vvv 小学2年生の難関【かさの単位】覚え方の裏技を大公開! | 初めての子育て  

小学2年生の難関【かさの単位】覚え方の裏技を大公開!

スポンサードリンク


小学校も2年生になってくると、算数で「かさの単位」というものを習うようになります。
l(リットル)dl(デシリットル)、ml(ミリリットル)の三つを習い始めるのですが、
ここでつまづく子が一気に増えてしまいます。

なぜ子供は単位の問題が苦手なのでしょうか。
その原因と、かさの単位を効率よく覚えられるやり方についてご紹介します。

〇かさの単位が苦手な原因

ところであなたは1デシリットルは何ミリリットルでしょう、と訊かれてすぐに答えられ
ますか?

「デシリットルってなんだっけ?」と首をひねってしまう人も多いかと思います。
それも当然で、私たちの普段の生活でデシリットルを使う機会は滅多にないため記憶に残
らないのです。

大人であればリットルとミリリットルは生活に根付いているため、忘れることはないでしょう。
量がどれくらいなのかも感覚でなんとなくわかります。
しかし子供にはこの単位に触れる機会がほとんどありません。

大人が「デシリットルがどのくらいの量かわからない」というように、子供はリットルもミリ
リットルも同様にどのくらいの量なのか検討もつきません。
それは圧倒的な経験の差です。

例えば普段一番目につきやすいペットボトルの容量ですが、小さいもので500ミリリットル、
大きなもので2リットルが標準サイズですよね。

もちろん他にももっと少ない容量のものや中途半端な容量のものもありますが、一番普及してい
るのはこの2サイズです。

ですからほとんどの大人は自然と500ミリリットルと2リットルの量はなんとなく把握できる
ようになっています。

「このお風呂には200リットルのお湯が入ります」と言われてもなんとなくピンときませんが、
「このお風呂には2リットルのペットボトルが100本分入ります」と言われたら「そんなに入っ
てるんだ!」と思いませんか?

これと同じように、子供にも普段の生活でなじみのあるものから教えていくと頭に入りやすい傾向
にあります。
では具体的にどうやって教えていけばいいのかを続けてみていきましょう。

スポンサードリンク


〇かさの単位の覚え方

まずはl(リットル)、dl(デシリットル)、ml(ミリリットル)の読み方を覚えるのが先決です。
子供に単位を読ませてみて、読み方がごちゃまぜになっているようならまずは読み方を完璧に覚えて
から先に進むようにしてください。
読み方が定まっていないと、どれだけやっても容量の感覚は身に付きません。

単位の読み方がきちんとできるようになったのなら、次は身の回りにある物の容量の表示を見せてあ
げましょう。

わかりやすいのは、やはり子供もよく使用するペットボトルです。
後は牛乳パックやドレッシングの容器、醤油の容器などなんでもいいので、ミリリットルやリットル
表記のある容器を見せてあげて、だいたいどのくらいの量なのかをまずは見せてあげましょう。

次にそれらの容器が空になったら洗ってとっておいて、実際に水を入れてどのくらい入るかを試して
みます。

その際は計量カップも一緒に用意しましょう。
計量カップは1リットルサイズの大きなものと200ミリリットルサイズの小さな物がふたつあると
便利です。

しかしここで問題なのがデシリットルです。
デシリットルは豆や種など、昔「合」や「升」で表していたものに使われているため、普段の生活の
中では滅多にお目にかからない単位です。

そのため、軽量カップにもデシリットルの表記があるものはあまりないのですが、なかったのなら油
性ペンで親が書いてしまいましょう。

1デシリットル=100ミリリットルなので、10デシリットルで1リットルになります。
また思いっきり水を使えるように、お風呂やビニールプールなどで遊びながらやると子供も楽しくで
きておすすめです。

用意ができたら容器に水をいれ、実際に表記通りの水が入っているのかを計量カップで測ってみます。
もちろん誤差はあるので、だいたいあえば大丈夫だということはあらかじめ子供に伝えておきましょう。

たまに「1ミリリットル少ないよ!」なんて言うきっちり主義の子供もいるので、そういった子には特
に前もってずれることもあるということを教えといておくと安心ですね。

そうやって水の量をはかったら、次は「カップに500ミリリットルのペットボトルを2本いれたら何
ミリリットルになるかな?」「500ミリリットルと350ミリリットルを一緒に入れたら何ミリリッ
トルかな?」と足し算の計算をさせていきます。

足し算といってもカップの目盛りを見るだけなので大変なことはありません。
そうやって遊んでいるうちに、容量の計算も普通の足し算と変わらないということを学んでいきます。

足し算ができるようになったのなら次はいよいよ単位の変換です。
「500ミリリットルと500ミリリットルで1000ミリリットルだったね!じゃあこれは何リット
ルかな?」とリットルになおさせます。

これも計量カップを見ればすぐにわかるので、子供も元気よく「1リットル!」と答えられるでしょう。
ここで1リットル=1000ミリリットルだと子供も理解できます。

次に500ミリリットルや300ミリリットルなどきりのいい量の水をカップに入れてもらい、「じゃあ
これは何デシリットルかな?」と繰り返しデシリットルになおさせていきます。

こうすると「1デシリットルは1ミリリットルよりも量が多い」「1デシリットルは1リットルよりも量
が少ない」ということがだんだん感覚でわかるようになってきます。

こうして一通り教えたら、完全にわかっていなくてもいいのであとは親子で自由に遊びましょう。
「ジュースを5デシリットルください」といったようにお店屋さんごっこをすると楽しく学ぶことができます。

そこで親は「はーい、200ミリリットルおまけでーす」「全部で5デシリットル200ミリリットルだね!」
「全部ミリリットルになおすと700ミリリットルだ」などと他の単位に換算したり違う単位同士の足し算を
意識的にさせてあげましょう。
そうやって遊んでいくうちに、いつの間にか単位の計算もできるようになっていきますよ。

いかがだったでしょうか。
ここに挙げてあることをいっぺんに行う必要はもちろんありません。
子供のペースにあわせて少しずつ進めていってあげてください。

何よりも大事なのは「遊びながら楽しく」です。
間違えたからといって怒ってしまうと子供は一気にやる気を失ってしまいます。
親子で楽しみながらかさの単位を学んでいきましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。