vvv 離乳食でイライラしてしまう!離乳食を楽に乗り越えるコツとは? | 初めての子育て  

離乳食でイライラしてしまう!離乳食を楽に乗り越えるコツとは?

スポンサードリンク


赤ちゃんが産まれて半年もすると少しずつお世話にもなれて、なんとなく一日のペースが決まってきます。
しかしそこで始まるのが離乳食です。
これがはじまってしまうとママはまた一気に忙しくなってしまいます。
どうしてもイライラしてしまうことも少なくないでしょう。
そこでこの記事では、離乳食でイライラしてしまう原因や離乳食を楽に乗り越えるコツについてまとめてみました。

離乳食、なんでこんなにイライラするの?赤ちゃんに離乳食を食べさせているお母さんのイラスト

離乳食でイライラする原因は、とにかく手間がかかることです。
ただでさえ赤ちゃんの世話で忙しい中合間をぬって家事をしたりしているのに、それに加えて「離乳食づくり」という面倒な仕事がまたひとつ増えるのです。
しかもこの離乳食づくり、慣れていないうちは本当に時間がかかります。

育児書にはだいたい「はじめは10倍粥から」と書いてありますが、一人目の子供の場合10倍粥の作り方だって調べないとわかりません。
普段の料理のように、自分が知っているものをぱぱっと作る、ということができないのです。
また、作り方を調べていたりお粥を作っている間に赤ちゃんが泣きだしてなかなか調理が進まないなんてこともしょっちゅうです。
そうしてやっとの思いで作った離乳食ですが、いつも赤ちゃんがおいしく食べてくれるわけではありません。

だいたいがべーっと吐き出されてしまいます。
相手は赤ちゃんなので仕方のないこととわかってはいても、必死で作った物を食べてもらえなければがっかりしますし、どうしてもイライラしてしまいます。
そして吐き出されるだけならまだしも、月齢があがってくるとスプーンをはらいのけたり茶碗をひっくり返されたりと、どんどん行動もエスカレートしてきます。
そうするとママの怒りもどんどんヒートアップしてしまいます。

また、とても一生懸命で真面目な人ほどイライラも増してしまいます。
育児書通りに「10倍粥の次は7倍粥、おかずは野菜や豆腐をすりつぶすところからはじめて…」などと育児書通りにきっちりと進めようとして、どんどん余裕がなくなり追い詰められていく場合があります。
他にも離乳食は絶対に手作りでなければいけないとか、二回食や三回食になったら必ずその回数食べさせなければいけないとか、自分の中で規則に縛られている人ほどイライラもひどくなります。

離乳食でイライラしないコツとは?

まずはあまり肩に力をいれすぎないことから始めましょう。
初めての離乳食づくりはママもわからないことだらけなので、とにかく手探り状態ではじまります。
しかも今の世の中は情報がたくさんあふれているので、その情報に振り回されてしまうこともあります。
離乳食のやり方を調べるのは別に悪いことではありませんが、それをすべてきっちりと守るのではなくて参考程度にするのがいいでしょう。

離乳食を赤ちゃんにあげる際に気を付けることは、アレルギー症状や便の状態と赤ちゃんの体調、そしてのどにつまらない形状かどうかということだけです。
赤ちゃんによって食べる量も違えば好みも違います。
全員が全員、育児書通りの離乳食を食べるわけではありません。
赤ちゃんの状態はママが一番よくわかっているはずです。

最初は手探りでもなんとなく赤ちゃんの様子で「これは好きだけどこれは嫌いだな」とか「まだおっぱいばっかりであんまり食べないな」とかわかってきます。
そうしたらその子にあった進め方をしてあげてください。
必ずしも育児書通りに進めなくても大丈夫です。
誰でも必ずご飯は食べられるようになります。

また離乳食もそんなにきちんと作らなくても、形状さえ赤ちゃんが飲み込める形になっていれば大丈夫です。
私も一人目の時はきちんと10倍粥を作っていましたが、二人目の時はお粥なんて作ったこともありませんでした。
ではどうしていたかといえば、普通のご飯にお湯を加えて電子レンジでチン、そしてふやけた米をすりつぶしたものを与えていました。
成長とともにお湯の量を変えてお米の硬さも変えていました。
しかしうちの子はドロドロの米が好きではないようで、すぐに普通のご飯を食べるようになりました。
おかずもわざわざ赤ちゃん用に作ることはしませんでした。
家族用の味噌汁を野菜たくさんのものにして、そこからニンジンやジャガイモを取りだしてすりつぶして与えていました。

一番便利だったメニューは鍋です。
野菜も柔らかく煮込まれているし、魚も一緒に入っているのでそれをすりつぶしてタンパク質の補給もできました。鍋のイラスト「鍋料理」
このように、とにかく赤ちゃんのためだけに離乳食を作るのではなく、家族のご飯のついでとして作ってしまうと手間もなくなりイライラも減ります。

ある程度量を食べるようになってからはよくレトルトの離乳食も利用していました。
最近のレトルトは本当に栄養分もよく考えられていて、自分で作るよりも逆に体にいいくらいです。
自分の体調の悪い時や忙しい時などは手作りにこだわらず、レトルトなども積極的に利用して負担を減らしましょう。
またレトルトだと自分で作っていないため、ほとんど食べてくれなかったりしてもあまり不快に感じないという利点もあります。

赤ちゃんの育児は何もかもが初めてのことだらけです。
うまくいかないことのほうが多くて当たり前です。
何もかも完璧を目指すとするとすぐにストレスでつぶれてしまいます。
離乳食づくりもできるだけ手を抜いて、気楽にこなしていけるといいですね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。