vvv トイレ掃除で黄ばみをきれいに落とす6つの方法!!  | 初めての子育て  

トイレ掃除で黄ばみをきれいに落とす6つの方法!! 

スポンサードリンク


ついついトイレ掃除をさぼってしまうと、いつの間にか便器に黄ばみがついてしまい
ます。

黄ばみが付いたトイレは見栄えも悪いですし、悪臭の原因にもなります。
また友達が家に来た時に、トイレに黄ばみ汚れが付いていると、恥ずかしいですよね。
そんな黄ばみは頑固な汚れで便器にこびりついているので、掃除をしてもなかなか落とすことができません。
どうやっても落とせなくて、トイレ掃除に苦労している人もいると思います。
そんなトイレの黄ばみをきれいに落とすにはどうしたらいいでしょうか?
今回はその黄ばみをきれいに落とす6つの方法を紹介しましょう。

トイレの黄ばみの原因は?
トイレの黄ばみの原因は尿石というものです。
尿や水道水に含まれているカルシウムなどの成分が流されずに便器に付着して、結晶化しくっついて石のように固くなって尿石というものになります。
その尿石を放置しておくと、そこに雑菌が繁殖してアンモニア臭が発生してしまい、悪臭となってしまいます。

トイレの黄ばみを落とす方法
1. 酸性の洗剤を使って落とす方法
トイレの黄ばみは尿の成分と二酸化炭素がくっついてできた尿石で、アルカリ性です。
アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うことによって、中和させて汚れを落とすことができます。
トイレットペーパーを汚れの付いているところに敷き詰めて、その上から酸性の洗剤をかけます。
2~3分ほど放置することにより汚れが浮き上がってきます。
その後スポンジなどでこすって洗いましょう。

2. 小麦粉とお酢を使って落とす方法
洗剤を使わなくても、身近なもので汚れを落とすこともできます。
その方法とは小麦粉とお酢を使った方法です。
便器に付いている黄ばみ汚れの部分に小麦粉をふりかけます。
その上からお酢をかけて、1~2時間ほど放置します。
放置することにより汚れが浮き上がってきます。
浮き上がってきたら、スポンジでこすり洗いをしましょう。
この方法では軽い黄ばみ汚れ程度なら落とすことができます。

3. 重曹とお酢を使って落とす方法
この方法を使う時には事前にトイレの便器内の水を抜きましょう。
トイレの水の抜き方はトイレの使用方法を確認してください。
水を抜いたあとはトイレットペーパーで便器内の水気を拭き取りましょう。
便器内の水気がなくなったら、黄ばみ汚れのひどいところに重曹をふりかけましょう。
その後重曹をふりかけたところに、お酢をかけましょう。
重曹にお酢をかけることによって、泡が発生し、その泡で汚れを落としやすくなります。
その泡が汚れを落としていきます。
1~2時間ほど放置したあとに、スポンジなどでこすり洗いをしましょう。
この方法はお酢の代わりにクエン酸を使ってもできます。
方法は同じで、重曹をかけたところにクエン酸をかけることによって、泡が発生し汚れを落としやすくしてくれます。

4. 軍手を使って落とす方法
トイレの便器内の裏側にはヨゴレが溜まりやすいですが、水を流しても水が届かなかったり、ブラシが入りにくかったりします。
そのため、きれいに掃除をしたと思っても、汚れが残っている場合があります。
その汚れが残っていることによって、悪臭の原因になります。
そのような部分の掃除には軍手を使うといいでしょう。
軍手をはめる前にゴム手袋をしましょう。
ゴム手袋をすることによって手荒れを防ぐことができます。
軍手をしたら、その軍手に酸性の洗剤を付けて、汚れている部分を直接擦って落としましょう。
スポンジやブラシで擦って落とせない汚れでも、軍手を使って直接こすることにより汚れが落としやすくなります。

5. ケレン棒と耐水サンドペーパーを使って落とす方法
酸性洗剤や重曹、クエン酸を使っても落とせない汚れは、削り取って落としましょう。
ノミのようなケレン棒と耐水サンドペーパーを使うと削り落とすことができます。
頑固なきばみにケレン棒を当てて削ります。
ある程度削り取ることができたら、耐水サンドペーパーを使って、表面を平にしましょう。
耐水サンドペーパーは目の粗いものを使うと便器を傷つけてしまうので、1000番~1500番の目の細かいものを使いましょう。
ケレン棒と耐水サンドペーパーはホームセンターで購入することができます

6. 尿石取り専門の洗浄液を使って落とす方法
上記の方法を試しても汚れが取れない場合は、尿石取り専門の洗浄液を使って汚れを取り除きましょう。
洗浄液のジェルが尿石を柔らかくして除去しやすくなります。

トイレブラシが届かないところは、フチ専用のブラシを使いましょう。
フチの裏など細かいところは、軍手を使って汚れを落とす方法を紹介しましたが、やはりゴム手袋をしていても、トイレを手でこするのはいやという人もいるでしょう。
そんな時には、使い古したストッキングと割り箸でフチ専用のブラシを作って使用しましょう。
作り方は簡単です。
使い古したストッキングを15cmほどの幅に切って、割り箸の先に巻きつけます。
先端を数カ所輪ゴムでしっかりと止めると、ブラシの出来上がりです。
ブラシを作るのが面倒だという人は、使い古した歯ブラシを使ってもいいでしょう。

トイレの黄ばみの予防方法
トイレの黄ばみを落とすのはとっても大変ですね。
頑固な汚れになったら、落とすのに一苦労します。
このような頑固な汚れをつけないためには、こまめに掃除をすることが一番効果的な方法になります。
おしっこや便をするたびに、トイレには汚れがついていきます。
毎回水を流していても、それだけでは完全に汚れを落とすことはできません。
1週間に1回程度は、サッと便器や縁をブラシでこするように掃除をしていけば、頑固な汚れが付くことを防ぐことができます。

まとめ
トイレの黄ばみ汚れは見た目にも汚いですが、それだけでなく雑菌の繁殖の原因にもなります。
雑菌が繁殖すると、悪臭の原因にもなります。
今回紹介した方法で、頑固な汚れは落とすことができます。
しかし頑固な汚れになるまで放置せずに、こまめにトイレ掃除をするように心がけましょう。
こまめに掃除をすることによって、毎日きれいなトイレを使うことできるので気分も良くなりますよ。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。