vvv 赤ちゃんへの愛情不足が深刻。特徴と対策を知りたい! | 初めての子育て  

赤ちゃんへの愛情不足が深刻。特徴と対策を知りたい!

スポンサードリンク


子育てって実際に経験して初めてわかるのですが

本当に忙しく時間が過ぎていってしまうものですよね。

ゆっくり赤ちゃんと関わってあげたいという気持ちはあっても

毎日の生活…

例えば、洗濯や掃除、赤ちゃんや自分たちの食事と

常に家事に追われているような状態になってしまうことありますよね。

忙しくついイライラしてしまい

いけないとわかっていてもつい大声を出してしまうことも

きっと子育てをしているママは経験したことがあるんでしょう。

そんなときに心配になるのが

「うちの赤ちゃんってもしかして愛情不足?」ということです。

この記事では愛情不足の赤ちゃんの特徴と

今からでも間に合う!愛情不足だと感じた時の対策をお伝えします。

愛情不足の赤ちゃんはサインを出している!

子供のお世話をしながら家事をするのって

きっと思っている以上に大変なことなんですよね。

子供の様子次第では家事が思うように進まなかったり

ママもストレスを感じてしまうことって実は多いと思います。

頑張って子育てをしていても、家事を頑張っていても

それってなかなか他の人に認めてもらえるものでもありませんしね。

また、赤ちゃんが自分の意思表示をして泣いたり

泣きやませようといくらあやしても赤ちゃんが泣き止んでくれないことも

子育てをしているとそんな場面に遭遇することもよくあることです。

一生懸命やっていることが急に虚しくなることを

経験したことのあるママもきっとたくさんいると思います。

そんなとき、いけないことと思っていても

つい赤ちゃんに大声を出してあたってしまったり

もう何もしなくないと思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そんなとき赤ちゃんの愛情不足が心配ですよね。

大声を出してしまったこと、思うようにお世話ができないことで

赤ちゃんがママからの愛情を感じることができていないのでは!?と

心配になったりすることもあると思います。

愛情不足の赤ちゃんって実は赤ちゃんからサインを出していたり

特徴があるのです!

愛情不足の赤ちゃんにはいくつかの特徴があるので紹介しておきますね。

よくある特徴としては…

  • 指すいをする
  • 爪を噛む
  • 髪の毛をむしる

このようなことを無意識的にすることが多く

軽い自虐行為からはじまることが多いと言われています。

時にはママにかまってほしい気持ちから

  • 噛みつき
  • ひっかく

このような行動をすることあるんですよ。

このあたりはまだ軽度なものなのですが

愛情不足がもっとひどいものになってくると…

  • 笑わない
  • 泣かない

このように感情を表に出さないようなことになってきてしまうのです。

自分の赤ちゃんにこのような行動が見られ始めたら

愛情不足の可能性がありますので注意したほうがいいと言えるでしょう。

愛情不足のまま育たないために今日からできる対策は?

赤ちゃんがママやパパから愛情を受けずに愛情不足のまま

成長することは実はとっても危険なのですよ。

愛情不足は赤ちゃんの成長のさまたげになることもあるんです!

愛情不足にならないよう

または愛情不足を改善していくためにもしっかり対策しましょう。

赤ちゃんが愛情不足にならないために必要なことは簡単です。

「愛情」を赤ちゃんにたくさん注ぐということ

これが重要で一番必要なことなのです。

愛情を注ぐって言われても具体的に何をどうすればいいのか

漠然としていてわかりにくいと思う人もいるでしょう。

具体的に言うと、赤ちゃんと関わる時間を大切にすることから

始めてみてください。

  1. 他のことはちょっと置いておいて、赤ちゃん優先!

赤ちゃんとしっかり関わる時間を持つこと。

赤ちゃんの欲求をしっかり満たしてあげることから

まずははじめてみてください。

家事などはちょっと後回しにしておいて

しっかり赤ちゃんと関わってあげてください。

2. スキンシップをしっかり持とう♪

愛情を感じるためには、肌の触れ合いって大切なのです。

ママのぬくもりが赤ちゃんにとってはとても大切です。

手を握って話しかけてあげる

頬ずりをするなど、こんな簡単なことでいいのです。

3. 抱っこをしっかりしてあげましょう。

赤ちゃんはママの抱っこが大好きです。

赤ちゃんが求めるのならしっかり抱っこしてあげてくださいね。

よく言われるのですが赤ちゃんを抱っこしていると

「抱き癖がつくから抱っこばかりしないほうがいい」

と言われた経験はありませんか?

昔はそのように言われていたということは事実です。

しかし、今では「抱き癖」なんてものは気にしなくてもいいのです!

赤ちゃんが抱っこしてほしいのであれば

しっかり抱っこしてあげることのほうが大切なのですよ。

そのほかにも、赤ちゃんと一緒に添い寝をするだけでも効果はあります。

このように積極的に赤ちゃんとスキンシップをとってみてくださいね。親子 母子 親 おや 母 母親 ママ マザー 子ども 子供 子 赤ちゃん 赤ん坊 乳児 幼児 ベイビー 絆 女性 女 人物 触れ合い ふれあい 室内 部屋 座る 抱っこ だっこ 抱く 日本人 mdfk007 mdjf016

まとめ

いつも赤ちゃんと一緒にいると当たり前になってしまいます。

家事など、ママもしなくてはいけないこともあるので

つい赤ちゃんを後回しにしてしまうこともあることでしょう。

洗濯、掃除、料理など赤ちゃんが快適に過ごすためには

どれも必要なことですが、常に完璧でなくてもいいので

赤ちゃんとの時間を優先させてあげることも

赤ちゃんが愛情不足にならないためには必要なことですよ。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。