vvv 家事を楽にこなしたい!家事を上手に手抜きするためのコツ | 初めての子育て  

家事を楽にこなしたい!家事を上手に手抜きするためのコツ

スポンサードリンク


毎日毎日しなくてはならない家事、完璧にやろうなんて思ったらいくら時間があってもたりませんよね。
特に家に小さい子供がいたりすると、家事をやっている暇もありません。
日々の生活に余裕をもつためには、ある程度の手抜きが大事です。
そこでここでは家事を楽にするために上手に手を抜く方法をご紹介します。

手抜きのコツ 料理編

家事の中で圧倒的に面倒なのが料理です。
掃除や洗濯はまだ毎日しなくてもなんとかなりますが、料理だけはそうはいきません。
また自分のご飯だけなら量も少なく適当ですみますが、旦那さんと子供たちにも食べさせることを考えると栄養や量も色々考えなくてはなりません。
そんな面倒な料理を手抜きするには、一週間の献立を決めて買い物をすることをおすすめします。
ある程度余裕のある日はハンバーグを作ろう、この日は忙しいから冷凍食品を利用しようなど、あらかじめ決めておくと毎日の献立を考える手間がなくなります。
またちょこちょこと買い足しをしなくてすむので節約にもなり、一石二鳥です。

次にパウチの惣菜や缶詰、冷凍食品やレトルト食品など、日持ちするものを常備しておくともう一品ほしい、という時に便利です。
メインの料理を作っておけば、副菜が出来合いのものでもそこまで手抜きには見えません。
しかし品数が減る分こちらの手間はぐっと減ります。

冷凍食品はおかずにそのまま使えるものだけでなく、野菜のものをストックしておくと時間がないときに助かります。
例えば里芋やかぼちゃなど、生の状態のものをそのまま買うと料理するまでの手間がとてもかかりますが、冷凍食品だとすでに下茹で状態までしてあるので鍋にぽんといれるだけですみます。
またほうれん草やブロッコリーなどお味噌汁やサラダに少しだけ使いたい時は、冷凍のほうが使いたい分だけ取り出せて経済的にもお得です。

少し余裕のある時には作り置きのおかずを用意しておくのもいいでしょう。
おすすめは野菜のピクルスです。
うちではキャベツでもキュウリでもミニトマトでもショウガでも、とにかく甘酢に漬けておきます。
そうすると野菜が少ないなー、という時にささっと出せるので手間なしです。
他にもキンピラや煮物を多めに作って保存しておくと副菜として活躍してくれます。

手抜きのコツ 片付け編

片付けを楽にするには、物をふやさないことが基本です。
なんでもためこまずに、いらないなと思ったものはすぐに処分してしまう癖をつけましょう。
また子供がいるとどうしても子供のおもちゃで部屋があふれかえってしまうものですが、そういう時にはプレイマットがおすすめです。
遊ぶ時はプレイマットの上で遊ぶと決めておけば、それ以上おもちゃが散らかることはありません。
そして片付けの時はマットをおもちゃごとまとめて収納できるので片付けの手間がなくなります。

子供が少し大きくなったなら片付け競争など、片付けに遊びを取り入れて一緒に片付けてしまいましょう。
その時は細かく仕分けして片付けるのでなく、大きなおもちゃ専用ボックスなどを用意して「乗り物のおもちゃはこっち」「お人形はこっち」などおおざっぱに分けておくと子供も片付けしやすくなります。

手抜きのコツ 掃除編

掃除を手抜きするにはなんでもこまめにやるのが一番です。
おすすめなのが立って使うタイプの、柄が長いコロコロです。
フローリングワイパーなどよりもほこりや髪の毛がとれて便利です。
しかも気づいた時にささっと掃除できるので手間が減ります。
他にも小さなお子さんがいる家庭では、子供に手伝ってもらえるのも利点です。
うちでは兄妹でコロコロを取り合ってケンカするほどこれが好きで、競って掃除してくれるので助かっています。

トイレ掃除も用を足したついでに便座を拭く、床を拭くなどしておくと、汚れがたまらずにそれほど掃除をしなくてもすむようになります。
またスプレータイプのクエン酸を吹きかけると便器内の汚れが落ちるので、それを用を足すたびにシュっとひと吹きしておくだけでトイレがきれいに保てます。

お風呂掃除はお風呂あがりに洗ってしまうのが一番です。
最後に入った人が洗う、と決めてしまうのもいいかもしれません。
お風呂に入ったばかりだと汚れが付着しきってないので、そんなにゴシゴシこすらなくてもするっと垢が落ちます。
細かいところの掃除は時間がある時にやればいいのですが、日々の掃除はお風呂に入ったついでにささっと終わらせてしまいましょう。

手抜きのコツ 洗濯編

洗濯物はハンガーのまま干して、ハンガーのまま収納してしまうのが一番楽です。
畳む手間がなくなる上に、しわになりにくいのでアイロンの手間もはぶけます。
どうしても畳まなければならないものもあるでしょうが、タオルなど簡単なものは子供に頼んでしまうと楽です。
小さい子ならお母さんの真似をして喜んで畳んでくれます。
ただしお手伝いを頼む時はぐちゃぐちゃになってもいいや、くらいの気持ちで頼みましょう。

家事を手抜きするのは気が引けるという人も中にはいますが、毎日完璧に家事をこなそうとピリピリしているよりは、多少手を抜いてもお母さんがニコニコしているほうが家族にとっては幸せなはずです。
手抜きは家事をさぼっているわけではなく、効率よく時間を使うための工夫です。
上手に手を抜いて日々の生活に余裕を取り戻しましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。