vvv 親子で楽しくクラッシック 子供におすすめのクラッシック曲10選  | 初めての子育て  

親子で楽しくクラッシック 子供におすすめのクラッシック曲10選 

スポンサードリンク


クラッシックを子供に聴かせると様々な効能があると言われています。
親子でクラッシックを楽しめればそれが一番いいのですが、なんとなくクラッシックに苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。
この記事ではあまりクラッシックになじみのない人や小さな子供でも楽しく聞けるような曲を紹介しているので、親子で音楽を聴く時の参考になさってください。

クラッシックを子供に聴かせると何がいいの?音楽CDのイラストまずは、クラッシックを子供に聴かせることでどんな効能があるのかを見ていきましょう。
現代人の普段の生活では言葉を話したり考えたりすることにより、左脳が優先的に働いています。
しかしクラッシック音楽は右脳に直接はたらきかけてくれるので、普段あまり使わない右脳を活性化させ発想力や想像力といったものを鍛えてくれます。
クラッシック音楽を聴くと頭がよくなる、と言われる理由はこのあたりにあります。
またクラッシックには集中力を高めてくれる働きもあります。
これは曲の種類にもよりますが、特にゆっくりめなバッハやモーツアルトの曲は勉強中にBGMとして流すと効果があると言われています。

またクラッシックは精神安定にも効果があると知られています。
小川の音や小鳥のさえずりのような自然の音と同じくらいのリラックス効果があり、心を落ち着けてくれます。
かんしゃくもちの子供には、落ち着いた曲調のクラッシックを聴かせてあげることを習慣づけてあげるといいでしょう。

初めてでも聴きやすいクラッシック曲

それでは次に、親子で気軽に楽しめるクラッシック曲を順にご紹介します。

・ラデツキー行進曲

あちこちのコンサートでアンコール曲として使われる、クラッシックの中でもおなじみの曲です。
行進曲なので最初から最後まで一定のテンポで曲が進んでいきます。
本当に歩き出したくなるような元気な曲です。
お子さんと手拍子をしながら楽しんでみてください。

・子犬のワルツ

小学校でもよく流されるショパンの定番ワルツです。
子犬が自分のしっぽをおいかけてくるくる回る様を曲にしたと言われています。
その情景が目に浮かぶような可愛らしいワルツです。
とても短い曲なので、飽きっぽいお子さんにおすすめの曲です。

・天国と地獄

CMにも替え歌で使われていたり運動会でもよく使われる曲なので、クラッシックに興味がない人でも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。
ノリのいいテンポのはやい曲なので、思わずお子さんも走り出してしまうかもしれません。

・きらきら星変奏曲

きらきら星は大人から子供まで誰でも知っている曲ですが、その主題が形を変えながら何度も何度も繰り返し出てくるモーツアルトの有名な曲です。
少し長い曲ですが「次はどんなきらきら星が出てくるんだろう」と親子でワクワクしながら聴ける曲です。

・「白鳥の湖」より~4羽の白鳥

白鳥の湖の中ではテーマ曲に次いで有名な曲です。
テレビでもよく流れているので、耳にしたことのある人も多いはずです。
バレエではこの曲にのって4人のバレリーナがぴたりと息の合った踊りを披露してくれます。
お子さんとバレエの真似をして楽しく踊ってみるのもいいでしょう。バッハの似顔絵イラスト・別れの曲

テレビドラマで使われ一気に有名となったショパンのエチュードです。
しかしテレビでは序盤と終盤のゆっくりとした箇所しか使用されていなかったので、この曲を最初から最後まで全部聴いたことのある人は意外と少ないかもしれません。
序盤と終盤からは想像もつかないような激しい中間部分を聞くと、この曲に対するイメージもまた変わってくるでしょう。

・パッヘルベルのカノン

カノンの中でも知名度の高いパッヘルベルのカノンは、ゆったりとしたテンポの美しい曲です。
リラックスしたい時や寝る前のひと時にはぴったりの曲です。
ぜひお子さんを落ち着かせたい時などにBGMとして使ってみてください。

・トロイメライ

ピアノを習っている子供ならたいてい弾いたことのある比較的簡単な曲です。
しかしとても美しい旋律を持った曲で、こちらもリラックスしたい時などに聴くといいでしょう。
また短めの曲なのですぐに聴きおわることができます。

・シンコペーティッドクロック

現在の小学校の音楽の教科書に載っている曲です。
ウッドブロックという打楽器で時計の秒針をあらわしたり、トライアングルで目覚ましのベルを表現したりしている楽しい曲です。
「いまこの部分はどんな場面を表現しているのだろう」と想像力を働かせながら
親子で会話を楽しんでみてください。

・アルヴァマー序曲

一般にはあまり知られていない曲ですが、吹奏楽をしていた人ならば必ず一度は聴いたことがある有名な吹奏楽曲です。
弦楽器は使わずに吹奏楽器だけで演奏されているので、オーケストラとはまた違った力強い演奏を楽しめます。
とても激しくはじまるので、テンポのはやい曲や元気な曲が好きなお子さんにおすすめです。

一言にクラッシックと言っても、激しい曲から穏やかな曲まで様々です。
聴きたい音楽は自分の好みやその時の体調によっても変わってくるでしょう。
ぜひ親子で楽しめる曲を探してみてください。
また学校の教科の中でも唯一「学」ではなく「楽」が使われている音楽は、その名の通り音を楽しむことが本来の目的です。
「音楽を聴かなくちゃ!」と力む必要はないので、絵本を読みながらでもおもちゃで遊びながらでも、普段の生活のBGMとして気楽に流してみてください。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。