vvv お風呂の鏡の汚れを家庭にあるもので簡単に落とします!? | 初めての子育て  

お風呂の鏡の汚れを家庭にあるもので簡単に落とします!?

スポンサードリンク


お風呂にある鏡は湿気が多いため、すぐに水垢がついてしまいます。
それはウロコ模様になっており、気持ちのいいものではないです。
その汚れがついてしまうと簡単には落とせないですね。
それが実はどの家庭にもあるもので簡単に落とすことができるのです。
また、お風呂場で使う鏡はどうしてもくもってしまいます。
今回は鏡の汚れをとる方法にあわせて、くもりをとる方法も紹介しましょう。

汚れや水垢をつけない方法ってある!?

鏡の汚れや水垢を付けないようにするのに一番良いのは、毎回入浴後に、鏡をきれいに洗って、乾拭きをしましょう。
石鹸のカスがついていることで汚れの原因になりますが、水滴が付いているだけでも、水垢などの汚れの原因になります。
そのため、毎回お風呂の後に、体を拭いたバスタオルででもいいので、サッと鏡の乾拭きをしましょう。
そうすることにより、鏡に頑固な汚れが付くことが防止できます。
もし汚れがついてしまった場合には、汚れの性質からさまざまな汚れを落とす方法があります。

鏡の汚れの原因は金属イオンが原因!

鏡にお湯や湯気がついたあと、その水分は蒸発します。
その後、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが結晶化してついてしまうために、汚れの原因となります。
つきはじめは簡単に落とすことができますが、長期間放っておくと頑固な汚れになってしまいます。
またシャンプーや石鹸などのカスが付着して、それを放っておくとことによっても、頑固な汚れになります。
他には「手垢」や「化粧品」などの油汚れもあります。

酸性のものを使って落とす方法

カルシウムやマグネシウムの汚れはアルカリ性です。
アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うことによって、中和させることができるので、簡単に汚れを落とすことができます。
また食品のお酢も酸性のものなので、それを使うのも汚れを落とすのに効果的です。
ただし、曇り止め加工(親水加工)された鏡には、クエン酸やお酢を使うのは、鏡を傷つけてしまい、鏡が使えなくなるので使用しないようにしましょう。
掃除をする前に、必ず鏡の種類を確認しましょう。

1. クエン酸を使って落とす
まずはクエン酸水を作ります。
クエン酸水の作り方は、水100mlに対して粉末のクエン酸を小さじ1/2杯入れて混ぜます。
クエン酸水をスプレー容器に移して、鏡の汚れの気になるところに吹きかけます。
その後、濡らした布で鏡を拭きましょう。
もし汚れがひどい場合は、上からキッチンペーパーを貼り付けて、その上からラップでパックをします。
汚れの程度によりますが、3時間から半日置いておきましょう。
その後濡らした布やガーゼで水拭きをして、乾いた布なので拭いて乾燥させます。
鏡に残った水滴が水垢の原因になるので、乾拭きを必ずしましょう。
鏡を止めている金属部分にクエン酸水がかかると、金属が腐食してしまうので、ラップでガードしましょう。

2. お酢を使って落とす
お酢も酸性なので鏡の汚れを落とすことができます。
出来たばかりの汚れには、ガーゼや雑巾にお酢を染みこませて鏡を拭くと、水垢やウロコ汚れをきれいに落とせます。
頑固な汚れの場合には、お酢を染みこませたガーゼやキッチンペーパーを鏡に貼り付けます。
その上からラップをして密閉させ、半日ほどおきましょう。
その後濡らした布やガーゼで水拭きをして、乾いた布なので拭いて乾燥させます。
お酢を使う場合にも、金属が腐食してしまうので、鏡を止めている金属部分にラップかけてガードしましょう。

研磨剤を使う方法

1. 歯磨き粉を使って落とす
歯磨き粉には研磨剤が含まれています。
その研磨剤を利用して、鏡をツルツルピカピカにすることができます。
歯磨き粉をガーゼや雑巾に少量つけ、布をもみ洗いするようにしてなじませます。
ゴシゴシと円を描くように磨きます。
もし拭きづらいと感じる場合には、軽く濡らしましょう。
その後濡らした布やガーゼで水拭きをして、乾いた布なので拭いて乾燥させます。
ただし強くこすりすぎると、鏡に傷が付くので、やさしく拭くようにしましょう。
また歯ブラシでゴシゴシこするのは、鏡を傷つけてしまうので、歯ブラシではこすらないようにしましょう。

