vvv 親子で一緒に運動するとこんなにいいことがあります | 初めての子育て  

親子で一緒に運動するとこんなにいいことがあります

スポンサードリンク


最近は親も子供も運動不足の人が増えていますね。

特に親は普段は仕事で忙しく、子供と外で遊ぶなんていうこと
は滅多にできない人も多いのではないでしょうか。

もちろん子供とサッカーや野球、ドッジボールなど思いっきり
できればそれにこしたことはありませんが、そこまで本格的に
運動できなくても大丈夫です。

ちょっとした運動でも親子で一緒にやることに意味があります。

この記事では普段忙しくてあまり時間がとれない親におすすめ
の、親子でできる手軽な運動をご紹介します。

〇手軽にできる親子の運動

・バランスボール

バランスボールは大人も子供も一緒になって体を鍛えることが
できる、おすすめの運動です。

まずはバランスボールに乗って何秒足を離していられるかを親
子で競ってみましょう。

子供は競争が大好きなので親に勝とうと一生懸命になるはずです。

慣れないうちはすぐに転がってしまいますが、慣れてくると子供
でも10秒くらい姿勢をキープできるようになります。

よく子供と競争する時は親のほうが手加減してあげないとあっさ
り勝ってしまうことが多いのですが、バランスボールに限っては
手を抜かなくても本気で子供に負けたりします。

バランスボールは乗っているだけで体幹を鍛えられるので、運動
不足だと結構お腹が筋肉痛になったりしますよ。

バランスボールは乗る以外にも大玉ころがしをして遊んだり、大
人がボールをはずませている間に子供が下をくぐりぬけたりと、
工夫次第で様々な運動ができます。

子供と「次はどうやって遊ぼうか」と相談するのもまた楽しいで
すね。

・ラジオ体操

ラジオ体操は最近ではあまり小学校でもやっていないところも多
いので、知らない子供も増えています。

音楽にのせて体操しだすと子供は「何それ!?」と興味を示して
真似しだします。

ラジオ体操は子供の頃散々やったという人も多いかと思いますが、
大人になってからしっかりとラジオ体操をしているという人はあ
まりいないでしょう。

ラジオ体操も真面目にしっかりとやるとかなり疲れます。

本当なら朝同じ時間にできればいいのですが、朝はお互い忙しい
でしょうからお風呂上りにでも毎日の習慣で続けられるいいですね。

・柔軟体操

ラジオ体操とセットでやると効果的なのが柔軟体操です。

簡単なストレッチでも、普段やっていないとまったくできなかった
りします。

親子で「そこまでしか伸びないの!?」「僕のほうが勝った!」と
いうようにワイワイ楽しく体を伸ばしてみてください。

たまにはヨガのポーズなどを取り入れてみると子供も楽しんで挑戦
します。

こちらもぜひお風呂上りの体が柔らかくなっている時に親子で行っ
てください。

・近場でサイクリング

子供は自転車に乗るのが大好きです。

まだ小さいうちに一人で乗るのは危ないので親がついていく必要が
あります。

しかしわざわざ自転車に乗るために遠くの公園やサイクリングロー
ドまで足を運ぶのは大変ですよね。

そういう時は近所のスーパーや図書館へ行くのに自転車を利用しま
しょう。

もちろんランニング代わりに走っていってもいいのですが、それだ
と親のほうがすぐにバテてしまったりします。

それよりは自転車のほうが親も楽だし一緒に楽しめます。

交通ルールを教えるいい機会にもなるので、車や歩行者に気を付け
て出かけてみてください。

〇親子で運動を続けるためには

親子で運動をしましょう、と言われると、子供はともかく親のほう
は少し尻込みしてしまいますよね。

それは親のほうが運動不足で疲れやすく、面倒くさいという思いが
あるからです。

しかし「運動をしよう」と言っても、何も特別なことをする必要は
ありません。

逆に普段あまりやり慣れていないことをすると疲れて続かなくなっ
てしまいます。

それよりは普段の生活の中でちょっとした運動を取り入れるほうが
長続きするので、あまり力まずにやることが大事です。

それこそ体操やちょっとおでかけのついでにサイクリングといった
程度なら、親もそれほど気負わずに運動ができるでしょう。

親子で運動をするメリットとしては、もちろんお互いの運動不足解
消というものがあります。

しかしそれ以上に重要なことは、親子のコミュニケーションの時間
が増えるということです。

これは特に普段仕事が忙しいお父さんにこそやってほしいことです。

お父さんは子供の細やかなケアや生活のサポートといったことがお
母さんよりも苦手な傾向にあります。

しかし逆にお母さんにはできないようなダイナミックな遊びができ
るのがお父さんの強みです。

子供もお父さんには体を使った遊びを求めます。

しかしお父さんも仕事で疲れているので、そうそう毎日元気よく子
供と遊ぶということもできないでしょう。

もし体操すら疲れて面倒だという日は、お父さんは寝転んだまま自
分の体の上を子供に歩かせてみましょう。

子供はお父さんの体の上でバランスを取ろうと必死になるでしょう。

それだけでもいい運動になります。

スポンサードリンク


また腰や肩が痛いお父さんは、子供にストレッチを手伝ってもらう
のもいいでしょう。

仰向けに寝たら子供に足を上に持ち上げてもらってふとももを伸ば
したり、お互いの腕をひっぱりあったりするだけでいいストレッチ
になります。

少し余裕があれば子供の体もさすったりしてマッサージしてあげま
しょう。

肌と肌の触れ合いはとてもいいコミュニケーションになり、また肌
をさすってあげることで子供の血流も良くなり代謝があがります。

このように、疲れている日はあまり動かずにできるような運動を取
り入れたり、体力がある日にはもう少し体を動かしてみたりしてう
まく調節しながらやると、長く親子で運動を続けることができます。

普段何かと忙しくしているとついつい子供との触れ合いの時間が減
ってしまいますよね。

しかし子供が親と一緒にいたいと思う時間はあっという間に過ぎて
しまいます。

そんな短い時間だからこそ、できるだけたくさん触れ合ってあげた
いですよね。

一日のうちの空いた10分だけでも大丈夫なので、ぜひとも親子で
笑いあえる時間を作ってみてください。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。