vvv 子どもが喜ぶ!小さな動物園を見つけました | 初めての子育て  

子どもが喜ぶ!小さな動物園を見つけました

スポンサードリンク


東京都羽村市に「羽村市動物公園」という小さな動物園があります。
近所の幼稚園児がよく遠足に訪れたりする、小さい子供にはちょうどいい規模の動物園です。
この記事ではこの動物公園へ行ってきた感想や見どころなどをまとめてみました。

〇アクセスは車が便利

羽村市動物公園の最寄り駅はJR青梅線の「羽村駅」です。
そこから歩いていけなくはないのですが、子連れだと結構つらい道のりです。
大人の足でも徒歩20分くらいかかるのですが、さらに行くまでの道がずっと
上り坂なんです。

まだベビーカーにずっと乗ってくれている赤ちゃんならいいかもしれませんが、
歩いたり抱っこを繰り返すような年頃の子供と一緒だとかなり疲れます。

駅からは立川バスや羽村市コミュニティバスといったバスが動物公園まで出ているので、
それらを使ったほうがいいでしょう。

車だと少し離れた場所に駐車場が用意されています。
駐車料金は土日祝日だと300円、平日だと無料という嬉しい価格設定。

300台は停められる駐車場ですが、陽気のよい休日はそこそこ混み合うので
早めに行ったほうがいいでしょう。
私たちが行った時は警備員さんが何人もいて車を誘導してくれていました。

入園料は3歳までと75歳以上は無料で入ることができます。
3歳から15歳までは50円、15歳から65歳までは300円、65歳から
75歳までは100円で入れます。
家族で行っても1000円あれば楽しめてしまいますね。

〇動物と触れ合える「どきどきハンズオン」

入り口を入ってすぐのところには動物と触れ合うことができる「どきどきハンズオン」
というコーナーがあります。

ここではヒヨコやモルモットを自分の膝の上においてなでたりして楽しむことができます。
このイベントは時間が決まっていて、建物の前にある看板に開始時間が書かれています。
もしやりたい場合はこの時間までに建物の前に並んでおきましょう。

休日などはすごい行列となるので、できるだけ早めに並んでおくことをおすすめします。
小さい子を連れてずっと並んでいるのは大変なので、何か暇つぶしができるものがある
と助かりますよ。

中に入るとタオルと小さなかごを渡されるので、モルモットの場合はそのかごの中に入れ、
ヒヨコの場合は膝の上にタオルを敷いてそこにヒヨコを乗せます。
どちらも自分の手で持ってくることになるので、動物に慣れていないと結構大変です。

私はあまり生き物が得意ではないので、本当に緊張しながらなんとかヒヨコをつかまえました。
まだ3歳の娘は怖々ヒヨコを触っていましたが、すぐに慣れてどんどん大胆に触るようになりました。

しかし慣れたのはいいのですが、まだ力加減がわからないため首をしめそうになったりして
冷や汗ものでした。
まだお子さんが小さいうちは動物がケガをしないように注意してあげてくださいね。

スポンサードリンク


〇SLが大人気の芝生広場

触れ合いコーナーを過ぎてしばらく歩くと「芝生広場」という大きな広場があります。
ここには手前に遊具コーナーやちょっとした飲食店などがあり、少しですがイスやテーブルもあります。

しかし別にイスに座らなくてもレジャーシートを持って来れば芝生に広げてそこでご飯を食べる
ことができます。
だいたいみんなお昼を持参してこの広場で食べています。

この広場には本物の蒸気機関車が展示されていて、特に男の子には大人気です。
運転席にだけ入れるので何回も飽きずに遊ぶ子たちもいます。

しかし運転席はせまいためどうしても一人ずつしか遊べないので、順番を守ることや独り占めしない
ことを教えながら遊ばせてあげましょう。

他にも子供が乗れるような動物の置物や、くぐって遊べる大きな土管が設置されています。
この土管がうちの子供たちには大人気で、とにかくはしゃいで土管のトンネルを走り回っていました。
しかしあまりはしゃぎすぎると土管を出たところで他の子供と正面衝突、なんてこともあるので
気を付けましょう。

〇点在する小動物たち

広場をすぎると鳥類やサル、ペンギンなどが続いて展示され、ヤギ、シマウマ、キリンなど少し
大きめの動物たちがいました。

この動物公園で一番大きいのはやはりこのキリンです。
逆に大きすぎるのでうちの娘はキリンに目が向かないようでした。

キリンたちがいるサバンナ園の前にはベンチがいくつか用意されているので、ちょっと休憩しながら
のんびり鑑賞することができます。
ここでご飯を食べている家族もたくさん見られました。

ここを通り過ぎるとあとはミーアキャットやヤマネコなどまたいくつか小動物の展示があり、
出口へと向かいます。
大きな動物園と比べたらとても小さい規模ですが、小さい子供が一周するのにはちょうどいい大きさです。

しかも動物だけでなく遊べる広場があるのも嬉しいところです。
動物たちにあまり興味がなかったとしても、広場で思いっきり遊ぶことができるので子供も満足します。

大きな動物園もそこでしか見られない大型動物がいたりして楽しいですが、小さい子供と一緒だとどうしても
途中で飽きたりぐずったり、大人も疲れてしまったりしまいますよね。

そんな時はこんな小さな動物園で手軽に動物鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。
きっと大きな動物園とはまた違った楽しみ方ができるはずですよ。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。