vvv 初めてのひな祭り これを読めばすべて分かります! | 初めての子育て  

初めてのひな祭り これを読めばすべて
分かります!

スポンサードリンク


3月3日は桃の節句、ひな祭りです。
色々と思い出のあるお母さんも多いのではないでしょうか。

しかし我が子の初節句の場合、一体どこからどう準備して
いいのかわからないことも多いですよね。

そこでこの記事では、初めてのひな祭りの準備の仕方や
お祝いの方法などをまとめてみました。

〇お雛様の準備は早目に

生まれた我が子が女の子だった場合、お雛様をどうするかは
早めに決めておいたほうがいいでしょう。

ひな祭りの過ぎた3月や4月くらいに生まれたのであれば初節句
まで一年近くありますが、生まれたのが冬だった場合、初節句は
生まれてから数か月できてしまいます。

あまりにもまだ生まれたばかりの場合初節句は次の年に行うことも
ありますが、生後三か月くらいになっていれば初節句はその年に行
ってしまうほうが多いでしょう。

そうなった時にあらかじめお雛様をどうするか決めておかないと、
出産直後のバタバタで初節句のことなど頭からとんでしまうことも
あります。

もし赤ちゃんの出産予定日が3月に近く、生まれてくる子が女の子
の可能性が高い場合は、妊娠中から考えておいたほうが後々慌てる
ことがなくなります。

昔はお雛様は母方の祖父母がお祝いとして贈るのが一般的でした。
でも最近では両家の祖父母が折半して購入したり、お祝い金として
お金だけ渡して子供の両親が買ったりと、そのやり方は各家庭によ
って様々です。

祖父母がすでにいない場合もあるでしょうし、購入の仕方はご家庭
で話し合って一番いいスタイルを決めればいいでしょう。

我が家の場合はお祝い金だけ頂いて、お雛様は私が選んで購入しました。
家に飾れる大きさを選ばなければいけないし、片付ける場所の問題
もあるため、やはりお祝いで頂くにしても母親の目で見て選ぶこと
は重要です。

お雛様は一般的には立春から2月の中旬までに飾るのがよいとされて
います。遅くても節句の一週間前までには飾れるように購入時期を決
めておきましょう。

〇赤ちゃんの祝い着

初節句の赤ちゃんの衣装はどうすればいいのか迷いますよね。
基本的には何を着せてあげてもかまいません。

スポンサードリンク


特にお食事会などもなく、お祝いの席にお客さんが来る予定もないようだった
ら普段着のままでもかまいません。

お客さんが来たとしても自分の親だったり親しい間柄であれば、ちょっと可愛い
恰好をさせてあげれば十分でしょう。

この時期まだまだおむつ替えも必要ですし、月齢によっては寝返りをしたりはい
はいをしたりで、被布や着物を着せては赤ちゃんが窮屈でぐずってしまうことも
あります。

できるだけ赤ちゃんにとって楽な服装をさせてあげましょう。
最近では袴の形をしたロンパースなど便利な服がたくさん売っているので、そう
いったものを利用するのもいいでしょう。

また当日は普段着で、あらかじめ写真スタジオで着物などを着せて写真撮影をして
おくという手もあります。

お金はかかりますがプロに撮ってもらった写真はやはり可愛く仕上がるので、後々
の記念になります。

また窮屈な衣装を着るのはその場限りなので赤ちゃんの負担も短く、衣装が汚れる
心配もありません。

〇お祝いの食事はどうする?

初節句のお祝いは外食か自宅で行うかで迷うでしょう。
もし自分たち家族だけで行うのであれば、自宅でお祝いするのが一番楽です。

その際は大人や他の子供にはちらし寿司などのひな祭りの定番メニューを用意し、
赤ちゃんには離乳食で少し華やかなご飯を作ってあげるといいでしょう。

もちろん月齢によってはまだ母乳やミルクだけの場合もあるので、特に赤ちゃん
本人の食べ物にはこだわる必要はありません。

「元気に育つように」とお祝いの気持ちがあればそれで十分です。

もし義理の両親が来たり来客者の数が多い場合は外食してしまったほうが楽な
場合があります。

宅配を頼むにせよ自分で何か用意するにせよ、小さい赤ちゃんを抱えて大人数の
食事の準備をするのは大変ですよね。
用意するだけでなく後片付けもしなくてはなりません。

ただでさえ来客に気を使い赤ちゃんの世話もしなくてはならないのに、その上大人数
の食事の準備と後片付けは大変な重労働です。

それならば前もってどこかゆっくりできる個室などを予約してしまい、外でお祝いは
すませてしまいましょう。

その際は赤ちゃん用の離乳食の用意はできるか、用意ができないのであれば持ち込みは
可能かどうか確認するようにしましょう。

〇お祝いのお返しはどうする?

もしお祝いの席に招いて食事をした場合はそれ自体がお返しとなるので、特にお祝いの
お返しをする必要はありません。

しかし遠方の親戚など、お祝いはもらったが食事などに呼ぶことができなかった場合は
内祝いとしてお返しをしましょう。

内祝いの相場は頂いた金額の3分の1から半額程度です。
お返しをする際はお礼の言葉をメッセージカードなどに書いて同封しておきましょう。
遅くても3月中にはお返しができるように用意しておきましょう。

ただ自分の親や義両親などの場合、孫が可愛くてお祝いをくれる人が多数なので
「お返しなんかいいよ」と言ってくれる場合もあるでしょう。

そういった場合はお言葉に甘えてしまってもいいでしょうし、何か軽いお返しで
すませてしまってもいいでしょう。

もしスタジオで記念写真を撮った場合は、その写真をプレゼントすると特に祖父母
には喜ばれますよ。

出産したばかりでただでさえ慌ただしい毎日ですが、赤ちゃんが産まれるとお宮参り
やお食い初め、初節句などお祝いは立て続けにやってきます。

それに加え、生後一年間は予防接種などのスケジュールもつまっているため、お母さん
の頭はいっぱいいっぱいになってしまいますよね。

直前になってあれやこれやと慌てないように、前もって準備できることは早目早目に
しておいて、当日は家族で楽しいお祝いの一日を過ごしましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。