vvv あっという間に出来る二重跳び!こう教えてください。 | 初めての子育て  

あっという間に出来る二重跳び!こう教えて
ください。

スポンサードリンク


幼稚園も年中さんから年長さんくらいになってくると、子供たちはだんだん
縄跳びができるようになってきます。

前まわしや片足跳びなどができるようになってくると、やっぱり二重跳びに
チャレンジしたくなるものですよね。
周りのお友達が跳んでいればなおさらです。

早い子だと年長さんくらいで二重跳びは跳べるようになります。
しかし縄跳びは苦手な子もたくさんいるので、小学生になっても二重跳びができない
という子もまだまだたくさんいます。

ではそんな二重跳びが跳べない子供に二重跳びを教えるにはどうすればいいでしょうか。
自分が跳べても人に教えるのって難しかったりしますよね。

しかしどんなものでもコツをつかむことで習得は比較的簡単になります。
この記事では二重跳びがうまく跳べるコツを簡単にまとめてみました。
お子さんに教える時の参考になさってください。

〇縄跳びの長さを確認しよう

まず、どれだけコツをつかんで跳ぼうとしたところで、縄跳びの長さが適切でないと
二重跳びはうまく跳べません。

跳び方を教える前に、子供にとって縄跳びの長さがちょうどいいかどうかを
確認してみましょう。

縄跳びのグリップを両手でにぎったら、縄の真ん中を片足で踏みます。
そうして縄を上にピンと張った時に、グリップを持っている手が子供のおへそと脇の
中間くらいにくるのが二重跳びにちょうどいい長さです。

長さを調節する時にいきなり繩を切ったりしてしまうと、切りすぎて逆に短くなって
しまう場合もあるし、成長して背が高くなった時にもう使えなくなってしまいます。

そうならないためにも、長さ調節は縄を切るのではなく、縄の途中に結び目を作って
調節してあげましょう。
これならまた縄跳びを長くしたい時にすぐに戻せることができて便利です。

〇二重跳びのコツ

二重跳びを跳ぶには姿勢が大事です。
二重跳びができない子は頑張って跳ぼうとするあまり、体が下り曲がったり顔が下を
向いたりしてしまいがちです。

まずは顔を真っすぐ前に向け、視線を遠くへ向けることから始めましょう。
顔をまっすぐ前に向けると、自然と背筋も伸びて姿勢がよくなります。
視線をあげて背筋をまっすぐ伸ばしたら、今度は膝を軽く曲げてジャンプします。
ジャンプする時はつま先でジャンプしましょう。

そして素早く手首で二回縄跳びを回します。
二重跳びをする時は普段よりも高めにジャンプします。
この時かかとがお尻のほうを向くようなイメージでジャンプすると足が縄に
引っかかりづらくなります。

これらのコツをつかんで練習していれば二重跳びの成功率はあがってきます。
しかしどうしても二重跳びのタイミングがつかめない、という子は、まずは縄跳びを
使わずにリズムの練習から始めましょう。

縄跳びを持たずに一度ジャンプし、ジャンプしている間に両手で自分の膝を二回叩きましょう。
この練習で二重跳びのリズムをつかむことができます。
この練習をする時も、姿勢やジャンプの仕方は縄跳びを跳ぶ時と同じようにしておきましょう。

スポンサードリンク


〇スマホなどの動画を活用しよう

「背中が曲がっている」「ジャンプが足りない」など、どれだけ口で言ってもなかなか
治らないことがあります。

それは子供自身が自分の跳んでいる時の姿勢が見えていないので、どれだけ体勢が
崩れているのか自覚しきれていないためです。

また教えるのが親だと「そんなことないよ」と反発してくることもあります。
そんな時はスマホなどで子供の跳ぶ姿を動画で撮っておいて、子供自身に確認
させるのが一番です。

動画で見れば子供も自分の姿を客観的に見ることができるので、自分の悪いところを把握
しやすくなります。

また親が「こうしろああしろ」と言うよりは、動画を見せて「どこが悪いと思う?」
「どうすればうまく跳べると思う?」と子供自身に考えさせてあげたほうが、子供は自分で
考え工夫して跳ぶようになるので上達も早くなります。

なかなか成功しなかったとしても、目に見えて跳ぶ姿勢が良くなっていればそれだけで
やる気もアップします。
なかなか成功しない子や何かと反発してくるような子には動画が特におすすめです。

〇親も一緒に楽しもう

子供一人に教えて親は横で命令しているだけだと、子供はつまらなくなってすぐに
練習をやめてしまいます。

子供に縄跳びを教える時は親も横で一緒になって跳んであげましょう。
親も二重跳びができないようだったら「どっちが先にできるようになるか競争だ!」と
競うだけでも子供のテンションはあがります。

もし親は二重跳びができるようでしたら、連続二重跳びでも三重跳びでも、自分のできないこと
に子供と一緒にチャレンジしてみましょう。
親が必死にやっていると子供も自然に「僕も!」「私も!」となるものです。


人に何か物を教えるのって本当に難しいですよね。
でも子供はコツをつかむのもとても早いので、一度できてしまえばあとは勝手に上達して
いってしまいます。

また縄跳びができないからといって普段の生活で困るわけでもないので、焦ることなく子供と
楽しむ感覚でゆっくりと練習していきましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。