vvv 赤ちゃんに声かけしてる!?声かけの効果と声かけのコツ | 初めての子育て  

赤ちゃんに声かけしてる!?声かけの効果と声かけのコツ

スポンサードリンク


赤ちゃんにはたくさん声かけをしたほうがいいということをよく聞きます。
しかし、赤ちゃんに声かけをするのが苦手だという人も結構いますよね。

まだまだ感情表情のない赤ちゃん、なんて声かけをしたらいいのかわから
ないという人や、何もしゃべらない赤ちゃんに一人で話しかけるのが恥ず
かしいという人もいます。

ではどのように赤ちゃんに声かけをすればいいのか、そのコツや声かけの
効果について見ていきましょう。

○声かけの効果

生まれたばかりの赤ちゃんは、目はまだ見えなくても耳は良く聞こえてい
ます。

そのため、まだまだしゃべることはなくても周りで聞こえる言葉を次から
次へと吸収していきます。

狼に育てられた子供が人間の言葉をしゃべれないように、一切の言葉が聞
こえない状況で育ってしまうと言葉がわからない人間になってしまいます。

実際は生活している中でまったく人間の言葉が聞こえないということはな
いので、声かけが少なくてもしゃべれなくなることはありませんが、その
語彙力はだいぶ変わってきます。

また赤ちゃんが初めに真似をするのは一番身近にずっといる人なので、お
母さんやお父さんの言葉はとても重要になってきます。

「楽しいね」とか「お花がきれいだね」とか赤ちゃんに声かけをすることで、
語彙力が豊富になるだけでなく感情も豊かな子に成長します。

他にも、優しく声をかけてもらえると赤ちゃんの精神が安定するという
効果もあります。

少し想像してみるとわかりますが、自分が病気で身動きが取れないとき
に看護師さんが無言でやってきて、何もしゃべることなく淡々と着替や
体を拭いたり、身の回りの世話をしてくれたとします。

その時あなたはどう感じますか?
なんとなくこわかったり不安を感じるのではないでしょうか。

逆に笑顔で看護師さんが「今から服を替えますよ」「体を拭きますね」とい
うように声かけをしてくれれば、安心して身の回りのことをまかせられ
ますよね。

これと同じように、赤ちゃんも優しい声で声かけをしながら世話をして
もらうと、その人に安心感や信頼感をもち、精神的にも安定するのです。

○赤ちゃんに声かけをするコツ

では実際赤ちゃんにどのように声かけをしていけばいいのでしょうか。
そのコツを見ていきましょう。

・今から赤ちゃんにすることを口にする

赤ちゃんのお世話はすることがたくさんありますが、そのひとつひとつを
声に出しながらしてみましょう。

例えば「今からオムツかえるよー」とか「お着替えしようねー」といった感じです。
疲れてくると赤ちゃんのお世話も無表情で無言のまま機械的にしてしまう
こともあるでしょう。

ただそれが毎日毎回続いてしまうとあまりよくないので、意識して行動を
声に出すようにしましょう。

・赤ちゃんの気持ちを代弁する

赤ちゃんの気持ちが全部わかるわけではありませんが、機嫌がいいか悪いか
くらいはわかりますよね。

そんなときは「楽しいねー」とか「悲しいねー」などというように赤ちゃんの気
持ちを代弁してあげましょう。

オムツをかえた後は「スッキリして気持ちいいね!」、ミルクを欲しがってる
時は「お腹がすいたね」、眠くてぐずっているときは「眠くなっちゃったね」な
どなど、言葉にすることでだんだん赤ちゃんも自分のこの気持ちはどういう
言葉で表すのかということを学んでいきます。

・実況中継する

赤ちゃんを連れて散歩している時などは、周りで起こっていることを実況し
てあげましょう。

「今日は暖かいね」「車がたくさん走ってるよ!」「あ、蝶々が飛んでる」「犬が
ないてるね」など、大人からしたらどうでもいいようなささやかなことでも、
とにかくなんでもいいので話しかけてあげましょう。

それらのどれも赤ちゃんにとっては初めてのことはかりなので、とてもい
い刺激になると同時にたくさんの単語を覚えます。

・大袈裟に表現しよう

赤ちゃんは低い声よりも高い声のほうが反応しやすくなります。
また平坦な声よりは抑揚のある声のほうが喜びます。

そのため、棒読みのように「すごいねー」と言うよりも、感情豊かに「すごい
ねぇ!」と言うほうが赤ちゃんには伝わりやすくなります。

イメージとしては外国人が「wonderful!」とジェスチャーまじりで言ってい
るようなイメージでやるとわかりやすいでしょう。

はじめは恥ずかしく感じることもあるでしょうが、慣れてくるとそれが普通
になってくるので、最初のうちは誰もいない家の中などで練習のつもりでオ
ーバーに表現してみましょう。

スポンサードリンク


いかがだったでしょうか。
赤ちゃんに声かけってどうすればいいんだろうと悩むこともありますが、基
本的に自分が思ったことをそのまま声に出せばそれで大丈夫です。

ただ子育てをしている中でイライラすることも嫌なこともたくさんあるかと
思いますが、どうせまだ赤ちゃんでわからないだろうからと赤ちゃんに聞こ
えるように文句や愚痴を言うのはやめましょう。

意味はまだよくわからずとも、お母さんやお父さんがなんか怒っているな、
ということはわかります。

夫婦げんかも同じです。
そういったマイナスの言葉は赤ちゃんに聞こえないところで言うように気を
つけて、赤ちゃんにはできるだけ楽しい声かけができるように心がけましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。