vvv ブラジルのハロウィンの過ごし方 | 初めての子育て  

ブラジルのハロウィンの過ごし方

スポンサードリンク


皆さんこんにちは!!
皆さん、もうすぐ10月31日のハロウィンがやってきます。

日本でも渋谷の街がおばけだらけになったり、いろんなお店やテーマパークでコスプレパーティーがあったりしますね。

今回はブラジルのハロウィンについて紹介します。ハロウィンのイラスト「かぼちゃのランタン・3つ」

本来のハロウィンの意義とは?

ハロウィンとはもともとは古代ケルト人が始めたお祭りでした。本来ハロウィンとは、秋の収穫を祝い悪霊を追い払うためのお祭りでした。

このお祭りがアメリカ大陸に渡ると、本来のお祭りの宗教的な意味はほとんどなくなり、楽しい民間行事として定着しました。

「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれる、カボチャをくりぬいて中にロウソクをともした物を持って、仮装した子供たちが近所の家を回りお菓子などをもらいます。

キリスト教のお祭りと混同されることもありますが、キリスト教とは関連はありません。

● カブでできた‘‘ジャック・オー・ランタン‘‘もある

日本でも、ハロウィンの‘‘ジャック・オー・ランタン‘‘といえばカボチャをくりぬいて、中にロウソクを入れたものが有名です。

ハロウィン発祥の地であるアイルランドではカブの一種である、‘‘ルタバガ‘‘を用いて作ります。

カボチャと同じように中をくりぬいて怖い顔を作り、中にロウソクをともして提灯のように持って歩きます。

ブラジルでのハロウィンとは?ハロウィンの仮装のイラスト「トリック・オア・トリート」

ブラジルではこの10年くらいでハロウィンが定着し始めました。学校行事や友達同士、ご近所などで集まってハロウィンパーティーを楽しみます。

我が家も子供たちが現地の幼稚園に通っているころに、何度か経験しました。今住んでいるアパートでも、毎年仮装をした子供たちがお菓子をもらいに来ます。

女の子は魔女、男の子は吸血鬼の仮装をすることが多いです。

● お店のカボチャもハロウィン仕様に

この時期になると、ブラジルでもハロウィングッズがお店に並び始めます。

先日行った近所のスーパーでは、「ジャック・オー・ランタン」に使う黄色いカボチャにテープが張られてその上に顔が描かれていました。カボチャやおばけに見立てた顔が描かれた風船もたくさん飾ってありました。

お菓子コーナーにはハロウィンを意識したパッケージのお菓子がたくさんありました。

10月31日は‘‘サッシ・ペレレの日‘‘

10月31日はブラジルでも、ハロウィンの日として認識されています。この日をブラジルでは‘‘ジア・ダス・ブルーシャス(魔女の日)‘‘とされます。

この10月31日をブラジルの一部では‘‘サッシ・ペレレ‘‘の日とも言われています。

2003年にブラジル国内の文化を大切にするために、アメリカから伝わったハロウィンの日である10月31日を‘‘サッシ・ペレレ‘‘の日とする動きが起こりました。

これにより2004年にサンパウロでは、10月31日を‘‘サッシ・ペレレの日‘‘として制定されました。

● ‘‘サッシ・ペレレ‘‘は可愛いおばけ

‘‘サッシ・ペレレ‘‘とはブラジルのおばけで、その伝説は植民地時代の先住民族の間からはじまったとされます。

この‘‘サッシ・ペレレ‘‘とはシッポがある一本足の黒人の男の子の姿をしており、赤い帽子と赤い短パンをはいてパイプをくわえています。

森の中でこの‘‘サッシ・ペレレ‘‘に遭遇すると、イタズラをされるのだそうです。ブラジルの絵本や漫画などにもたびたび登場し、愛嬌のあるおばけとして国民に愛されています。

日本の水木茂の漫画「悪魔くん」に、ブラジル出身の魔法使いとしても登場しています。

イタズラが大好きな日本の‘‘ざしきわらし‘‘や沖縄の‘‘キジムナー‘‘のような可愛らしいおばけです。

2日後はブラジルの「死者の日」

10月31日のハロウィンの2日後には、ブラジル式のお盆である「死者の日」があります。
この日はブラジルの学校や多くの職場はお休みとなります。

ラテンアメリカ全体でこの日は「死者の日」とされ、各地で様々な催しが行われています。

ブラジルではハロウィンよりも、こちらのほうが重要な日とされています。この日は日本のお盆のように、家族や親戚のお墓参りや教会の礼拝に行く日です。

サンパウロでは‘‘ゾンビウォーク‘‘と呼ばれる、ゾンビや吸血鬼に扮した人々が街を練り歩くイベントが行われます。

日系人の多い地域ではこの日に盆踊りや灯篭流しが行われます。

日系のご家庭も、ブラジルの「死者の日」をブラジル式のお盆と考えて、この時期にお墓まりをするのだそうです。

まとめ

いかがでしたか?
ここではブラジルのハロウィンの過ごし方や、ハロウィンの本来の意義などについて紹介しました。

ハロウィンはブラジルでは本来、なじみのないよその国のお祭りでした。本当にハロウィンが浸透し始めたのはここ10年くらいの事です。

それでもハロウィンは、元来お祭り騒ぎの大好きなブラジル人の心をとらえることに成功したようです。

今では学校行事や友達や近所の方が、集まって楽しむイベントの一つとなっているようです。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。