vvv ハロウィンにおすすめ!簡単にできるキャラ弁レシピ! | 初めての子育て  

ハロウィンにおすすめ!簡単にできるキャラ弁レシピ!

スポンサードリンク


10月31日はハロウィンです。
もともとは海外のお祭りですが、最近では日本でもメジャーな行事になっています。
仮装など子どもにも人気のお祭りですよね。
今回はそんなハロウィンをさらに盛り上げるキャラ弁のおすすめレシピを紹介します!
簡単なキャラ弁レシピでお弁当も可愛く飾りましょう!

ハロウィンって何?

そもそもハロウィンとはどんなお祭りなのでしょうか。
ハロウィンはキリスト教の祝日「万聖節」の前夜祭で古代ケルト人が起源と考えられています。
はるか昔、ケルト人の1年の終わりは10月31日でした。
10月31日には秋の収穫を祝う収穫祭が行われていました。
同時に1年の終わりの日の夜には死者の霊がこの世に戻って来る日とも考えられており、黒猫を連れた魔女や悪霊が悪さをするとも信じられていました。
なのでこの日に秋の収穫を祝うとともに、悪霊を追い払うお祭りも行われていました。
時代が進むとともにケルト人が行っていたお祭りとキリスト教が融合し、現在のハロウィンの行事になっていきます。
日本で言うお盆のようなものですね。

ではなぜハロウィンに仮装をするのでしょうか。
ハロウィンの日には死者の魂がこの世に戻ってくるなかで、悪霊や魔物も一緒にこの世にやってくるといわれています。
この悪霊や魔物が人間をあの世へ連れて行こうとするので、おばけの格好をして悪霊や魔物の仲間だと思わせるために仮装をするそうです。
仲間だと思わせれば悪霊が襲ってきませんし、魂もとられずにすむと信じられているんですね。
それ以外にもこの世にきた魔物たちが人間の怖い姿を見て驚いて、逃げていってしまうという説もあります。
ハロウィンの仮装にはさまざまな説がありますが、もともとは「魔除け」の意味合いから仮想する風習が受け継がれているようです。

ハロウィンにおすすめ!簡単にできるキャラ弁レシピを
紹介!

ではさっそくハロウィンを盛り上げるキャラ弁のレシピを紹介していきます。
手軽に作れるものを集めたのでキャラ弁初心者の方にもおすすめです。

・ハロウィンの3色おにぎり
まずはキャラ弁の定番おにぎりを紹介します。
ハロウィン仕様にオレンジのおにぎりでジャック・オ・ランタン、緑のおにぎりでフランケンシュタイン、白のおにぎりでおばけを作っていきます。
まずはジャック・オ・ランタンのおにぎりです。
ケチャップライスを作って俵型にまるめ、かぼちゃの顔をのりで作ります。
ヘタの部分はきゅうりなどの緑を使いましょう。

次はフランケンシュタインの緑のおにぎりです。
丸いおにぎりを作ったら薄くスライスしたきゅうりを巻き付けていきます。
きゅうりはスライサーなどで薄切りにするといいでしょう
お弁当箱に詰めたらのりで顔や髪をデコレーションしましょう。
細かい作業はお弁当箱に詰めてから行うのがポイントです。
顔ははさみなどでカットしてもいいですし、キャラ弁用ののりパンチなどを使用しても便利です。
表情をかわいく見せるためにケチャップなどでぽっぺをデコレーションするのもいいでしょう。

最後はおばけの白色のおにぎりです。
のりにおばけの形をくり抜いて巻き付けます。
するとのりがかかっていない白い部分がおばけの形になるので、お弁当箱に詰めてから顔をつけましょう。
いつものおにぎりに一手間を加えることでかわいいハロウィン弁当が完成します。

・パスタで魔女のお弁当
次はパスタを使ってかわいい魔女のキャラ弁を作っていきましょう。
まず、魔女の顔用のおおきめのおにぎりを1つと、魔女の手用の小さいおにぎりを2つ用意します。
お弁当箱に顔の下に手がくるようにおにぎりを配置します。
おにぎりが配置できたら、顔の周りにパスタを髪のように飾りつけします。
パスタが広がらないようにお弁当用の仕切りなどを使用するといいでしょう。
パスタを使うとリアルな髪のようにみえますが、おかかやチーズなどを使ってもOKです。
魔女に見えるようにのりなどを使って魔女帽を作り、パスタに乗せましょう。
おかずなどに指すピンを手のおにぎりに指すと、魔法の杖を持っているように見えるので可愛さアップです。
こちらも表情を豊かにするために白ごまを使ってそばかすを作ったり、梅やケチャップでぽっぺを作るのがおすすめです。

・手軽にシンプル!大人にもおすすめチーズデコ
最後は簡単かつシンプルで、大人の方でもハロウィン気分を楽しめるキャラ弁を紹介します。
まずはチーズを少し横が広い楕円にカットします。
ここにのりを使って顔をつけましょう。
目の部分を丸くして、白めのチーズを使うとガイコツ風になります。
目を三角にカットして、黄色めのチーズを使うとジャック・オ・ランタン風になります。
作ったガイコツやジャック・オ・ランタンは、お弁当のご飯の部分に乗っけたりおかずの中に入れたりと汎用性が高いです。
がっつりとしたデコ弁は大人の方には難しいかもしれませんが、これくらいシンプルで手軽なものであればさりげなくハロウィン気分が楽しめるでしょう。
時間も手間も少ないですが、ぐっとハロウィン感がでるのでおすすめです!

まとめ

今回はハロウィンの起源や簡単にできるハロウィンのキャラ弁を紹介しました。
最近ではキャラ弁用の便利なグッズなども多く発売されていて、以前よりもキャラ弁に挑戦しやすくなっています。
ぜひ今年のハロウィンは仮装だけでなく、お弁当も可愛くデコレーションしてハロウィンを目一杯楽しみましょう!


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。