vvv 子供におすすめの将棋大会にチャレンジしてみよう | 初めての子育て  

子供におすすめの将棋大会にチャレンジしてみよう

スポンサードリンク


プロ棋士である藤井聡太さんの活躍により、近年将棋ブームが沸き
起こっています。

それに伴い、将棋を習う子供の数もだいぶ増えてきたようです。

子供たちの頭は柔らかいのもので、駒の動かし方すらわからなかっ
た子でも1年もすればものすごい上達をしていることもあります。

駒の動かした方を習い、ルールを学び、ある程度対局をこなせるよ
うになったらおすすめしたいのが将棋大会です。

自分では強くなったと思っていても大会に出たらこてんぱんにやら
れたり、逆にあまり自信がなかったのに大会でいい成績をとれたり、
そこでは様々な体験をすることができます。

また大会に出ることで精神的にも鍛えられたり、勝負勘を養うこと
もできます。

そんな将棋大会ですが、全国で様々な大会が催されています。

この記事では関東地区で行われている子供におすすめの将棋大会を
紹介します。

〇将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会

これは子供の将棋大会の中では一番規模の大きい大会で、この大会
の優勝者の中には今でもプロ棋士で活躍されている方たちがたくさ
んいます。

当日にはプロ棋士による大会も行われており、その公式戦が「JT
プロ公式戦」という名前であることから、こども大会も「JT杯」
と呼ばれることが多いです。

全国の各地で開催されている大会ですが、東京大会は千葉市にある
幕張メッセで行われます。

将棋の指せる小学生以下なら未就学児でも参加可能です。

小学3年生以下の低学年部門と、小学4年生から6年生までの高学
年部門にわかれています。

この将棋大会のいいところはなんと言っても間近でプロの公式戦を
見られるところです。

受付時にはプロ棋士や女流棋士の方がお出迎えをしてくれるので、
記念写真も撮ることができます。

抽選ですがプロ棋士による指導対局もあり、とにかく将棋好きな
子供にとってはたまらないイベントです。

他にも様々なイベントが行われており、もし大会ですぐに負けて
しまったとしても一日中楽しめる大会となっています。

〇さなる杯小学生名人戦

こちらも有名な将棋大会で、プロの登竜門とでも言うべき大会と
なっています。

地区大会からはじまり、県予選を通過して本大会で優勝すると、
小学生将棋の最高位である「小学生名人」のタイトルを手にする
ことができます。

とは言え、まだ将棋を始めたばかりの子がそんな強豪相手に戦え
るわけはありませんよね。

そこで、まだまだ将棋を始めたばかりの子や級位者には「小学生
交流将棋大会」という場が設けられています。

こちらは例え優勝したとしても名人戦には進めませんが、名人戦
の予選と同じ舞台で戦うことができます。

こちらの交流大会はA級(小学生の級位者)、B級(小学生の初
心者)とわかれており、子供のレベルによって級を選ぶことにな
ります。

参加資格は新年度に小学生であることです。

つまり、現在小学6年生であっても、4月の新年度に中学生にな
ってしまう子は出場できないということになります。

わかりやすく言えば年長~5年生までが出場できということにな
ります。

あとはその大会が行われている地区に在住していることが条件と
なります。

神奈川県在住なのに東京都の大会に出る、ということはできません。

各都道府県でそれぞれ予選会が行われますが、東京だけは「23区」
と「多摩地区」のふたつにわかれており、地区大会から始まります。

スポンサードリンク


〇東急百貨店将棋まつり

こちらはすでに50回を越す将棋まつりで、将棋ファンの間では有名
なものとなっています。

渋谷の東急百貨店において様々なイベントが行われるのですが、その
イベントの一環として「東急小学生大会」と「小学生勝ち抜き戦」が
行われます。

「小学生大会」は事前申し込みが必要で、A級、B級、C級とレベル
にわかれて行われます。

勝ち抜き戦は当日受付で先着順となっています。

将棋まつり自体は渋谷駅直結の「東横店」で行われているのですが、
将棋大会は少し離れた「本館」で行われているので、もし参加する場
合はそこだけ気をつけましょう。

会場がちょっとせまいので、人数によっては親が会場の中に入れない
場合もあります。

しかしこの将棋大会もかなり強い子たちが奮って参加しているので、
決勝進出するにはそれなりの力が必要となってきます。

ただすぐに負けてしまっても本来の将棋まつりでプロ棋士の人のお話
を聞いたり物販を見たりして楽しめるので、おまつりのついでに参加
してみてもいいでしょう。

〇YAMADAこどもチャレンジ杯

こちらはヤマダ電機が主催をしている将棋大会です。

まだ4回しか行われていない新しい大会です。

毎年お正月とお盆の時期に2回行われています。

開催場所が群馬県の高崎市というところから、都心の人も来やすいよう
な大型連休に開催していると思われます。

実際東京からの参加者もたくさん訪れます。

こちらも東急将棋まつりと同じように「上州将棋祭り」というイベント
の一環として子供の将棋大会が行われています。

こちらはJ1、J2、J3とレベルがわかれていて、それぞれJ1が初
段以上、J2が6級~1級、J3が初心~7級となっています。

事前申し込みですが先着順ではなく、もし定員オーバーした場合は抽選
となってしまいます。

こちらもたくさんのプロ棋士が訪れる将棋祭りで、トークショーや指導
対局、サイン会など様々なイベントを楽しめます。

またスペシャル対局として女流棋士の対局やプロ棋士の目隠し将棋など
楽しい催しがたくさんです。

観光がてら訪れてみるのもいいでしょう。

いかがだったでしょうか。

これ以外にも将棋大会は全国でたくさん行われています。

こちらで紹介したものは比較的大きな大会ばかりですが、「いきなり
そんな大きな大会はちょっと…」と尻込みしてしまう方は、家の近く
にある将棋道場や将棋サロンへ行ってみましょう。

そういったところではだいたい年に1回から数回、比較的こじんまり
とした大会が開かれています。

まずはそういたところで大会の雰囲気をつかんでから大きな大会に
チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。