vvv あなたの子供の叱り方、もう一度考えてみませんか? | 初めての子育て  

あなたの子供の叱り方、もう一度考えて
みませんか?

スポンサードリンク


皆さん、子供が悪いこと・いけない事をした時
なんて言って《怒り・叱り》ますか??

実は、子供に対して言わないほうがいい『NGワード』があるの
知っていましたか?

正しい叱り方ってどんな感じなのか?逆に効果のない叱り方は?
疑問に思う人が多いであろうこの問題について
簡単にまとめてみようと思います!!

怒りに任せて言うのはNG。

子育てをしていると、忙しさや大変さ諸々が加わって
つい感情に任せて子供を叱ってしまう時ってありますよね。

それは誰にだってあるし、親も感情のある生き物だから仕方ない。
でも…中には子供を怒鳴る(強く言う)=躾け の人もいます
けれどこれって…子供にとってはどうなんでしょうか??

☆怒りに任せて怒鳴っても解決はしない

子供を怒鳴りつけると、一見効果があって言う事を聞いた様に
思えるかも知れないけれど、それは違うんです。

子供は怒鳴られると、怒鳴られる事が嫌だからとりあえず従う。
けれど、それだと根本の《何がいけないのか》は理解してない。

だから同じことを繰り返してしまうんです。
大切なのは、子供自身が《一体何がいけなくて叱られたのか》
それを理解することですよね?じゃないと、繰り返すのは当然!

それに、強い口調で押さえつける様に怒鳴ってしまうと
子供の思考能力をストップさせちゃうんです。身を守るために
私も子供の頃はよく怒鳴られていたし、叩かれていたタイプ。

今でも『当時の親とのやりとり』を思い出す事ができるけど…
やっぱりいい思い出とは言えません。怖かったなって思う。

皆さんの子供には、私の様に〝私の親はただ怖かったな″って
悲しい記憶を出来るだけ残さないで済む様になればいいなって
余計なお世話かも知れませんが(笑)

スポンサードリンク


ちょっと思ったので、簡単にまとめてみました!さて、次行こう。

何も言わない!は尊重じゃありません。

最近は《叱らない子育て》って言葉をちらほらと耳にしますね。
「子供自身の意思を尊重したいから」「叱る事が全てじゃない」
理由は様々な様ですが、私もこれはこれで一つの考え方として
あってもいいんじゃなかと思います。

…ただ、ちょっと間違えて解釈している人もいるんです!!
「叱らない子育て」は「叱らなくてもいい」
そう思っている人が居るんです…。
でも、そうじゃないんですよね。叱らなくてもいいじゃない。

例えば
公園へ遊びに言った時、もし自分の子供が他の子のお砂道具を
黙って持ってきたとします。その時あなたならどうしますか?

⑴「お友達のものとっちゃダメでしょ!返してきなさい!」
⑵「勝手に持ってきたらお友達が悲しいよ、ごめんねしよう」
⑶「何も言わずに親が返す」

簡単に3つの例えを用意しましたが、あなたならどれ??
言い方は違うこともあると思うけど、この3つの内で
叱らない子育てに当てはまるのは⑵だと思うんです。

「叱らずに説明や説得する事で子供を正しい方へ導く」こと。
そして勘違いしている人がやりがちなのは⑶ですよね。

「他人への迷惑は考えない。」一見、無関心にも思えます。
《叱らない子育て》は《叱らなくていい》って事じゃない。
他人へ迷惑をかけてしまった時、危険が及びそうな時などは
きちんと叱るのが大切です。

これが正しい!はないけれど

子供が何かいけないことをした時、危険が及びそうになった時
出来るだけ怒鳴ることのない様に、子供を叱る《伝えるには》
一体どう言えばいいのか?

正直「これが正解です!」って言い方は、どこにもなと思います。
それぞれの家庭の・それぞれの子供にあった言い方があるから。

ただ、ここ気をつけておこう!これは忘れずに居たいな!
って思う心得的なものはどのお母さんもきっと共通ですよね!
なのでそれをちょこっとまとめてみようと思います☆☆

☆親の都合で叱らずに、出来るだけ子供の目線で

子供の支度が遅い・おもちゃを片付けない・言うことを聞かない
これは子育て家庭ではよーく見るシーンですよね。

そんな時はついイライラして「早くしなさい!」「片付けなさい」
と怒ってしまいがちだけど《怒る》は子供にとって《怖い》って
イメージしか残らずに、根本の解決にはならないんです。

☆『何がどういけないのか』をきちんと話す

子供を叱る時、ついこんな言い方していませんか?
『辞めなさいっていってるでしょ?!』
『ちゃんとやりなさい!』『口答えするんじゃないの!』など…

子供を叱る時に大切なのは「何がどういけなかったのか?」を
きちんと子供自身に理解させてあげることなんです。

叱る側だけが、何がどういけないのか分かっていても
叱られる側の子供がそれを理解できていないんじゃ、繰り返す!

だから「何度も同じこと言わせないで!」になっちゃうんです。
いちいち説明する・話をするってことは大変だし
毎回出来ることじゃないけれど、心がけているだけでも違うと
思います!私も、まだまだ訓練中ですが!(笑)
《子育ては親育て》なんて昔の人はよく言いましたね!

まとめ

子供の叱り方って簡単に見えて意外と難しい問題ですよね…
「なんて言えば伝わるのか」「どう言えばいいのか」悩むし
子供がいると、悩むことってとってもたくさんあるけれど
それも子育ての《醍醐味の一つ》なのかも知れないですね☆


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。