vvv 忘れてませんか?可愛い子供との、ほのぼのエピソード | 初めての子育て  

忘れてませんか?可愛い子供との、ほのぼのエピソード

スポンサードリンク


子育て中、いつもイライラして怒ってばかりいませんか?

子供の相手を四六時中ずーっとしなければならないのって、本当に
ストレスがたまりますよね。

時には怒りが爆発してしまうこともあるでしょう。

しかし、辛いことばかりではないのが子育てのいいところです。

子供といることで幸せを感じたり思わず笑ってしまったり、楽しい
こともたくさんあります。

この記事ではそんな子育て中のほのぼのエピソードをまとめてみました。

〇とにかく寝顔!

子供の寝顔って本当に天使のようですよね。

さっきまで暴れまわって悪態ついていたのが信じられないくらい、とに
かく寝顔はどの子も変わらぬ可愛さです。

そんな子供の寝顔に癒されるというお母さんは多いでしょう。

逆に怒りすぎてしまった時に子供の寝顔を見ながら反省する、というお
母さんもまた多いはずです。

私も怒られすぎて泣きながら寝てしまった子供の寝顔を見て、こんな可
愛い子になんてひどいことをしてしまったんだろうと、こちらも泣きな
がら反省したりしたものです。

または眠りについた子供をはさんで夫婦で「可愛いねぇ」と静かに語ら
いをすることもありました。

天使の寝顔は見ているこちらの心まで洗ってくれるようですよね。

〇お母さんと結婚する!

息子さんがいるお母さんによく聞かれるエピソードです。

男の子は女の子に比べて甘えん坊の子が多く、お母さんにべったり
な子もよく見られます。

一日中くっついていられるとお母さんもうんざりしてしまうことも
ありますが、そんな時にこのフレーズを言われたらもうこちらから
抱きついてしまいたくなりますよね。

残念ながらうちの息子はこのセリフを言ってくれたことはないので
すが、言われたお母さんたちの嬉しい気持ちはよくわかります。

逆に娘さんが「お父さんと結婚する!」というのもよく聞く話です。
こんなことを可愛い娘に言われたら、お父さんはおそらくデレデレ
になってしまうことでしょう。

スポンサードリンク


〇ありがとう

「ありがとう」は人間の基本の挨拶ですが、これを子供から言われ
るとなんだか格別に嬉しくなってしまうものです。

特に何気ない日常で「お弁当作ってくれてありがとう」「いつもご
飯作ってくれてありがとう」なんて言われると、毎日毎日頑張って
いることが報われた気になるものです。

父の日や母の日に「お父さん(お母さん)、いつもありがとう」な
んて言われるのもまた嬉しいですよね。

「ありがとう」とはまた違うのですが、以前息子が私に「僕の家で
一番働いている人は誰だ」というクイズをしていて、私が「パパじ
ゃないの?」と言ったら「はずれー、ママでしたー。だってママは
毎日ご飯作ってくれて洗濯もしてくれて、ずっと働いてるんだよ」
と言ってくれた時は嬉しすぎて涙が出そうになりました。

〇お父さん、お母さん大好き!

「ありがとう」と同じように、言われるだけで嬉しくなってしまう
のが「大好き」という言葉です。

「お父さん大好き!」「お母さん大好き!」なんて言ってくれるの
は子供が小さいうちだけです。

うちでは娘が「大好き~」と言いながら熱烈なチューをしてくれる
のですが、本当に可愛くて仕方がありません。

もう小学生になった息子は自分からは言ってくれなくなってしまい
ましたが、「ママのこと好き?」ときくとまだ「うん」と答えてく
れます。

そのうち「うざい」だの「うるせーな」だの言われるようになるの
かと思うと、なおさらこの「大好き」と言ってくれる瞬間が愛おし
くなります。

〇親の心配をしてくれる

親だって具合の悪い時や機嫌の悪いときはあります。

子供はそんな親の様子をよく見ていて、小さいながらに精一杯なぐ
さめてくれようとします。

息子が3歳くらいの時、私は高熱を出して寝ていました。

すると息子は「僕がご飯作ってあげるね」と言って枕元に大量の食
べ物のおもちゃを持ってきて、一生懸命ラーメンやら定食やらを作
ってくれました。

結局はおままごとの相手をさせられたようなものですが、その気持
ちがとても嬉しかったのを今でもよく覚えています。

大きくなった今では朝ごはんを自分で用意したり私の氷枕を変えて
くれたりと、現実的な手助けをしてくれるので本当に助かっています。

また娘も私が何かにぶつかって痛がったりしているとすぐにやって
きて「大丈夫?」「よしよし」と頭をなでてくれます。

痛いけどなんだかとっても癒されます。

泣いている親を「大丈夫?」となぐさめてくれる子供の話もよく聞
きますね。

こちらがいつでも子供のことを心配しているように、子供もまた私
たち親のことを常に気にかけてくれていると思うと暖かい気持ちで
いっぱいになります。

日々の忙しい生活の中で、ついつい見過ごしがちになってしまう子
供の愛らしい言動や表情ですが、それらは小さい頃にしか見られな
い特別なものです。

どうしても叱ったりイライラしてしまうことの多い子育て中ですが、
そんな時は子供とのほのぼのエピソードを思い出してみてください。

きっと改めて子供の可愛さに気づき、暖かい気持ちで子供と向き合
えるはずです。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。