vvv 【ママ集合】おもちゃを上手に収納するコツを大公開! | 初めての子育て  

【ママ集合】おもちゃを上手に収納するコツを大公開!

スポンサードリンク


子供が産まれたとたんに増えていくのがおもちゃですよね。
そんなにいらないとはわかっているのですが、親も「このくらいならいいか」と
ついつい買ってしまったりします。

また親だけでなくおじいちゃんやおばあちゃんからも色々もらったりして、いつの
間にか家中おもちゃだらけ、なんてことになってしまいませんか?

そしてその大量のおもちゃを子供がばらまくものだから、家はいつまでたっても片
付いていない状態になってしまいます。

では一体どうすれば部屋が片付くようになるのでしょうか。
部屋が散らかる原因と一緒に、おもちゃの収納のコツをご紹介します。

〇おもちゃが次々に増える

部屋が片付かない一番の原因は、なんといっても増え続けるおもちゃです。
おもちゃは一度買ってしまうとなかなか処分できないですよね。

子供に「これもういらない?」ときいたところで、ほとんど遊んでいないにも関わら
ず「まだいる!」と言われてしまいます。

そうして結局捨てるに捨てられず、おもちゃはたまっていく一方になってしまいます。
そういった問題を解決するためには、ひとつ「遊ばないおもちゃ」専用の箱を用意し
ましょう。

そしてその中には最近遊んでいないおもちゃをいれるようにします。
もしその箱から取り出して遊ぶようならそのおもちゃは普段遊ぶおもちゃのほうへ片
付けます。
そうすると遊ばないおもちゃ箱には必要のないものだけが残ります。

その上で3か月や半年など期限を設けて、その期限がきたらその箱に入っているおも
ちゃは処分してしまいましょう。

しかしまだまだ使えるおもちゃを捨てるのには抵抗がある、という人もいますよね。
そういった場合はリサイクルショップなどに売ってしまうことをおすすめします。
壊れていなければたかだか何円ですが買ってもらうことができます。

また誰かに使ってもらえるので、捨てるよりは抵抗なく手放すことができるでしょう。
もちろん誰か引き取ってもらえる人がいるのならばゆずってしまってもいいでしょう。

しかしその際にはゆずるものを勝手に決めてしまわずに、本当に欲しがっているもの
だけゆずるようにしましょうね。

「ついでにこれも一緒にあげる」と不要なものまで押し付けてしまっては相手に迷惑
になるので気を付けましょう。

スポンサードリンク


〇細かいおもちゃが多い

大きなおもちゃはかさばるけれども、部屋にあってもそれほど散らかっているという
印象は受けません。

部屋が片付いていない、と思う時はたいてい細かいおもちゃが散乱している時です。
子供のおもちゃって本当に細かいものが多いですよね。

ガチャガチャで出たものや飲食店のお子様セットでもらったものなど、とにかくどこ
に片付ければいいのかわからないようなものがたくさんあります。

そういったものはジップロックのような透明な袋にいれてしまうと便利です。
透明な袋にいれておくとどこに何が入っているかがすぐにわかるため、子供にもわか
りやすくなります。
袋にいれた上で収納ボックスの中につめていれておくと場所もとらずにスッキリ収納
できます。

また男の子に多いのが大量のミニカーです。
ミニカーは専用の収納グッズが売られていたりしますが、収納ついでに遊べるタイプ
のものが多かったりして、あまり収納力に優れていないこともあります。

そんな時に使えるのが100均においてある書類ケースのような透明の箱です。
ミニカーを並べて収納できて、透明なのでどこにどのミニカーがあるかもわかって便利です。
また四角い箱なので、それ自体が棚などにも収納しやすく部屋が片付きます。

〇子供が片付けられない

小さい子供はまだきちんと片付けるということができません。
親が「片付けて!」と言ったところでやり方がわからないので適当に端によせたり一か所に
本もおもちゃもごちゃまぜにしてまとめたりしてしまいます。

子供からしてみれば片付けたつもりなのですが、結局は親があとで分別して片付ける羽目に
なってしまいます。

そのため、子供が片付けられるようにお片付けボックスを用意しましょう。
子供はまだ細かい分別はできないので、「乗り物ボックス」「ぬいぐるみボックス」「まま
ごとボックス」など大雑把に分けておきます。

そしてどの箱にどれをいれるかが一目でわかるように、お片付けボックスに写真やイラスト
を貼っておきましょう。
そうすることで子供もどこに何をいれていいかがわかるようになるので片付けやすくなります。

〇収納場所が少ない

これは家の構造上仕方のないことですが、収納スペースは工夫次第で増やせます。
例えば収納ボックスは縦に重ねて積めるものを選ぶことで、省スペースでたくさんのおもちゃを
収納することができるようになります。

また押入れやクローゼットの中に突っ張り棒をつけて、そこにS字フックをかけることで色々なも
のをつるせるようになります。
他にも壁にかけるタイプの棚をつけることで、壁に本やおもちゃなどを飾りながら収納すること
ができます。

今はインターネットでもおしゃれな収納方法や色々なアイデアが紹介されていますよね。
そういったものを参考にするのもいいでしょうが、どれだけキレイに収納したところで物が増え続
ければ結局はまた同じ悩みが出てくるだけです。

まずは今あるおもちゃを減らし、これ以上おもちゃが増えない努力をしてから子供にも片付けやす
い収納を目指していきましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。