vvv 実は大切な子供の靴選び 正しい靴の選び方とは  | 初めての子育て  

実は大切な子供の靴選び 正しい靴の選び方とは 

スポンサードリンク


子供が歩き出すと靴が必要になってきますよね。

でも子供の成長は早いので靴も次々とサイズアウトしてしまいます。
そうするとだんだん靴選びも適当になっていくことがあります。
しかし子供の靴は成長する上でもとても大切なものです。

そこでこの記事では子供の靴を選ぶ時にどうすればいいのかを
まとめてみました。
子供の靴を買う際の参考になさってください。

〇靴のサイズがあわないとどうなる?

子供の足はどんどん大きくなっていくため、靴も長く使えるよう
にと大きめなものを選びがちになっていませんか?

しかしぶかぶかな靴を履き続けていると、靴が脱げないようにと
足全体や腰回りの余計な筋肉を使うようになってしまいます。

歩き方も変な癖がついてしまうことがあります。

そうすると将来足腰や膝を壊してしまったり、骨格に歪みが
うまれたりしてしまいます。

また外反母趾や内反小趾の原因となることもあります。

靴のサイズをきちんとはかったとしても、メーカーによって
靴の幅が違うため子供によっては靴の中で足が遊んでしまう
場合があります。

ただ靴がぶかぶかかどうかは見ただけではあまりわからない
ため、チェックするためには足の指を見るのが一番です。

足の小指や薬指が内側に曲がっている場合は靴がゆるい可能性
が高いため、今はいている靴を見直しましょう。

どの指も真っすぐになっているようなら問題はありません。

他にも、どうせすぐに買い替えるのだからと数百円の安い靴を
与えていることはありませんか?

そういったペラペラの靴はまったく強度がないため、コンクリ
ートなどのかたい地面を歩く際の衝撃を緩和することができま
せん。

そのため足全体に悪影響を与えます。

また安い靴は足の真ん中で折れ曲がりやすくなっているものが
多いため、土踏まずの形成を邪魔してしまうこともあります。

何万円もするような靴を買う必要はありませんが、子供の靴を
買う時はあまりにも安い物は避け、比較的しっかり作られてい
るものを買ってあげましょう。

〇子供の靴の選び方とは

では子供の靴を選ぶ時はどうやって選べばいいのでしょうか。

まずはサイズですが、中敷きを使って測るとわかりやすいの
でおすすめです。

もともと中敷きがついている靴ならば、お店の人に断って中
敷きを外して子供の足に当ててみてください。

つま先から1cmほどの余裕があるものがちょうどよいサイズです。

もし中敷きのない靴なら中敷きをあらかじめ用意してから靴
にいれて長さを確かめてみましょう。

スポンサードリンク


サイズ以外の選ぶポイントとしては、かかとがしっかりして
いるかどうかです。

かかと部分は人が歩く動きをコントロールしてくれる大事
な部分です。

そのかかとをしっかりと固定してくれる靴でないと体のバラ
ンスが崩れてしまうことがあります。

かかとはしっかりとした作りになっているものを選びましょう。

次に指の付け根部分が曲がりやすくなっている靴がおすすめです。

人間の指は付け根の部分で曲がるようになっています。

靴もその部分が曲がるようになっていると、足の自然な動きを助
けてくれます。

そのため自然と体のバランスをとりやすくなるのです。

最後に、子供の靴を買う時は必ずベルトがついているものを選び
ましょう。

本来ならば紐でしめられる靴が一番いいのですが、子供用の靴で
紐つきというものは日本ではあまり売っていません。

また子供も自分で履きにくいためなかなか与えづらいでしょう。

そのため、紐の代わりにベルトでしっかりと足をしめられるもの
を選びましょう。

ベルトできつくしめられれば、多少幅がゆるい靴でも足をしっか
りと固定できるので問題なく履くことができます。

〇買い替える頻度はどれくらい?

子供の足は3歳くらいまでは急成長をとげるため、子供が小さい
うちは靴も自然と頻繁に買い替えるようになるでしょう。

靴を頻繁に買い替えるということは、それだけ子供の靴を見直す
機会があるということなので、それほどの心配はありません。

しかし子供の足は3歳をすぎると急に成長が緩やかになってきます。

1年で1cmくらいしか成長しなくなるので、必然的に靴の買い替
え期間もあいてしまいます。

そこで「どうせすぐきつくなるから」と大きめの靴を買い与えると、
今までのようにそこまでの急成長はしないため、サイズがあわない
靴を履いている期間が長くなってしまうのです。

そのため、子供が少し大きくなってきた時こそ、買い替えのタイミ
ングは重要です。

少なくとも半年に一回は靴を買い替え、子供の足をチェックしてあ
げるようにしましょう。

また靴底や靴の後ろ側をチェックしてみて、あまりにも削れ方に違
いがあるようならその靴はあっていない証拠です。

そういった場合は半年を待たずにすぐに新しい靴と交換してあげましょう。

人間の足は体全体を支えている重要な部分です。

ここのバランスが崩れてしまうと体全体のバランスに影響が出てし
まい、小学校の高学年くらいからだんだんと体に不調があらわれる
ようになってしまいます。

足腰だけでなくかみ合わせに影響がでたり、その流れで肩こりが
でてきたりとありとあらゆるところに影響がおよびます。

しかもそういった症状が出てくるのはずっと後のことなので、小
さい頃の靴が原因だとはわからずに原因不明のまま根本的な治療
ができなくなってしまうこともあります。

大きくなってからの子供の健康を守るためにも、子供の靴選びは
慎重に行いましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。