vvv 生後1ヶ月の赤ちゃん、どうやってあやしたらいい? | 初めての子育て  

生後1ヶ月の赤ちゃん、どうやってあやしたらいい?

スポンサードリンク


出産と同時に始まる赤ちゃんの育児ですが、

授乳やオムツ替えなどのお世話だけしていればよいのでしょうか?

確かに生後1ヶ月の赤ちゃんは1日の大半の時間を寝て過ごします。

起きている時間に授乳やオムツ替えといった赤ちゃんのお世話を

するのはもちろんのことですよね。

ですが、いくら寝ている時間が多くてもお世話意外にも起きている

時間は生後1ヶ月の赤ちゃんにもあります。

まだ何をしても反応するわけではないし、泣いているわけでもないから

放置しておいてもいいかな?と赤ちゃん放置してしまっていませんか?

または、生後1ヶ月の赤ちゃんとどう遊んでいいのか

どうやってあやしたらいいのかわからなくて

何もできないというママもいるのではないでしょうか?

この記事では、生後1ヶ月の赤ちゃんとの遊び方や

あやし方について悩んでいるママに向けて

オススメの遊びやあやし方を紹介しますね。

1ヶ月頃の赤ちゃんのあやし方や遊びのコツが知りたい!

生後1ヶ月の赤ちゃんは何もわかっていないし

何をしたって反応がないから何をするのにも意味がないと思っていませんか?

生後1ヶ月の赤ちゃんも五感で様々なことを感じとっています。

月齢の低い間のママの関わり方は赤ちゃんのこれからの成長に

大きく影響を与えるといっても過言ではないでしょう。

ですが、始めて育児を経験するママにとって

赤ちゃんとどうやって遊んだりあやしたりしたらいいのか

わからずあまり関わりを持てていないと悩んでいるママもいるでしょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんをあやすコツは愛情をたっぷり注いであげることです!

赤ちゃんがママの愛情を感じられることが1番なので

あやし方レパートリーが少なく毎回同じあやし方になってしまう…

そんなことは気にしなくても大丈夫です。

しっかり抱っこしてあげることたくさん話しかけてあげることが

この時期の赤ちゃんにとっては1番なのです。

私の子供が生後1ヶ月の頃は、赤ちゃんが泣いたらまず抱っこを

してあげるようにしていました。

抱っこをしてゆっくり左右に揺らしたり

おしりの辺りをトントンしてあやしてあげていました。

そうしながら優しく声をかけてあげたりよく歌を歌っていました。

私の場合ですが童謡をよく歌っていましたよ。

まだ何かをして遊ぶということはこの時期の赤ちゃんはできません。

おもちゃも手に持って遊ぶこともできないので

この時期の赤ちゃんの遊びはママの声かけを聞いたり歌を聞いたり

するだけでも十分です。

ほっぺとほっぺを合わせたり、手をにぎってあげたり

スキンシップも遊びのひとつと考えしっかり行ってみましょう。

赤ちゃんを揺らしながらあやすのは注意が必要って

知ってる?

私も赤ちゃんをあやす時によくやっていたのですが

抱っこしながら揺らすということは多くのママがしているでしょう。

赤ちゃんをあやす時に無意識的にゆらゆらと赤ちゃんを揺らしている人も

多いのではないでしょうか?

たしかにゆらゆらとした揺れは赤ちゃんも心地いいものです。

ですが、赤ちゃんを揺らしながらあやす時は注意が必要なのです!

新生児のうちは特に注意したほうがいいのですが

生後1ヶ月の赤ちゃんも同じく赤ちゃんの揺らし方に注意しましょう。

赤ちゃんをあやす時に前後に激しく揺さぶっていませんか?

激しい揺れは「揺さぶられ症候群」を引き起こす原因になってしまうのです。

揺さぶられ症候群って何かご存知ですか?

揺さぶられ症候群とは、乳幼児が激しく揺さぶられた時の衝撃で

起こる頭部損傷のことを言います。

赤ちゃんを普通にゆらゆらと揺らしながらあやすことは問題ありません。

激しく揺さぶってしまうことで起こる可能性があるのです。

赤ちゃんの中には激しくされることが好きな赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが喜んでいるからといって激しく赤ちゃんを揺らして

しまったという人もいるでしょう。

このように「揺さぶられ症候群」について知らない人が多いのも現実なのです。

実際に私は職業柄「揺さぶられ症候群」についてのことは知っており

知識もあったのですが、主人や祖父母は知りませんでした。

主人や祖父母に子守りをお願いすることもあると思います。

揺さぶったら赤ちゃんが泣き止んだ、大人しくなったまたは喜んだと

大きく揺さぶってあやしたことが手遅れになる可能性もあります。

「揺さぶられ症候群」ということがあるということは

家族にもきちんと知っておいてもらうことが大切です。

私も万が一のことがあると大変なので、赤ちゃんと接するときは

激しく揺らさないでほしいと家族に前もって話をしておきました。

赤ちゃんが健康に育つためにもあやし方にも気をつけたいですね。

まとめ

生後1ヶ月の赤ちゃんと遊ぼう、またはあやしてあげようと思っても

どのようにしたらいいのかわからない人もたくさんいます。

ポイントはしっかり愛情を持って接してあげることです。

話しかけてあげたり、歌を歌ってあげたり

スキンシップをとるだけでも十分ですよ。

ママの愛情を赤ちゃんも五感で感じとっています。

ですが、喜ぶからといって激しい揺れやスキンシップは

揺さぶられ症候群の原因になってしまうので気をつけましょうね。

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。