vvv 離乳食初期に赤ちゃんが離乳食を食べない! | 初めての子育て  

離乳食初期に赤ちゃんが離乳食を食べない!

スポンサードリンク


子育てで大変なことと言えば、まずは離乳食ですよね。

母乳やミルクを栄養に大きくなっていた赤ちゃんも

生後5〜6ヶ月経つと離乳食をはじめることになります。

離乳食作りや、離乳食を赤ちゃんに食べさせることは

初めてのお母さんにとって大変なことの連続ですよね。

私も赤ちゃんに離乳食を食べさせたり、離乳食を作ったりとても大変でした。

特に離乳初期は、食材をどのペースで増やせばいいか

どのように調理したらいいかとても悩んだのを覚えています。

これから離乳食をはじめるお母さんに、離乳食を始めたばかりで

悩んでいるお母さんに離乳食初期のポイントを紹介します。

離乳食初期で赤ちゃんが離乳食を食べない!理由と対策は?

離乳食初期でまず大変なのは赤ちゃんが食べてくれない!

ということではないでしょうか?

食べてくれない理由としては、

離乳食を始める時期が早すぎたということが考えられます。

目安では5〜6ヶ月頃が妥当だと言われていますが

始める時期は赤ちゃんによって異なります。

離乳食の始め時は赤ちゃんが「食べたい」と言うサインを出し始めた時です。

赤ちゃんが出す「食べたい」というサインは

  • 家族が食べている様子をじっーと見つめる。
  • 食べ物を見るとよだれを垂らすようになる。
  • 首がしっかり据わって支えられると座れる。

赤ちゃんがこのようなサインを出し始めたら

離乳食をはじめてもいいと言えます。

離乳食を始めるにあたって一番のポイントは

哺乳反射が弱まってきているかということです。

この反射が弱まっているのをチェックするには

スプーンを口に入れてみてください。

赤ちゃんが舌でスプーンを押し出すとまだ早い証拠です。

赤ちゃん自身が自分で口の中にものを入れるかどうかを

判断できるようになるから、哺乳反射は弱まってきます。

生後4〜5ヶ月頃になるとだんだん弱まってきます。

私もこの方法を使って哺乳反射の具合を確認することから始めました。

また、母乳やミルクのほうが好きということも考えられます。

赤ちゃんはお母さんのことが大好きなのです。

離乳食を始めるとお母さんとの密着度が少なくなったように

赤ちゃんが感じてしまい離乳食を嫌がっている場合もあるのです。

離乳食を始めたらいつもよりしっかりと赤ちゃんと触れ合う時間を

作ってみるようにすると食べてくれるようになりますよ。

最後に慣れていない食材だから食べないと言った理由です。

新しい食材の味で、慣れていないからびっくりしてしまって

食べなかったという理由も考えられますよ。

そんなときは、無理に食べさせるのではなく様子を見て

慣れた食材を新しい食材に混ぜて食べさせるのも効果的です。

我が子も、離乳食を全く食べようとしない時期がありました。

だんだん離乳食も進み食べられる食材が増えてきた頃に

急に食べなくなってしまったのです。

そのときは無理に食べさせるのをやめました。

そして、赤ちゃんが食べ慣れた食材に戻し様子をみました。

数日置いてまた新しい食材に挑戦するとすんなり食べてくれたのです。

このような場合もあるので、急いで進めようと思わずに

赤ちゃんのペースに合わせて進めるのがポイントですよ。

離乳食初期の進め方のポイント

我が子もそうでしたが、離乳食を食べてくれる日

全く食べようとしない日とすごくムラがありました。

赤ちゃんが食べてくれないと悩んでしまいますよね。

食べてくれないと悩んだときは次のことを確認してみてください。

・部屋にテレビがついている。

部屋にテレビがついていたりすると、赤ちゃんはそちらが

気になってしまい食事に集中できません。

テレビを消して、食べることに集中できる環境を

つくってあげてください。

・声をかけてあげる

「美味しいね」「よく食べたね」といった言葉を笑顔でかけましょう。

こういった声掛けも離乳食を食べてくれることに繋がります。

・スプーンや食器を変えてみる。

スプーンがあっていないから食べにくいという可能性も考えられます。

赤ちゃんの好みの質感のスプーンを探してみましょう。

離乳食初期の食事のつく方のポイントは?

離乳食の初期は食材も柔らかく煮て、裏ごしをしたり大変です。

1回に食べる量もごく少量ですよね。

毎日少量作るのはとても大変ではないですか?

離乳食初期は1週間分ほどをまとめてつくって

製氷機に入れて冷凍しておくと便利です。

毎日必要な分だけレンジで温めるだけで離乳食ができます。

また裏ごしにはとても時間がかかりますよね。

そんなときはブレンダーを使ってみてください。

一瞬でなめらかな状態になりますよ。

安いものだと2000〜3000円で買えるものもあります。

このように道具を使い大変な離乳食作りも楽に行ってみてください。

まとめ

子育てをしていると必ず通るのが離乳食です。

この離乳食は赤ちゃんの離乳に向けてとても大切なのですが

作ったり食べさせたりとても大変ですよね。

子育てで大変だったことを聞かれると離乳食と

答えるお母さんも多いのではないでしょうか?

食べてくれない理由がわかれば対策は簡単です。

作ったり食べさせたりとても大変な離乳食ですが

赤ちゃんの離乳に向けて頑張りましょうね。

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。