vvv 新米母さんの初育児!! | 初めての子育て  

新米母さんの初育児!!

スポンサードリンク


子供が生まれ何もわからない新米ママで日々奮闘していたあの頃。

いいママになりたくて頑張ってたのに、気づいたら…苦しかった。

そんなあの頃の私みたいに

楽しいはずの育児に、日々に追い込まれそうになっているママに

これから出産のプレママには「こういう事があるんだ…」程度に

私なりの乗り越えた方法などをお伝えできればと思います!

初めての育児と旦那の変化

ミルクのいい匂いと、ツンツン触れば柔らかいフニャフニャの肌

見てるだけで時間が過ぎるほどに可愛い我が子。ほんとに天使!

出産してすぐは、とにかく幸せで早く家に一緒に帰りたかった。

…が、いざ育児が始まってみると…寝れない。とにかく寝れない!

うちは2500g未満での出産だったので、退院後もしばらくは

2時間毎の授乳。なので私の携帯は常に2時間にアラームセットで

寝ぼけながら授乳してゲップさせてオムツ…なんてしてる間にあと

1時間で次の授乳時間…。嘘でしょ…とうたた寝するだけの睡眠。

そんな日々を過ごすうちに、夜泣きが始まりどうしてもイライラ。

なかなか寝れず、ずっとひたすらに泣いてる息子に対して

「なんで寝てくれないの」「何泣いてるの?」「どうしてほしいの」

そんな事を思いながら「早く寝てよ…」と私まで泣けてきて

助けて欲しいのに旦那は仕事で疲れてグッスリ寝てて起こせない。

自分も眠い。けど泣き止まない。赤ちゃんと二人きりの空間。

「もう!早く寝てよ!!!」と強めに揺すって更に泣かせ、ハッと

なんて事したんだろ…。母親失格だ。って思いながら抱きしめる。

まさに負のループでした。

まだ泣く事でしか思いを伝えることができない赤ちゃんの息子は

泣いて当然だし、泣くことが仕事なんてことは分かっているのに

イライラの矛先は当然旦那に向き「なんで手伝ってくれないの」

「早く仕事に行って欲しい」「どうせなにもしないなら居ないで」

今思い出しても、酷いこと言ってたな…って思います(笑

今思えば、あの時の私に足りてなかったのは「旦那をもっと頼る」

「夫婦で会話をする」「誰かに助けを求める」と言う事だったのかな

って思います。実家の母の手助けもなく、義理の母も居なかった為

全部一人でやらなきゃいけないんだ!と思い込んで旦那に相談すら

せずに一人孤独な育児をしていたんです。

けどよく考えれば旦那だってお父さん。自分とおんなじ〔息子の親〕

なんだから本当はもっとたくさん共有すればよかったんです。

「今日はなかなか寝なくて辛かったんだ」「泣き止まなくて大変なの」

「ごめん、少しでいいから寝たいんだけど…」

辛い、苦しい、大変、助けて。可愛いばかりが子育てじゃないって

もっと自分が伝えないと、見ている側にはなかなか伝わらなかった。

夫婦で共有する様になってから、夜泣きのときにたまーにゴソッと

起きてきて「変わるよ。少し寝ていいよ」って言ってくれたり

少し見てるから買い物でも行く?って気を使ってくれたり。前より

進んで育児に参加してくれる様になりました。

「ごめんママじゃないとダメみたい…」

ってションボリ起こされたりもしたけれど!(笑

でも前より自分の心の余裕が全然違う。旦那にも優しく出来ました

「孤」育てをしない、子供がいれば大丈夫

子供が大きくなってくればイライラしないかな?なんて事はない!

手が動く様になり、足が動く様になり、「あー」「うー」と話したり

大きくなると、子供の発達の部分で不安に思うところも出てきます

うちは歩きだしが遅く、1歳検診でも少し気になるかも?と言われ

それだけで私は不安!!「え?他の子は歩けるの?うちは遅い?」

「何がいけないの?どうしてあげたらいいの?」と焦って無理に

歩かせようとして旦那に止められた事もありました。

「いいじゃん。いつか歩くんだから」と言う旦那に

「他人事だと思ってるでしょ!色々言われるのは私なんだよ?!」

と泣きながら訴えたこともあるし、本屋で育児書の読み漁りしたり

まだ周りとの関わりがなかった頃は不安で不安で仕方なかった。

そんな時、産院で同室だった人と再会し連絡を取り合う様になって

子供を連れて公園に行ったり、児童センターに行ってみたり…

そうすると自然と同じ月齢の子供のお母さん達と話すことができて

そこには当然おんなじ悩みを持つお母さんもいて。

「あ、うちだけじゃないのか!」「そんな事もあるんだ!」とか

育児書では解決できなかった悩みが、なんてことない事だったと

気づくことが出来ました。みんな悩んでるんだ!って

十人十色と言う言葉があるように、子供が10人いれば10通りの

性格、成長ペースがあって当然。他の子と比べる必要は全然ない。

その子のペースを見守ってあげることが私にできる事なんだって。

人付き合いがあまり得意でない私は、その人に再会しなかったら

もっと悩んでいたかも知れません。そういう場に行くのも勇気が

いる事だし…。でも、初めはみんな緊張するしドキドキもする!

ちょっと頑張って一歩踏み出せば、同じ悩みを共有できるママ達が

たくさんいるんだって事も覚えて居て欲しいです。

今では旦那に言えない事や、もちろん旦那の愚痴だって言い合う事

も出来るし、それで気分がスッキリして頑張れるならアリですよ!

私はお母さんだから!!

家事も育児も頑張らなきゃいけない。そう思う事は大切だと思う。

けど家事も育児も、普通のお仕事みたいにお休みがある訳じゃない

お母さんだって人間です。

疲れる事もあれば、心や体が限界だと叫ぶときもあります。そんな

時にはちょっと休むのもアリ!自分にご褒美なんかもいいですね!

それで明日からまた笑顔のお母さんでいることができるんだから。

愛するこどもの寝顔で癒される子育て、一緒に頑張りましょう!!


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。