vvv 3歳児検診の難関「採尿」をうまく切り抜けるには!? | 初めての子育て  

3歳児検診の難関「採尿」をうまく切り抜けるには!?

スポンサードリンク


可愛い我が子もようやく3歳か、なんて感慨にふけっているころにやってくるのが
自治体からの「3歳児検診」のお知らせです。

自治体が行う集団検診には他にも1歳半検診があり、色々と大変な思いをしたお母
さんもいるでしょう。

ああ、またあれがやってくるのか、なんて憂鬱になったりしますよね。
そんな3歳児検診、必ず受けなくてはいけないものなのでしょうか。
この記事では3歳児検診の目的や内容についてご紹介していきます。

〇3歳児検診はなんのため?

3歳児検診は法律できちんと定められている検診で、各自治体は必ず3歳児検診を行
わなければいけないように義務付けられています。

しかし、各家庭にまでこの義務は及んでいないため、受ける受けないはその家庭の自
由です。

とは言え、この検診に来る来ないでその家庭の子育てに問題がないかどうかをはかっ
ている部分もあるので、理由もなしに欠席するのはあまりおすすめできません。

なんの連絡なしにいつまでも3歳児検診を受けないと確認の電話などがかかってきま
すので、特別な理由がない限りはしっかりと受けに行きましょう。

この3歳児検診は、その地域に住んでいる親子の健康を守るために行われます。
その子供が順調に成長しているか、発達具合に遅れがあったり病気が隠れていないか
など、様々な方面から子供の成長を見てくれます。

もし発達の面や何か健康面で心配なことがあれば、遠慮せずにどんどん訊いてみまし
ょう。

またこの検診では子供の健康だけを調べるわけではなく、育児に関わっている親の身
体的、精神的な健康面のサポートも行ってくれます。

親が病気を患っていないか、精神的に追いつめられていないかなど、そういったとこ
ろも見てくれます。

もし育児に行き詰まったりしている時は素直に相談してみましょう。
話を聞いてもらうだけでも心が楽になるものですし、もし症状が重い場合は病院など
専門の機関を紹介してくれることもあります。

スポンサードリンク


〇3歳児検診でやることとは?

検診の流れは自治体によっても変わりますが、おおまかな流れをご紹介します。

・予診

まずは事前に郵送されたアンケート用紙に従って、子供の大まかな発育状態や家庭環
境を聞かれます。

ここでは子供に名前や年齢などを訊いて答えられるかどうかをみるテストも行われます。
テストといっても、できなかったからどうだというわけではなく、子供の様子を見るた
めのものなのでそこまで身構える必要はありません。

ただ前もって「お名前は?」「何歳ですか?」という質問に答える練習をしておくとス
ムーズに進められます。

練習ではうまくいっても本番では恥ずかしがって言えなかったり泣いてしまったりする
子もいるので、できなかったからといって気にしないようにしましょう。
そのあたりのことは保健師さんも承知しています。

明らかに言葉がわかっていなかったり、3歳にしては行動が幼すぎるといったようなこ
とがあれば、応相談として最後に個別面談で詳しく話を聞いてくれます。

・身体測定、内診、視力検査、歯科検診

順番はそれぞれによって違うでしょうが、だいたいこの4つは3歳児検診で行われます。
視力検査はたいてい事前に視力検査用の資料が送られてくるので、家庭できちんと検査が
できたのなら検診で視力検査は行いこともあります。

しかし家でなかなかうまくできなかった場合や見えているかどうかわからなかった時は検
診で視力検査も行います。

この視力検査がやはりなかなかうまくいかないので、結構時間をとられてしまうことがあ
ります。
その他にもライトを使って目の動きを見たりする検査が行われます。

歯科検診は虫歯がないか、歯並びに異常がないかなどをみます。
この検査自体はすぐに終わるものですが、歯医者に行ったことのない子供は仰向けになって
の診察が怖くて泣き出すこともあるかもしれません。

心配な場合は、事前に家でパパに歯医者さん役をしてもらって、「お口をあーして」といっ
た練習をしておくのもいいかもいれませんね。

身体測定は身長、体重をはかります。
自治体によっては頭囲や胸囲などをはかるところもあります。

服も自治体によってたまに着たまま行うところもあるようですが、たいていはパンツかオム
ツ姿ではかります。

そのため服を脱ぐのを嫌がって泣いてしまう子もいます。
前もって「今から服を脱ぐんだよ」と言っておいてあげると子供も心づもりができるかもし
れません。

内診は聴診器で内臓の音を聞くとともに、立ち方や骨格の異常などもあわせてみます。
特に問題がなければこちらもすぐに終わります。

・最終面談

一通りの検査が終わったら、個別に今までの検査結果を教えてくれます。
なんの異常もなければ「異常ありません」で終わります。
あとは子育てで困っていることを訊かれたり、予診で何か問題があった場合はそれについて
詳しく話を聞いてくれたりします。

〇一番の難関、尿検査

3歳児検診で多くの親が悩むのが「検尿」です。
当日の朝の分をとってくるようにと指導されるのですが、3歳といえばオムツが完全にはず
れているかどうかの時期です。

もちろん2歳でとれている子もいれば、ちょうどトレーニング中という子もいるでしょうし、
まだまだ完全オムツという子供もいます。

オムツが完全にとれていてもコップにおしっこをすることを嫌がる子もいます。
そんな時に多くのお母さんが実践しているのが「オムツにガーゼをしこんで、おしっこをし
ぼる」というやり方です。

オムツの上にラップをあて、その上に清潔なガーゼをあてておきます。
そしておしっこをしたらそのガーゼをはずしておしっこをしぼります。

しかしこの方法、ガーゼが動いてしまったりして失敗することもよくあります。
そんな場合はトイレトレーニング用のおしっこパッドをおすすめします。

このパッドはある程度おしっこを吸収しますが、トイレトレーニングを目的として作られて
いるためオムツよりもべちゃべちゃになりやすくなっています。

少量のおしっこだと吸収してしまいますが、大量にした場合はあふれてもれだしてきます。
そうすると結構な量がしぼれるので、うまく尿が取れなかった場合は試してみてください。

自治体によって多少の差はありますが、3歳児検診で行われることはだいたいこのくらいです。
3歳になったとはいえ、まだまだ泣いたりチョロチョロしたりと大変な時期。
集団検診は本当に疲れますよね。

しかし検診は子供の成長や健康を知る上でとても大切なものです。
面倒なことも多いですが、子供のため、または自分のためにも前向きな気持ちで3歳児検診
を受けましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。