vvv 子育てと仕事で辛い…ストレスをなくすにはどうすればいい? | 初めての子育て  

子育てと仕事で辛い…ストレスをなくすにはどうすればいい?

スポンサードリンク


子供を育てながらの仕事はどうしてもストレスがたまりやすいですよね。

とにかく毎日が辛いという人も多いのではないでしょうか。

なぜそんなにも仕事と育児の両立は辛いのでしょうか。

その原因とストレスを減らす方法についてまとめてみました。

子育てと仕事の両立、ストレスの原因は?

まずはじめに、子育てと仕事の両立で辛いことはなんなのかを見ていきましょう。

・時間がない

子育てをしながら仕事をしていると、常に時間に追われている感覚になります。

それほど時間に余裕がないのです。

朝はとにかく家事と子供の身支度、自分の身支度で息つく間もありません。

それに加えて旦那さんの朝ごはんやお弁当の準備などの仕事が増えたら、自分のご飯

を食べる時間もありませんよね。

また子供の朝の支度というものは本当に時間がかかります。

服を着替えるだけで嫌がる、保育園に行きたくないと泣く、ママやってと甘えてくる

などなど、とにかくスムーズにいきません。

仕事に行くまでに疲れ切ってしまうことも多いのではないでしょうか。

仕事に行ったら行ったでお迎えの時間を気にしつつ仕事をこなし、時間がくれば急い

で子供をお迎えにいきます。

そうして家に帰ればお腹がすいてぐずる子供と格闘しながら夕飯を作り、それを食べ

させてお風呂の準備などをします。

そうしてなんとか子供を寝かしつけたあともまだまだ仕事は満載です。

夜に洗濯をする人は洗濯をしたり取り込んだ洗濯物を片付けたり、食器の後片付けや

明日の保育園や仕事の準備。

ほっと一息ついたところで旦那さんが帰ってきて旦那さんのお世話なんてこともあるでしょう。

こうしてようやく眠りについて、また明日は朝早くから動き始めます。

こうやって見てみると、働くママには本当に自分の時間というものがありません。

自分の時間がわずかでもあれば好きなことをしてリフレッシュができます。

しかしまったく自由になる時間がないとストレスはたまる一方です。

このストレスが発散されることなく毎日続くことになるので、体も心もどんどん辛

くなっていってしまうのです。

・思ったように仕事ができない

子育て中に仕事をしている人は、お金のために仕方なく働いている人もいれば好きで

仕事を続けている人もいます。

特に自分の好きな仕事をしている人は子供が産まれるとなかなか思い通りに仕事がで

きず、そのことにイライラしてしまうこともあります。

残業がしたくてもお迎えの時間になれば帰らなくてはなりませんし、子供の熱などで

保育園からの呼び出しがかかることも少なくありません。

そうすると仕事を切り上げなくてはなりませんし、周りへの配慮もしなくてはなりま

せんし、それもまたストレスとなってきます。

・子供に罪悪感を覚える

日々忙しく過ごしていると子供に関わる時間は本当にわずかです。

仕方のないこととは思っていても、それに罪悪感を覚えてしまうこともあります。

本当に仕事をしていていいのだろうか、子供がかわいそうではないかと悩んでし

まい、仕事をすること自体が辛くなってしまったりします。

子供と関わる時間が少なくてもその分きちんと向き合っていれば問題ないのですが、

なかなかそうも割り切れずに思い悩む人も多いのではないでしょうか。

ストレスをなくすためにできること

それではどうすれば仕事と子育てのストレスを少しでも減らすことができるのでし

ょうか。

・周りの人に甘える

一人でなんでも背負い込まず、周りの人に協力をあおぐことはとても大事です。

母親でも姉妹でも誰でもいいのですが、やはり一番は旦那さんに頼ることです。

送り迎えや家事分担など、旦那さんにももっとできることはないかきちんと話し

合いましょう。

家事にしてもそんなにたくさんのことをやってもらう必要はありません。

お弁当は作らずに外で買ってもらうとか、夜食べた自分の食器は片付けてもらう

とか、その程度のことから始めてみるといいでしょう。

まずは自分のことは自分でやってもらうだけでもこちらの負担は減ります。

だんだんと旦那さんがそのやり方に慣れてきたら少しずつ分担を増やしてみても

いいでしょう。

ただその際にもこちらからいきなり「これやって、あれやって」と指示してはいけ

ません。

必ず二人できちんと話し合ってから決めましょう。

・完璧を目指さない

家事も育児も仕事も完璧にこなせるスーパーウーマンなんて存在しません。

それでも完璧を目指そうとしてしまうとストレスでつぶれてしまいます。

また「できない自分」が嫌になってどんどん辛くなっていくだけです。

仕事をしている間は手を抜くことはできないでしょうから、家事と育児はできる

だけ手を抜きましょう。

一番手を抜きやすいのは家事です。

料理も毎食頑張って作らなくても買ってきた惣菜でも大丈夫です。

洗濯物たたまなくても、ハンガーのまま干しておけばまたそのまま着られます。

手を抜けるところはどんどん手を抜いて、自分が楽できる方法を積極的に考えま

しょう。

また今は食器洗い機や自動掃除機などの便利な家電がそろっているので、そう

いったものに頼るのもいいでしょう。

・自分の時間を作る

平日は厳しいでしょうから、休みの日には旦那さんに子供を外に連れ出してもらっ

たりして自分の時間を作りましょう。

平日働いている分休日は子供とたくさん遊んであげないと、と思ってしまうことも

ありますが、パパと遊ぶことだって子供には必要です。

罪悪感を抱く必要はないので、たまにはのんびりと過ごしましょう。

それだけでもだいぶリフレッシュできますよ。

ただ旦那さんだって休みたい日はあるでしょうから、二人で子供の世話をする日を

順番に決めておくとお互い不満がたまらずにいいですね。

育児だけでも大変なのに、それに仕事まで入ってくると体力的にも精神的にも辛く

なるのは当然です。

しかしお母さんが元気でいることこそが家庭を明るく保つ秘訣です。

お母さんが倒れてしまってはすべてがうまくいかなくなります。

母親はどうしても家族のことばかり考えてしまいがちですが、まずは自分の心と

体の健康を優先してあげましょう。

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。