vvv なかなかご飯を食べない2歳児 どうやったら食べてくれる? | 初めての子育て  

なかなかご飯を食べない2歳児 どうやったら食べてくれる?

スポンサードリンク


離乳食も終わって歯もだいぶ生えそろってくる2歳。

親としては色々な食材をバランスよく食べてほしいと思いますよね。

でもなかなか思った通りに食べてくれなかったりしませんか?

さらにイヤイヤ期も相まって、ご飯すら「イヤ!」と拒否しだすのが

2歳の厄介なところです。

そんな食べない2歳児にはどう対処すればいいのでしょうか。

食事を食べない理由とあわせて対処法を見ていきましょう。

〇2歳児がご飯を食べない理由

どうして2歳くらいの子供はなかなかご飯を食べてくれないのでしょうか。

・お腹がすいていない

お腹がすいていないというのは一番わかりやすい理由でしょう。

お菓子を食べすぎたりジュースを飲みすぎたりしたらそれだけでお腹いっぱいに

なってしまってご飯が食べられなくなってしまいます。

また昼間にあまり体を動かさずにいると、それほど間食をしていなくても

お腹がすかなくなってしまいます。

・味や食感が苦手

子供の舌は大人に比べて苦味を多く感じるようになっています。

そのため大人より苦手な食材も増えてきます。

またその子供によって固いものが苦手であったりぐにゃぐにゃしたものが

苦手であったり、好まない食感の食材もあったりします。

その苦手分野が大人よりも多いので偏食になったりあまりご飯を食べなくなったりします。

・月齢にあった形や大きさでない

赤ちゃんの頃より食べられるようになったといっても、まだまだ2歳です。

あまりに大きなものや固いものは食べづらくて食べるのを嫌がるでしょう。

まだかみ切る力も十分ではないので、子供が食べやすいような形状にして

あげる工夫が必要になります。

・遊びに夢中

お腹がすいていても遊びのほうに夢中になってしまって、すぐにおもちゃの

ほうへ飛んで行ってしまうこともあります。

この場合はお腹はすいていることに違いはないので、遊びが落ち着いた後ご飯の

時間が終わってからお腹がすいたと騒ぎだしたりします。

「じゃあご飯の時にちゃんと食べてよ!」と言いたくなるケースですね。

・ただのイヤイヤ

イヤイヤ期に入るととにかくなんにでも「イヤ!」と言います。

もちろんそれはご飯の時でも同じで、ひどい時にはお皿をひっくり

返したりして暴れたりします。

そうなるともうご飯を作る気力さえなくなってしまいますよね。

ただイヤイヤしていてもお腹はすいているはずなので、楽しく食べられる

工夫をすればすんなりと食べてくれたりします。

〇2歳児にご飯を食べさせるための対策

では具体的にどうすれば子供がご飯を食べてくれるようになるのか、その対策を見ていきましょう。

・生活環境を見直す

生活習慣が乱れていると食生活も乱れがちになります。

例えば朝起きるのが遅いと朝ごはんが遅くなり、昼食の時間になっても

お腹がすかなくて食べられなくなります。

またこの頃の子供は間食も必要になりますが、間食にお菓子やジュースなどの

糖分の多いものばかり与えていると夕食の時間になってもお腹がすかなくなります。

それだけでなく、お菓子などの濃い味や化学調味料の味に慣れてしまうと、食材の

自然な味や薄味を嫌がるようになってしまいます。

できるだけ間食はおにぎりや小さなサンドイッチ、バナナやさつまいもなどのエネルギーに

かわるものにしてあげて、お菓子などはあまり与えないようにしましょう。

・苦手な食材は細かく刻む

野菜などの嫌いなものはとにかく細かく刻んでしまうことをおすすめします。

フードプロセッサーがあると便利ですね。

細かくしたものをハンバーグや肉団子、餃子などのひき肉系のおかずに混ぜて

しまえば子供は気づかずに食べてしまいます。

他にもおにぎりに小魚のふりかけやそぼろをまぜてタンパク質をとったり、わかめや

ひじきを混ぜて海藻を食べさせたりと色々できます。

とにかくなんでも小さくして子供が食べるものに混ぜてしまいましょう。

・形や固さを変えてみる

2歳くらいだとスプーンもフォークも使える子も増えてきますが、

それでもまだまだ上手に食べられない時期です。

手づかみのほうが喜んで食べてくれるという子もまだ多いでしょう。

逆に上手に使えなくてもスプーンじゃなきゃ嫌だ!という子もいます。

自分の子供がどのタイプなのかを見て、その子にとって食べやすい形にして

あげることが大事です。

例えば手づかみが好きな子ならご飯はおにぎり、おかずはスティック状にして

みんなまとめてしまえば食べやすくなります。

スプーンやフォークを使いたがる子はフォークで刺しやすいような形にして

あげたりすくいやすいようなものにしてあげるなど工夫してみてください。

食べ物の固さも少し柔らかくしてみたり逆に歯ごたえのいいものを与えてみたりと、

色々な固さのものを試してみると子供の好みがわかってきます。

・余計なものを周りにおかない

食事中は食事だけに集中できるように食事に必要のないものは片付けておきましょう。

テーブルの上はもちろんのこと、できればリビングに広がったおもちゃも片付けて

おくと子供の気が散らずにすみます。

食事の前におもちゃを一緒に片付けることで、お片付けの習慣もつきやすくなります。

またおもちゃだけでなくテレビも消して食事に集中させてあげましょう。

・食事を楽しいものにする

イヤイヤしたりなんとなく食べたくない、という子供には「食事って楽しいんだ」

と思わせてあげることが一番です。

例えばおにぎりの形を動物の顔にしてあげたりお子様ランチみたいに旗をたてて

あげたりすると、いつもと違う雰囲気に子供は喜びます。

またいつものお皿ではなくお弁当箱につめてあげるだけで「お弁当だ!」と

喜んで食べてくれたりします。

その時には事前にお弁当の出てくる絵本などを読んであげると、絵本と同じと

いうことでさらにテンションがあがりますよ。

お弁当箱につめるだけでなく、レジャーシートを敷いてピクニック気分を楽しむのもいいですね。

家の中で敷いてもいいですし、庭に敷いたり実際に近くの公園に行って食べたりしてもいいでしょう。

とにかく子供が「楽しい」と思える環境で食事をさせてあげましょう。

食事の時間は本来楽しい物ですが、無理やり食べさせようとすると親も子供も

食事の時間が苦痛になってしまいますよね。

ご飯をあまり食べない時期があったとしても、少しずつでも何か食べていれば

そこまで心配する必要もありません。

成長とともに食べるようになる日はまたやってきます。

あまり気にすることなく、気楽にかまえて楽しい食事を心がけてみてください。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。