vvv 2年生最大の難関 九九の覚え方と親のサポート | 初めての子育て  

2年生最大の難関 九九の覚え方と親のサポート

スポンサードリンク


2年生の2学期になるとやってくるのが「掛け算九九」の授業です。
2年生の算数で最大の山場といってもいいでしょう。
この九九でつまずいてしまうとこの先の算数にどんどん影響が及んでいきます。

逆にここで九九を完全制覇してしまえば、3年4年とだんだん難しい問題にな
っていってもスムーズに解けるようになります。

しかしそれには学校の授業だけではなく、親のサポートが必須となります。
ではどのように子供に九九を教えていけばいいのか見ていきましょう。

〇九九がなかなか覚えられない子には歌がおすすめ!

学校ではただひたすら九九をおぼえさせられるところが多いでしょう。
しかし苦手な子はそれだけではどうしても暗記しきれません。
そういった場合は家でのサポートが不可欠となります。

なかなか九九が暗記できないという子には、九九を歌で覚えることをおすすめ
します。
今のお母さんお父さん世代でも九九を歌で覚えたという人はいるのではないで
しょうか。
歌のリズムとはすごいもので、ただ流して聞いているだけでもいつの間にか頭
の中に曲や歌詞がインプットされてしまいます。

よくテレビのコマーシャルで流れている歌を口ずさんだりしてしまいませんか?
それと同じように、九九も歌で覚えてしまえば苦労することなくいつの間にか頭
の中に刻まれてしまいます。

今ではyoutubeやアプリなどで色々な九九の歌を聞くことができます。
色々な物を試してみて、子供が気にいったものを繰り返し流してあげるといいで
しょう。
その際別に集中して聞かせる必要はありません。
曲を聞くことを強制してしまうと、逆にその曲を嫌いになってしまうこともあり
ます。
子供が漫画を読んでいる時でも何か他のことをして遊んでいる時でも、BGMのよ
うにかけ流しにしておくだけで大丈夫です。

そしてしばらくして少し歌を覚えてきたな、という頃になったら親子で九九の歌
を一緒に歌ってみてください。
そこでどこがまだ間違っているか、どの段が苦手かがわかるはずです。

苦手な段があったならその段だけ一緒に歌ってみてもいいですね。
その時に踊ったりして体を動かしながら歌うとさらに記憶力があがります。

〇バラバラ九九で九九を完全制覇しよう

歌で九九をだいたい覚えたのなら次のステップに進みます。
「×1」からではなく「×9」から九九を唱えさせます。
逆から言うことで単純に歌で覚えた九九をさらに定着させることができます。
この逆から九九を唱えることは最初はけっこう大変でしょう。

もしなかなか言えずにつまづいていた場合は、もしそれが9の段なら「9×8
は81から9をひいた数だよ」と引き算をすれば答えが出てくることを教えて
あげてください。

まずはそうやって答えを導きだしながら、徐々に九九を逆から唱えることがで
きるようになります。

逆からの九九もスラスラ言えるようになったのなら、最後の仕上げです。
最後はバラバラ九九ができるようにします。

これは順番に九九を唱えるわけではなく、「2×8」「9×3」「4×5」という
ように違う段の掛け算をいきなりバラバラに出されてもスラスラ答えられるよう
にするものです。

このバラバラ九九はこれからの算数力をあげるためにもとても大事なものです。
なぜなら九九はこの先2桁や3桁の掛け算、割り算、分数の通分、他にも様々な
計算で使うことになる基礎となるものだからです。

順番に九九を言えるだけでは、この先の複雑な計算が瞬時にできずにつまずくこ
とになります。
そのため、バラバラ九九は必ずしっかりとできるようにしておきましょう。

バラバラ九九は何分でできるか時間をはかって競ったり、親子でどちらが早くで
きるか競争したりすると、子供も盛り上がって飽きずに学ぶことができます。

〇応用問題で次につなげる力をつけよう

九九の勉強中は普段の生活の中でもできるだけ掛け算を取り入れてみましょう。
学校で教わる九九をいくら覚えても、それらが実際に使えなければ意味がありません。

また実際に生活の中で使うことで「学校の九九ってこういう風に使えばいいんだ」
と九九の意味を理解することもできます。

スポンサードリンク


例えば買い物中に「この袋にはニンジンが3本入っているね。2袋買うとニンジンは
何本かな」というような会話をしてみましょう。

これで子供は「3×2」が「3個のものが2つ分」ということを実際に目にして理解す
ることができます。

もし九九はもうスラスラ言える、というような子供だったらもう少し難しい掛け算に
も挑戦させてみましょう。

お菓子の大袋に2つ入りのお菓子の小袋が12袋入っていたとします。
そこで子供に「この中にお菓子はいくつ入っているかな」と聞いてみましょう。

そこで「2×12はまだ習ってないからわからない」というようなことを言うならば、
「じゃあ2×9は?」と訊きます。
「18」と答えられたら「今9袋分の計算をしたよね。全部で12袋だから残りは何
袋?」と残りの数を計算させます。
そこで「3」と答えられたなら「じゃあ2×3は?」と訊きます。
子供は簡単に「6」と答えられるでしょう。
そうしたら最終的にお菓子は何個になるのか足し算させます。
すると最終的に「24」という答えが求められるでしょう。

もし「2×10」がわかるのであれば「2×10」と「2×2」で計算させてもかまい
ません。
大事なことは、難しい掛け算でも計算の仕組みを理解して工夫すれば計算できる、と
いうことを子供にわからせてあげることです。
これができるようになることで子供の算数力は飛躍的に伸びます。

九九をなかなか覚えられなくて苦労した、間違えてばかりで嫌な思い出があるという人
も少なくないことでしょう。

しかしなぜ九九が嫌な思い出になっているのか考えてみてください。
親や先生に無理やりやらされたりしませんでしたか?
間違えると怒られたりしていませんでしたか?

そうやって嫌な体験をしてしまうと子供はさらに九九を嫌いになってしまいます。
教える時は楽しく、間違えても決して怒らないことを心がけ、焦らずに子供のペースで
進めていきましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。