2. 鏡用ダイアモンドパッドを使って落とす
頑固な水垢汚れには、鏡用のダイアモンドパッドを使いましょう。
鏡用ダイアモンドパッドは人口ダイアモンドでできたプロモ使う研磨ツールです。
鏡表面とダイアモンドパッドを水で濡らし、やさしく鏡をこすりましょう。
最初に水で濡らすことは、摩擦を小さくして優しくこすれるようにするためです。
簡単に汚れがよく落ちるので、掃除も楽しくなります。
ただしゴシゴシと強くこすると、鏡表面にも傷がついてしまいます。
優しく根気よく少しずつこすっていきましょう。

3. スケール除去剤を使って落とす
いろいろな方法を試しても、汚れが落ない場合には、スケール除去剤を使いましょう。
ホームセンター掃除コーナーで市販されている商品を使って、汚れを落としましょう。
水垢の原因となるカルシウム自体を溶かすので、鏡がピカピカの状態にもどります。

エコ掃除をするなら新聞紙や古布が効果的

新聞紙や古布などの捨てる予定のものなら、掃除したあとそのまま捨てられるので、エコですし手軽ですね。
新聞紙は窓ガラスの掃除方法としても有名ですね。
新聞紙のインクが汚れを吸着し、またインクで薄い膜ができるので汚れがつきにくくなります。
軽めのホコリ汚れなら、使い古した古布を使うと手軽です。
洗った後は乾いた布で拭くので、その時に古布を使えば拭いたあとにそのまま捨てることができるのでいいですね。
拭くときには、なるべく柔らかい布で拭くようにしましょう。

重曹を使って落とす方法
金属イオンが付着した汚れはアルカリ性ですが、「手垢」や「化粧品」などの油汚れは酸性です。
酸性の汚れにはアルカリ性の重曹水がオススメです。
重曹水の作り方は水100mlに対して小さじ重曹を入れて混ぜます。
その重曹水をスプレーボトルに入れて吹きかけけるか、重曹水をキッチンペーパーなどに含ませて、鏡をさっと拭きます。
その後再度、乾拭きをしましょう。
この方法は、お風呂場や洗面台の鏡以外にも、メイク用鏡や玄関や室内の鏡、クローゼットの鏡の汚れを取るのにも有効です。

鏡をきれいにする習慣をつける。

鏡の汚れをつけないようにするには、水滴がついたり濡れた時には鏡を拭く
鏡についた水垢などの汚れを落とす方法をいくつか紹介しました。
けっこう鏡をこすることが多いですね。
鏡の水垢を取るのに、鏡をこすって腕が筋肉痛になったという経験をした人もいるのではないでしょうか?
そんなに頑張って汚れを落としたので、そのきれいな状態をキープしていきたいですよね。
鏡に水垢やウロコ汚れがつかないようにするには、お風呂の最後に水滴をきれいに拭き取りましょう。
またはゴムべらや窓ふきワイパーなどを使って水滴を取り除くのも有効です。
鏡の水垢予防の方法で一番なのは「曇や水滴を長時間鏡につけたままにしないこと」です。

鏡の水垢の原因は水に含まれるカルシウムや金属イオンが蒸発してついてしまうからです。
その水を拭き取ってしまえば、鏡が汚れることはないですね。
100円均一などに売っているハンドワイパーやスクイジーを買って、浴室に置いておいて、それを使って毎日掃除をする習慣をつけると綺麗な鏡を維持することができます。

鏡の曇を取る方法

基本的な鏡の掃除を行えば、鏡の曇りは改善できますが、それでも多少は曇ります。
どうしてもくもらせたくない時には、掃除の後で市販の「曇り止めグッズ」を使うといいでしょう。
曇り止めグッズには水垢防止・撥水アイテムがあります。
それを使うことにより、鏡をコーティングすることができ、曇を取るだけでなく、鏡に水垢をつくことも防止できます。
また紙工作などで使う液状のりを薄く塗り広げることで、2日から1週間ほどは曇らないようにすることができます。

まとめ

鏡につく汚れは様々なものが原因でつきますが、一番重要なのは湯気や水分がついた時には、すぐに拭き取るように心がけましょう。
拭き取らずにそのまま放っておくと、頑固な汚れになります。
汚れを取る方法はたくさんありますが、その汚れを取ろうとすると、時間と労力の他に、不必要なお金までかかってしまいます。
毎日、お風呂の後にほんの一手間「鏡を拭く・水を除去する」という作業をするだけで、頑固な汚れがつかなくて、毎日きれいな鏡を使うことができます。
毎日、鏡を拭く習慣をつけるようにして、きれいな鏡を維持していきましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。