそのひとつではないでしょうか?

私も子供の頃よく母親に絵本を読んでもらっていました。
子供が生まれたら私も絵本の読み聞かせをいっぱいしてあげたい
そんな風に考えていました。

ですが、いざ自分がその立場になるといつから読み聞かせを
してあげたらいいの?どんな絵本が赤ちゃん向き?
そんな悩みことを悩むようになりました。

私と同じような悩みを抱えているママも多いでしょう。

この記事では、赤ちゃんに読み聞かせをしてあげたいけど
どうすればいい?と悩んでいるママに向けて
絵本の読み聞かせについて紹介していきます!

 

いつから絵本の読み聞かせはしたらいい?

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ視覚も発達していないし
言葉だって理解できないから読み聞かせって必要?と
思うママやパパも多いのではないでしょうか?

絵本の読み聞かせはいつから始めましょうというような決まりは
特にありません。

新生児期から絵本の読み聞かせを始めても大丈夫なのです。

私は子供の頃に母親が寝る前に絵本を読んでくれていたことを
よく覚えていて、それがきっかけで絵本が好きになりました。

子供が生まれたら読み聞かせをするのも私の夢だったので
お気に入りの絵本を妊娠中から胎教として読んでいました。

生まれてからも赤ちゃんが起きている間に
絵本の読み聞かせをしたりしていました。

ママの声を聞くだけでも赤ちゃんにとってはとてもいいことです。
親子のコミュニケーションにもありますね。

0歳の赤ちゃんに読み聞かせの効果は次のようなものがあります。

○ 知能の発達
読み聞かせをしてもらって育った子供は、読書に興味がわいたり
授業なども聞く姿勢が育っています。

読み聞かせをしてもらって、知能が発達したり興味の幅も
広がっていると言われています。

○ 感情が豊かになる
絵本のものがたりを頭の中で理解しながら、喜怒哀楽が脳内で
生まれるのです。

読み聞かせによって、感情が豊かになってくると言われています。

○ 想像力が育まれる
絵を見ながら、物語を聞くことによって
想像力も豊かになると言われています。

このように小さい頃から絵本の読み聞かせをしてもらうことで
子供はこのようなところを育てながら大きくなっていきます。

今まで全く読み聞かせをしていなかった…というママやパパも
気がついたときに始めても遅くはありませんよ。

子供の興味、感情、想像力そして親子の絆を育てていく
いい機会になりますので、気がついたときからぜひ読み聞かせを
してみてくださいね。

赤ちゃんにおすすめの絵本をご紹介!

0歳の赤ちゃんは、視力もそれほど発達していません。
そのため、はっきりとした色合いの絵本や絵が大きめのものが
おすすめですよ。

私が赤ちゃんに読んでいる絵本ですはどれも赤ちゃんの喜ぶ
フレーズな色合いのものを選んでいます。

いくつか私も読み聞かせをしている絵本を紹介します。

赤ちゃんの読み聞かせのファーストブックとしておすすめなのは
かがくいひろしさんのだるまさんシリーズです。

「だるまさんが」
「だるまさんの」
「だるまさんと」

この3種類があるのですが、どれも「だるまさん」の
だるまさんの動きに赤ちゃんも興味を持って見てくれます。

松谷みよこさんの絵本は赤ちゃん向けでおすすめです。
「いない いない ばあ」
いろんな動物が出てきて「いないいないばあ」をします。
「ばあ」で動物が顔を出すと声を出して喜びます。

「いいおかお」
さまざまな登場人物が真似っこをしていいおかおをします。
いろんな動物が出てくるのでとても喜んで見ています。

「ぱかっ」森あさ子さんがかいている絵本です。
これもとても単純にいろんなものがぱかっとひらきます。
「ぱかっ」というフレーズの連続で赤ちゃんも
何が出てくるのか期待しているような表情で見ています。
「ぱかっ」のフレーズに笑ったりとても楽しく見ています。

「おいしいな」きむらゆういちさんのしかけ絵本です。

動物の口がもぐもくと動かすことができます。
赤ちゃんが離乳食を食べるときにもこのもぐもぐをしてみせると
真似をして喜びながらもぐもぐしています。

現在私の子供は10ヶ月になりましたが、最近は本当に絵本が好きで
どの絵本を読んでもよく笑い喜んでみています。

3ヶ月頃までは、物語になっている絵本を子守唄がわりに
読んでいましたが3ヶ月ころからは紹介した絵本のように
同じフレーズの繰り返しの絵本を喜ぶようになってきたので
このような絵本を読んで親子の時間を楽しんでいます。

ぜひ参考にしてみてください。赤ちゃん 赤ん坊 子供 子ども こども ベイビー べビー 乳幼児 乳児 腹這い うつ伏せ はいはい ハイハイ ずりばい ずりバイ 絵本 えほん 絵 鮮やか 視覚 教育 教え 遊び 遊ぶ ジョイントマット 楽しい 読み聞かせ 音読 めくる 読む 読書 笑顔 笑み 笑う 育児 子育て

まとめ

絵本の読み聞かせはいつ始めればいいという決まりはありません。
親子のコミュニケーションだと思い、楽しみながら
読み聞かせをしてみてくださいね。

読み聞かせをすることによって赤ちゃんにもいい効果があります。
赤ちゃんのうちから始めぜひ長く続けていただきたいです。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です