vvv 夜中の赤ちゃんのお世話 電気はつけてる?  | 初めての子育て  

夜中の赤ちゃんのお世話 電気はつけてる? 

スポンサードリンク


赤ちゃんが生まれるとすぐに始まる赤ちゃんのお世話ですが

昼夜関係なくお世話をしなくてはなりませんよね。

夜中の赤ちゃんのお世話についてですが

みなさん夜中の赤ちゃんのお世話の時は電気ってどうしていますか?

家族と同じ寝室で寝ている場合、電気をつけるのも悪いかなと

悩んだりしませんか?

そこで赤ちゃんの夜中のお世話について

私の体験を交えながらお話していきますね。

夜中の授乳、オムツ替えに電気はつけるべき?

現在私にも9ヶ月になる赤ちゃんがいます。

最近ではやっと授乳間隔も長くなってきて夜間に授乳することも

なくなってきました。

そこで忘れてしまわないうちに、私の経験を夜中の授乳に

悩んでいる人のために書き留めておきますね。

つい最近までは私も夜中に何度も起きては

赤ちゃんのお世話をしていました。

寝室はみんな一緒だったので、同じ部屋でパパも寝ています。

我が家は一人目なので、兄弟はいませんが兄弟も一緒に寝ている

家庭も多くあるのではないでしょうか?

パパは仕事があるし、兄弟も保育園や幼稚園、学校に通っている場合

赤ちゃんのお世話のたびに電気をつけてみんなを起こしてしまうのも

悪いような気分になってしまいますよね。

ですがお世話をしている身からすれば暗闇では、お世話もしにくいものです。

そこで私が使っていたのは、持ち運びが簡単にできるライトです。

このライトを購入してを夜中のお世話のときに使っていました。

明るい電気をつけてしまうと、家族を起こしてしまう可能性があります。

ライトを準備しておくと明るすぎない優しい光の中で

赤ちゃんのお世話をすることができました。

光も3段階に調光できたので便利でした。

インターネットで夜中の赤ちゃんのお世話、ライトなどと検索すると

様々な商品が出てきます。

ぜひ自分の使いやすい商品を探してみてくださいね。

夜中の授乳後に赤ちゃんを寝かせるには?

赤ちゃんは昼夜関係なく過ごしているものです。

夜中みんなが寝静まっても赤ちゃんは起きてきますよね。

赤ちゃんの夜中のお世話をしてからも、赤ちゃんがなかなか寝てくれなくて

ママの睡眠時間も減ってしまうということもよくある話ですよね。

私も少しでも睡眠時間を確保したかったので

夜中赤ちゃんのお世話をしてからも赤ちゃんがすんなり眠りに

ついてくれたらいいのにな〜と思うこともよくありました。

夜中の授乳後に赤ちゃんがすぐに寝てくれたら

ママも睡眠時間を確保できますよね。

夜中の授乳のときのポイントは明るい電気をつけないということです。

部屋を明るくしてしまうことで赤ちゃんも目が覚めてしまうのです。

私は赤ちゃんのお世話用にライトを準備し使っていました。

そのライトは明るさを3段階に調節ができました。

3段階に調光できることを利用し、お世話によって使いわけていました。

オムツ替えのときは明るめの光をつけていましたが

授乳のときは1番暗めの光の中で授乳をするようにしていました。

すると赤ちゃんが3ヶ月を過ぎ夜の睡眠時間が少しずつ長くなってくると

授乳が終わる頃にはまた眠りについてくれるようになりましたよ。

しかし、普通に電気をつけてしまうと赤ちゃんの目は覚めてしまい

授乳後の寝かしつけに失敗し赤ちゃんが再び眠くなるまで一緒に

別の部屋で過ごしたりしなくてはいけませんでした。

なるべく暗めの部屋で授乳することで赤ちゃんは自然に

寝付いてくれますよ。

夜中の授乳はいつまで?

夜の授乳は体力も必要なものですよね。

夜間の授乳がなくなると楽になるのにと思ったりはしませんか?

早い子だと夜の睡眠時間が長くなった頃には、寝る前に授乳して

朝まで眠ってくれるという赤ちゃんもいます。

逆に、赤ちゃんが1歳になってもまだ夜中に起きて授乳をする

というママもいるのです。

私の子供も夜間の授乳で何回も起きていましたが

最近になってやっと1回起きるか起きないかという感じになってきました。

夜間断乳も考え実践してみたのですが

断乳しようとするととても不安定になってしまったので

まだ早いのかなと思い夜間授乳をまだしています。

赤ちゃんによってはスムーズに夜間断乳できる子もいますが

できない子もいます。

赤ちゃんにはペースがあるので無理に進めず、赤ちゃんのペースに

合わせて夜間断乳も進めていきましょうね。

まとめ

赤ちゃんのお世話は昼夜関係なくしなくてはなりません。

パパは仕事もあったり、兄弟がいる場合は保育園や幼稚園、学校も

あることでしょう。

ママの立場からしてみれば、みんなの睡眠の邪魔はしたくないですよね。

赤ちゃんのお世話用にライトをひとつ準備するのがお勧めです。

ですが、ライトまではいらないかなと思う場合は

常備灯(豆電球)をつけることもひとつの手段でしょう。

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。